==== かそログ ⊂二二二( ^ω^)二⊃
kashiwamoti.gif--年--月--日 (--)                                                   | 編集 |


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kashiwamoti.gif2008年03月31日 (月)                                                   | 編集 |


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:18:52.95 ID:dZzEaaDq0
「う~トイレトイレ」
今トイレを求めて全力疾走している僕は
ひきこもりニートごく一般的な男の子
強いて違うところをあげるとすれば
セロハンテープに興味があるってとこかナー
名前は
ゴロリ



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:19:33.67 ID:dZzEaaDq0
そんなわけで近所の病院にやってきたのだ
 


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:20:08.03 ID:dZzEaaDq0
「わくわくさん!今日も来たよ!」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:21:04.09 ID:dZzEaaDq0
「バナナ買ってきたよ!ここに置いとくね!」
「…」
「もうすっかり春だね、わくわくさん」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:22:48.79 ID:dZzEaaDq0
「この前久しぶりに、ぽろりと会ったよ。
あいかわらずいい声してた」
「…」
「でもいろいろ大変みたい、みんな」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:24:59.62 ID:dZzEaaDq0
「わあ、きれいな桜だね。
ここからだとよく見えるや~。」
「…」
「わくわくさん、覚えてる?いつだったか
みんなでお花見したじゃない。」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:26:46.26 ID:dZzEaaDq0
「あの時は大変だったなあ…」
「…」
「人間はわくわくさんと祐三さんだけだったし」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:28:52.89 ID:dZzEaaDq0
「みんないつもいろんな事に気を遣ってたからさ、
大騒ぎしちゃって…」
「…」
「あはは、ごめんよ。ぼくもちょっと反省してるよ、あれは」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:32:16.68 ID:dZzEaaDq0
「…お祭り騒ぎが終わったあと、皆ぐでんぐでん、辺りはめちゃくちゃで。
でもわくわくさんたら休む間もなく、『さあ、ゴミを片付けなきゃ!』って」
「…」
「でも結局、いつの間にか
みんなでゴミでおもちゃを創ったりしちゃって…」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:33:27.60 ID:dZzEaaDq0
「あの頃は本当に楽しかったなあ」
「…」
「本当に」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:34:35.77 ID:dZzEaaDq0
「わくわくさぁん」
「…」
「あの空き缶で作ったロボット、ぼくまだ持ってるんだよ」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:36:16.48 ID:dZzEaaDq0
「腕なんか割りばしを…セロハンテープでくっつけただけでさ」
「…」
「何度もはがれそうになったけど、その度に貼りかえて」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:37:58.35 ID:dZzEaaDq0
「…アハッ、そうそう、ここのストローから吹きかけると
頭のツノがにょきって出てくるんだよね。ひゅ…」
「…」
「ひゅー…… ひゅー……」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:38:04.82 ID:QRJAC+/T0
スレタイで吹いて期待して開いたが空気が重くて困ってる



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:38:57.25 ID:dZzEaaDq0
「ひゅー……  ……」
「…」
「わくわくさぁん」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:40:55.55 ID:dZzEaaDq0
「もう、何も作ってくれないのかい?」
「…」
「ここにはセロハンテープだって、はさみだって、なんだってあるんだよ。
だのに……わくわくさんの手だけがないんだ」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:42:47.08 ID:dZzEaaDq0
「わくわくさぁん……なんだっていいから作ってよ……」
「…」
「作って…昔みたいにいっしょに遊ぼうよ……」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:44:39.86 ID:dZzEaaDq0
「ゴロリくん…」
「…おにいさん」
「今のわくわくさんには、君の言葉は届いていないよ」
「どうして…どうしてこんなことに……」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:46:48.70 ID:dZzEaaDq0
「教えてよ、おにいさん」
「どうしてわくわくさんがこんな…」
「…」
「ゴロリくん」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:47:56.92 ID:dZzEaaDq0
「君には…話すべきなのかもしれないな」
「え……?」
「わくわくさんのことだよ」




