==== かそログ ⊂二二二( ^ω^)二⊃
kashiwamoti.gif--年--月--日 (--)                                                   | 編集 |


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kashiwamoti.gif2011年06月29日 (水)                                                   | 編集 |


相関図


第一部→65歳童貞の夏

第二部 前編→65歳童貞の恋 【第二部】前編




1 :代行:2011/06/26(日) 21:12:33.70 ID:4o1ph2xJ0
夕方過ぎ(21時)



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 21:21:34.04 ID:lRLq0WLn0
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 21:25:30.68 ID:V/ZHNivi0
ごめんなさい 言ってたより遅くなりました
前回まで
マンションに戻りおっさんには母親に電話をかけさせた。
おっさんが「もしもし」と言ってすぐ、
電話よこせと手を伸ばした。
おっさんは「ちょっと待ってね・・。」と言って、俺に渡した。

俺「もしもしー。お母さんいつになったら遺骨取りにくるんですか。」

母親「あ、(俺)くん?久し振り~・・・・。遺骨ね、うん。」

俺「娘の遺骨はほったらかしだし、何も残ってない人間に追い討ちかますし、
  おばちゃんみたいな人間この世に存在するんだなってびっくりですよ。
  勉強になるわ~。」

母親「ちょっと聞いてよっ。」

俺「なんでしょ。」

母親「遺骨はねっ?こっちが落ち着くまで預かって貰おうと思ってて~・・・。」

俺「それが普通じゃないんですけど 今息子さんいらっしゃいます?」

母親「今出てます。求職活動中で・・・。」

俺「じゃあ早いとこ働かして息子さんに養ってもらって下さいよ。」

母親「分かってるから・・・っ。」

俺「お母さんなんで働かないんですか?まだ50そこらでしょ。」




11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 21:27:00.57 ID:V/ZHNivi0
母親「(息子)の世話しないといけないから~・・。」

俺「息子の世話ってあの子俺と同い年ですよ。」

母親「うん でも~・・・。」

俺「お母さん家(おっさんの)いた時から娘さん理由にして働いてませんでしたよね。」

母親「みっちゃんはホントに手間かかったから~・・・。」

俺「で今度は息子さんのせいにすんの?無理あるでしょ。」

母親「こっちだって色々あるのっ。」

俺「そうですか。とりあえず遺骨引き取るんと、人に金無心すんのをやめなさい。」

母親「んん~分かってるけど・・・。」

俺「国から金貰ってるでしょ?」

ちょっと気になって、振ってみた。

母親「足りなくて いえない事だってあるから お金かかる問題がまだ・・・」

俺「なのに親子揃って無職て 訳が分からんわ。」

家に居た時何度もやっていたのと同じような問答になりそうだったし、
そこらで切り上げて
母親「ちょっとキシベさんにかわって」
と言い出した所で切った。




16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 21:32:18.19 ID:V/ZHNivi0
おっさん「なんて・・・?」

俺「いやほとんどこれっていう話にならんかった。
  金に困ったらまた電話くるでしょ。おっちゃんは嬉しいかもしれんけど」

おっさん「そんな事ないけど・・w金ないし」

俺「それよりさあ、あのオバハン生活保護貰ってんのかな?」

おっさん「家がまだあった時にね?申請したって・・・」

俺「旦那と離婚成立した後? おっちゃん役所一緒について行かんかったっけ」

確か、ようやく住所変更と生活保護と受けるという事になって、
俺もTさんも仕事なので、おっちゃんが一緒に役所までついていった。
もう受けない理由もないし、金が大好きな母親の事なので、
すこしの手間で定期的に金が入ってくるだろうからそれくらい動くだろう。
と考えていた。

でも、そういえば「生活保護のお金が入って」という話を、
家に居た時聞いたことがない。
申請しただろう時期と家を売りに出して俺が出るまでの期間は
そんなに長くなかったので、あまり気に留めていなかった。




17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 21:34:33.85 ID:V/ZHNivi0
おっさん「なんかね、途中で俺だけ帰らされてさ・・w
     みっちゃん一人で家に置いてるのが心配とか
     そういうんだったと思うんだけど・・・」

俺「結局生活保護どころか住所変えたかどうかも分からん?葬式の時は?」

おっさん「金は俺が出したけど書類なんかはよし子さんが書いたから・・。
     名義は俺だったかな・・」

俺「じゃあ生活保護申請しましたってのの後Tさんの負担減ったっけ。」

おっさん「減ってないんじゃないのかなあ・・・俺もね?
     どうせ入って来る金よし子さん一人で使ってんだろうなあと思ってたんだよ。」




20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 21:42:42.87 ID:V/ZHNivi0
俺「何に?」