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:50:06.39 ID:dZzEaaDq0
「ゴロリくん、君とわくわくさんは
本当にいいコンビだった」
「……」
「…でも、お互い相手のことを
全て知っているという訳ではないだろう」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:52:25.44 ID:dZzEaaDq0
「それは……そうですけど…」
「わくわくさんにも、ゴロリくんの知らない顔があるように」
「君にも」
「わくわくさんの・・・知らない…顔…?」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:57:02.87 ID:dZzEaaDq0
「…彼…わくわくさんは言っていたよ。
捻じ曲げて、壊して、うち捨てて…
そんな事しかできなかった僕が
ゴロリや、みんなと一緒に何かを作っている時にだけ…
本当の思いを…心を感じることができた
』って…」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 07:58:47.29 ID:dZzEaaDq0
「壊す…?捻じ曲げる?わくわくさんがそんな事…!」
「ゴロリくん」
「彼には、君たちとは違うもうひとつの仕事があったんだ」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:00:51.90 ID:dZzEaaDq0
「どんな仕事だったんです」
「……それは」
「ぼくたちに、そんなこと…一言も言わなかったのに」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:03:24.39 ID:dZzEaaDq0
「わくわくさんは立派に働いていたよ」
「ただ、君たちには話せないような事もしていたんだ」
「…」
「いったい…何を…」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:05:59.78 ID:dZzEaaDq0
「…わくわくさんは、この国を守るために
戦っていたんだよ…誰にも知られることなくね」
「この国…を…?」
「表向きには、工作のお兄さんとして…」
「まさか…」




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:07:33.23 ID:dZzEaaDq0
「そして…国家機密を守る工作員…として…」
「…」
「工作…員…?」




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:09:11.41 ID:dZzEaaDq0
「…諜報、潜入、要人警護…
時には殺人も許可されていたらしい」
「そんな…わくわくさんが…?」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:11:27.28 ID:dZzEaaDq0
「…中でも暗殺が彼の本業だったらしい」
「……」
「わくわくさんは、標的を仕留める際

何も凶器を持たずに現場に向かったという」



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:14:39.02 ID:dZzEaaDq0
「それは…現場にある、何気ないモノが
彼の手にとっては強力な武器となったからだ」
「…嘘だ」
「だから凶器から足がつくことはない。ただ…」
「現場に落ちていた『モノ』からは、いつも

セロハンテープを貼った跡が見つかるんだ」



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:16:18.15 ID:dZzEaaDq0
「そして…」
「嘘だ!嘘だ嘘だ嘘だ!!わくわくさんが!
わくわくさんがそんなこと…するはずないっ!!」
「…ゴロリくん」




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:18:31.20 ID:dZzEaaDq0
(ゴロリ、さあ、今日は何を作ろうか?)
(ぼくにも作れそうな、簡単なものにしておくれよ、わくわくさん。)
「嘘だ……」
「ゴロリくん。聞くんだ」




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:21:06.90 ID:dZzEaaDq0
「誰かがやらなきゃいけなかったんだ。
それを彼は、やっていたんだよ。」
「…」
「…なんで…どうしてわくわくさんが…」
「…それは」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:23:59.26 ID:dZzEaaDq0
「…彼が望んだことだよ」
「わくわくさんが…?」
「昔、私たち大人が、ゴロリくんのような子供たちには秘密で
偉い人たちに集められたことがあった」




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:27:11.83 ID:dZzEaaDq0
「偉い人は言った。
この中で、誰か一人…
子供達の笑顔を守る、剣となってはくれないか
』と。」
「……」
「もちろん、詳しい説明もされた。
私はそれをうわの空で聞いていた…
正直、突然のことで理解できなかったよ」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:30:56.20 ID:dZzEaaDq0
「他の皆も同じだった。だってそうだろう、世界が全く違うんだ。
子供達の笑顔は守りたい…でも、私にそんな力は
いや…勇気は、なかったんだ」
「おにいさん…」
「説明が終わり、部屋が静かになって…
みんな、下を向いて黙っていた。震えている人もいた」

「その時、わくわくさんが立ち上がって言ったんだ」




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:31:53.44 ID:dZzEaaDq0
僕がやります。子供達の…未来を作るために

「……」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:34:10.67 ID:dZzEaaDq0
「…そして、その日からわくわくさんは」
「わくわくさん」
「…」
「なんで」
「なんで言ってくれなかったんだい」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:36:08.20 ID:dZzEaaDq0
(あれ、わくわくさん、どうしたの?そのけが)
(ああ、ちょっとはさみが滑ってね。ははは)
(もう、気をつけてよわくわくさん!)

「どうして…ぼくは…」




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:38:08.57 ID:dZzEaaDq0
「わくわく…さぁん……」
「ゴロリくん」
「彼は、知られたくなかったんだよ
自分の本当の姿を」




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:41:06.75 ID:dZzEaaDq0
「たとえ、子供達の未来を、笑顔を守るためだったとはいえ…
君たちに対しては、『
やさしい工作のお兄さん』で居ようと…」
「うう…っ…」




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:43:48.74 ID:dZzEaaDq0
「でもゴロリくん…こうなってしまった以上
君には伝えて置いた方がいい、そう思ったから
全てを話したんだ」
「……」
「……おにい…さん。言ってください…
わくわくさんは……」




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:45:29.36 ID:dZzEaaDq0
「…残念だけれど……」
「今の医療技術では、彼を目覚めさせる事は…できない」
「……」




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:48:09.29 ID:dZzEaaDq0
「……」

「……おにいさん」
「なんだい」
「もしも、わくわくさんが目をさましたら…
また昔のように、一緒に作って…遊んだりできるかな」




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:49:36.41 ID:dZzEaaDq0
「…ああ…きっとできるさ。」
「そうだよね…うん」

「ゴロリくん…?」
「ぼく行くよ。」




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:51:55.65 ID:dZzEaaDq0
「ぼくとわくわくさんは、いつだって一緒に作ってきた」
「だから、わくわくさんが作ったものは、ぼくも作らなくちゃならないんだ」
「ゴロリくん…君は…」

みんなが、自由に、笑って何かを作ることができる未来を」



172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/31(月) 08:52:50.14 ID:dZzEaaDq0
「待っててね、わくわくさん。」





┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ



http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1206915532/
コメント
この記事へのコメント
[6732]
感動した。
2008/03/31(Mon) 18:03:05 | URL  |  #Ac7XSNqU[ 編集]
[6733]
いいじゃないか。
2008/03/31(Mon) 18:09:42 | URL  |   #-[ 編集]
[6734]
能天気なおっさんだ、
と馬鹿にしていた自分を殺してやりたい

ハードすぐる
2008/03/31(Mon) 18:18:48 | URL  |  #BIEnVpUQ[ 編集]
[6735]
絶対、名言スレだと思ってたのに…
2008/03/31(Mon) 18:25:05 | URL  |  #-[ 編集]
[6736]
いい話だな
2008/03/31(Mon) 18:29:41 | URL  |  #-[ 編集]
[6737]
スレタイ→吹いた(ミルクティー返せ)
内容→泣いた(スレタイの差が激しい)