おっさん「よし子さん結構パチンコとか行ってたし・・あと

俺「えっ待ってそれ生活保護申請しましたって言った後?」

おっさん「ううん 前から・・。」

俺「なんかTさんから息子に会うって言って貰ってた金で?」

おっさん「多分・・ホントに会いに行った時もあると思うよ?」

俺「なんで黙ってたん それ。」

おっさん「いや・・(俺)くんにそれ言ったらまたよし子さんに怒ると思って・・w」

他にも色々質問したが、おっさんが面倒臭そうになってきて、答えがあやふやになってきた。
俺は色々と考えてみた。
Tさんの金でパチンコに行っていたのも呆れるが、それよりもっと気になる所がある。




24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 21:48:26.19 ID:V/ZHNivi0
生活保護は、多分貰っていない。住所変更もしていない。
あの母親が急に一人で行くと言い出したのが、怪しくて仕方ない。

となると娘の保険証も作れない。自分達の面倒をみる金もない。
Tさんに対する母娘の負担は減らない。

だがTさんは貯金が底をついた初期の頃は母親に対して金銭的な文句を言っていたが、
離婚が成立してからおっさんに頭金が入るまでは確かほとんど聞かなかった。
俺がそんなに家にいなかったと言う点もあるんだろうけど。

おそらく、Tさんが「なんで生活保護受けたのに」って母親に文句を言っても、
適当に「お金かかることがあって」と誤魔化したんだろう。
Tさんはその頃、金より母親の気を引くことに頭がいっぱいだった。
いくらでも言いくるめられる。

そうしないと、またTさんが頭に血が上って暴れて止めに入った俺に事情を説明し、
俺「国から金が入るのになんで金がそんなにかかる」と
うるさく問い詰められると思った。多分そのあたりだろうと思った。

夜、Tさんに電話をして当時の事を聞いてみると、予想は大体当たっていた。
「(俺)くんには内緒ね」とか「黙ってて」とか、
「あの子小さなことでうるさいし 言い方きつくて私も辛いから」等と言って、
口止めのような感じに言われたこともあったと言う。




27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 21:54:08.63 ID:V/ZHNivi0
じゃあどうして申請をしなかったのか。
頭の中がゴチャゴチャしてきたので一生懸命整理して考えた。
旦那と別れた時点で、「住所を変更すると旦那に居場所を突き止められる」
という嘘くさい理由で申請を断っていた理由がなくなる。
理由もないのにあの母親が入ってくる金を拒むわけがない。

となると他に理由がある。
旦那と別れたかったのは本当で、理由はDV。多分これはそのまま。
俺は最初渋っていたのを旦那と別れる気がないのじゃないかと考えていたが、
旦那とは別れても良くて、申請を拒む一番うまい言い訳に使えたから。

申請して居場所を嗅ぎ付けられて困るのは「旦那に」じゃなくて、
後考えられるのは、警察か借金取りか。なんだろう。と考えた。




30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 21:56:16.86 ID:F1f4gHTF0
1stインプレッションだけで
おっさんみたいに単純に駄目な人と
母親みたいにどうしようもない人を区別できるのも
よく考えたらスゲースキルだなぁ。




28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 21:54:35.07 ID:3Fq2/g/ti
>>1の今までどんなバイトやってきたかっていうのと今の職業どんな感じかよかったら教えてください



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:02:10.56 ID:V/ZHNivi0
>>28
中学は年齢ごまかしてファミレスが本命で
   工場で中国人とかとジョウロ作ったり
   牛乳配達やったり コネで

それからは昼ガテン系夜接客系でいってた
朝の3時間だけコンビニとかもやったけど短かった

んで店やりはじめてからはバイトはやめて 仕事と店だけだった
たまに知り合いの店手伝いにとかはあったけど

職業はニート。




32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:04:35.83 ID:V/ZHNivi0
数日後、仕事の関係者(「松岡」とします)と母親について話をした。
関係者というよりパートナーみたいな間柄で、
知り合った当時周りで唯一年が近かったし、上京するより前からの付き合いだった。
おっさんの家に住んでいた時からよく母娘やTさん、おっさんの話をしていて、
おっさんの家の前まで来たことも何度かあった。

松岡「まあ色々おかしいよね。多分娘さんも障害者認定下るとおもうし、
   そうなると国から結構な援助うけられるのに。」

俺「どっちやと思う?」

松岡「なんだっけ 借金取りと警察?」

俺「うん。どっちでもない?」

松岡「あたしはまあ・・・警察。というより、裁判所。」

俺「ああ、そうか。そうやな。」




33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:08:55.39 ID:TW+UCS0q0
良かった・・・(俺)にもまともな友人がいたんだな・・・



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:15:36.04 ID:V/ZHNivi0
松岡「凶悪犯罪者で指名手配されてるーwってなると
   もうあっさり捕まってるでしょ。」

俺「うん。訴えられてるか。」

松岡「お母さんの方の話聞いてる限りじゃあ 詐欺?w」

俺「やっぱ詐欺かなあw んで出頭命令無視して逃げ回ってるとか。」

松岡「そうかもね~って話。お母さんの名前は?」

俺「・・・言わんw」

松岡「あっそw」

うまい具合に自然に聞かれた。
名前を言えば松岡は黙って協力してくれるだろうし、話も早いと思う。
でも完全にプライベートな問題だし、手間をかけるのも気が引ける。
最終的には母親がおっさんの周りから消えてくれればいいだけなので、言わなかった。




40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:23:07.12 ID:wXWffMTt0
松岡さん、女やん。
>>1がやってるのはガテン系の仕事じゃないのか。




44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:30:39.31 ID:V/ZHNivi0
>>40
いや若い頃のバイトの話=ガテン系やら接客系やら




37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:18:37.72 ID:V/ZHNivi0
松岡と話をした何日か後、仕事でミスをして怪我をしてしまった。
瞼と眉の間をパックリと切ってしまって、大事には至らなかったが、
もう少しで眼が駄目になるところだった。危なかった。
怪我には慣れっこだったが、顔面を縫うのは初めてだった。

俺は骨折とかよりは全然ましだな。すぐ動けるし。とか軽く考えていると、
とりあえず表面の皮膚と眼筋を縫い付けたので、
2ヶ月くらい人相がちょっと変わるかもしれないけど、
顔は神経が密集してるからすぐ綺麗に治るよ等と言う言葉の後に、
抜歯までの間入院と宣告された。




43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:28:18.14 ID:V/ZHNivi0
東京に来てから一度お世話になったことがある医者で顔見知りという事もあり、
俺が「通院じゃダメ?w」と甘えてみたが、「入院w」と言われた。

入院して松岡や他の仕事の関係者、
次の日に会う約束をしていた千葉にいる妹も来てくれた。

おっさんは来なかった。一度入院中着信があって、
電話をかけなおすと、

おっさん「メシいかねえかなとおもって・・ 金なくてさw」と言ってきた。

怪我して入院中だと伝えると、

おっさん「そうかあ・・・お大事にね」という風な感じで電話が終わった。

別に来て欲しくもないけどね。と思った。いやホントに。




45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:31:37.18 ID:IqP6HSyOO
妹さんも>>1みたいなのか!?



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:34:01.92 ID:V/ZHNivi0
>>45
>>1みたいってなんじゃい
普通の子だと思う 千葉で美容師やってる

でもギャル男の彼氏とか作っちゃうぜ!




48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:41:42.93 ID:V/ZHNivi0
退院してすぐ、年が明けた。
元旦から少し過ぎた日に、おっさんに連絡を入れた。

俺「おばちゃん(よし子)から連絡来てる?ホントのこと言ってよ?」

おっさん「ああなんか 年越す為につって・・ ねwうん」

俺「金よこせって?」

おっさん「うん でもこっちが年越せねえよーって・・・w」

俺「そーかー。」

おっさん「(俺)くんもう退院したの?」

俺「うん。 1週間前くらい。」

おっさん「飯くいにいかねえかな・・・w」

俺「前もそんなん言ってたけど そんなに腹減ってんの?」

おっさん「そうなんだよ・・w」

という会話をして、少し仕事の用事があるので、
その後なら晩飯がてら行こう それまで我慢してくれ と伝えた。




53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:48:25.25 ID:V/ZHNivi0

小食なおっさんが腹減った腹減った言うのは珍しいな。と思った。
しかも金を要求する訳でもなく、一緒に食べに行こうという。
ちょっといいもん食いに行くか。等と考えていた。

用事が終わっておっさんとの待ち合わせ場所に向かった。
俺の目元のガーゼを見て、
おっさん「痛そうだね・・。」と言っていた。

そして店に入ったはいいものの、
おっさんはあまり食が進んでいない。

俺「腹減ってんじゃないの?」

おっさん「ああ、うん。食ってるよ。」

という会話をして、ちょっとおかしいな。と思った。
飯食いに行くというのは口実で、
また金を借りたいというのだろうか。とも考えたが、
おっさんが何度言ってきても
現金を渡したりはほとんどしていない。
たまにタバコ銭を貸したりするくらいだった。
いい加減無理だとおっさんでも気付くだろう。と思っていると、

おっさん「この後もう一軒いかない?」と言ってきた。

俺「飲みにでも行くん?」

おっさん「うんまあ、最近行ってる店があるんだよね・・w」




59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:54:00.76 ID:3Fq2/g/ti
ここでソープでもいくんか



58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:53:13.01 ID:aQKyq03K0
おっさん・・・
なぜ底辺層こそ養分であることから逃れられないのか




60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:55:19.45 ID:j4TTmBDl0
>>58
プランクトンみたいなもんだからじゃね?