何か笑いから感動へ変わった・・・
この現象、何だろうね
2008/03/31(Mon) 18:37:31 | URL  |  #-[ 編集]
[6738]
つまんね
2008/03/31(Mon) 18:38:57 | URL  |  #-[ 編集]
[6739]
教育テレビで放映決定!
2008/03/31(Mon) 18:40:48 | URL  |  #-[ 編集]
[6740]
内容が違い過ぎるだろwwwwww
2008/03/31(Mon) 18:51:23 | URL  | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
[6741]
赤い風
2008/03/31(Mon) 18:57:11 | URL  |  #-[ 編集]
[6742]
あれ・・・おかしいな 目から汗が出てる・・・
2008/03/31(Mon) 19:02:13 | URL  |  #-[ 編集]
[6744]
おまいらwwwwwwwwww
工作員ってwwwwwwwwwwwwww
2008/03/31(Mon) 20:02:31 | URL  |  #-[ 編集]
[6746]
シリアスだと思って読んでたら
セロハンテープを貼った後で腹筋が壊れた
2008/03/31(Mon) 22:16:17 | URL  |   #-[ 編集]
[6747]
予想外すぎてわろたw
2008/03/31(Mon) 22:41:33 | URL  |  #-[ 編集]
[6748]
ぺッタンテープって言わないあたりで萎えた
2008/03/31(Mon) 23:21:51 | URL  |  #-[ 編集]
[6749]
ごめん、正直>>116のセロハンテープで吹いたw
2008/03/31(Mon) 23:49:18 | URL  | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
[6751]
つくってあそぼが大好きだった俺の涙腺崩壊
2008/04/01(Tue) 00:05:53 | URL  |  #-[ 編集]
[6752]
工作員だったのかww
2008/04/01(Tue) 00:51:42 | URL  | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
[6753]
わくわくさん見た後はいい材料ないかゴミ箱あさったりしてなんか作ってたっけ…
なぜか涙を禁じえん…
2008/04/01(Tue) 00:56:26 | URL  |  #-[ 編集]
[6757]
なんだこれww

感動した
2008/04/01(Tue) 08:11:49 | URL  |  #-[ 編集]
[6758]
これからわくわくさんへの見方が変わりそうだ
2008/04/01(Tue) 10:13:42 | URL  |  #-[ 編集]
[6772]
声が脳内で再現された
2008/04/01(Tue) 14:03:38 | URL  |  #-[ 編集]
[6781]
工作のお兄さん・・・か・・・
2008/04/01(Tue) 20:57:06 | URL  | kskする名無し! #-[ 編集]
[6782]
濃厚なホモスレかと思ったけど感動した
2008/04/01(Tue) 22:09:02 | URL  | ♯ #-[ 編集]
[6810]
「つくってあそぼ」のOPが脳内再生された……
俺の水分を返せ!
2008/04/03(Thu) 00:59:34 | URL  |  #-[ 編集]
[6831]
感動した
わくわくさん・・・昔TVで何度か見たな・・・・・
2008/04/03(Thu) 21:21:19 | URL  |  #-[ 編集]
[7054]
脳内再生されたから困るwwww

でも泣いた。
2008/04/11(Fri) 07:36:39 | URL  |  #HfMzn2gY[ 編集]
[7080]
そして病院を出た時ゴロリは車にひかれた
2008/04/12(Sat) 12:55:57 | URL  |  #-[ 編集]
[13526]
ことり、と第三者は音を聞いた
でもそんなの関係無い様子です。
2008/07/30(Wed) 16:14:18 | URL  |  #-[ 編集]
[13527]
頭が発酵食品(㍍)
と誰かが語りを見るか?
2008/07/30(Wed) 16:16:06 | URL  |  #-[ 編集]
[14410]
声が脳内再生されたwww
2008/08/09(Sat) 16:48:00 | URL  |   #Memi3gbA[ 編集]
[31855]
あれ?
目から汗がとまんないや
2010/03/13(Sat) 15:34:14 | URL  | 華麗なる刺身 #-[ 編集]
[42770]
おかしいな・・・ははは。拭いても拭いても拭いても拭いても目から塩水が出てくる
2012/08/31(Fri) 19:02:50 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
. こぼれ落ちそうなH&G乳!“ドS”れおん&悠里が過激に責める グラビアアイド
2008/04/08(Tue) 19:07:30 |  かでなれおん&森下悠里の楽屋盗撮に成功
“魔性の女”奥菜 恵が衝撃的な自叙伝を引っさげて芸能界に復帰する。 昨年5月に所属事務所を離れ、休業していた女優奥菜恵(28)がフォ...
2008/04/28(Mon) 22:08:02 |  ◆奥菜恵 ニャンニャンの真実【動画】
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。