64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:58:33.28 ID:V/ZHNivi0
おっさんに連れられて、キャバクラが多数入っているビルの前に来た。

俺「何階?」

おっさん「えーとあのね・・・3階。」

俺は店の名前が縦にいくつも並ぶ看板を見た。

俺「キャバクラ?」

おっさん「いや違うよ? ガールズバー。値段も安いしね・・・w」

早く入りたいという感じのおっさんとは逆に俺は一歩も動かず、
話を続けた。

俺「おっちゃん家売れる前からこういう店来てたわけ?」

おっさん「いや、来てないよ?」

確か女の人とたくさん話したのは母親が初めてだと言っていた事を思い出した。
60年以上生きてきて。嘘じゃなければ。

母親と交流を持って若い頃の欲求に火がついたのだろうか。
家が売れれば風俗に通い詰め、今度はキャバクラまがいの店。

俺「よしっ。じゃ行こうかっ。て言うと思う?」

おっさん「ダメかな・・w」




71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 23:09:04.21 ID:V/ZHNivi0

俺「よく来るって言ってたけど どこにそんな金があったん?」

おっさん「あ よく来るって言っても週に1回くらいだよ?
     パチンコとか よし子さんと食事行くより金かからねえしさ・・w」

多分おっさんは「よし子さんと食事行くより~」の部分に
俺が反応すると思ったんだろう。ちょっと腹が立った。
が、確かにタチの悪いあの女と関わるよりいいかもしれない。
料金も比較的良心的っぽい。
どうせ入れあげてる子がいるんだろう。その子次第でもある。と思った。

俺「指名してる子でもいんの。」

おっさん「うん。いい子でさあ。」

俺「おっさんのいい子は全くアテにならん。」

という会話をして、
そのお気に入りの女の子を拝見しに店に入った。




76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 23:11:07.19 ID:aQKyq03K0
週1で行って、1回1万使っても、月¥4万だもんな
よし子さん月50万とかどんだけぼったくりだったんだよって話だ




80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 23:21:28.31 ID:V/ZHNivi0
おっさんのお気に入りの女の子を見てみると、
随分人の良さそうな顔をした背が低めの女の子だった。
人の良さそうな、というより、これから苦労しそうな感じで、
あまりこういう店には似合わない感じで、ドレスも似合っていなかった。

風俗嬢、パチンコ女、ジャガイモ(母親)と、おっさんの好みはさっぱり分からん。
見た目より、親身になって話を聞いてくれる子がいいのかな。と思った。

俺「あの子 年いくつ?w」

おっさん「二十歳って言ってたかな?」

このおっさんは。とちょっと呆れた。孫じゃねえか。と思った。

でも、この子は大丈夫そうだな。とも思った。
すぐ辞めそうだという印象でもあった。




81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 23:25:29.20 ID:aQKyq03K0
これでババを引いてたら、オッサンの運も相当なものだが



82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 23:27:56.16 ID:V/ZHNivi0
おっさんは楽しそうだった。
一人の客につき一人の女性がつくので、
俺もフリーでついた子と適当に喋りながら、横を観察していた。

おっさんはいい客ではない。
指名はするが、
ボトルも入れなければ、女の子にドリンクも頼ませていなかった。

でも女の子はドリンクやボトルをねだろうともせず、
一生懸命楽しそうにおっさんに接客している。まだそんなに慣れていない感じだった。

俺はちょっと嬉しくなって、俺とおっさんの席についた女の子2人にドリンクを頼ませ、
お会計の際にこっそり財布を渡しおっさんに会計をさせ、
「ごちそうさまですっ」と頭を下げ、いい格好させる事にした




90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 23:39:08.44 ID:V/ZHNivi0
帰りにおっさんと話をした。

俺「良さそうな子だったね。」

おっさん「そうだろw?」

俺「・・・。うん。」

おっさん「いやあのね? 俺が見たらいい子だなって思ってたんだけど
     いつも騙されてたから (俺)くんに見て欲しくてさw」

俺「週に1回くらい奢ってあげるから行こうか。」

おっさん「(俺)くんも気に入ったの? え~・・・何ちゃんだったっけ?」

俺「ううん 週に1回だけで我慢するんなら連れて行ってあげるって事。」

おっさん「ああ・・・w」

俺「俺 探り入れるから、一人で行ったの誤魔化したってすぐばれるよ。」

おっさん「うん・・・。」

俺「どうする? 自分の金なら何回でもいけるけど」

おっさん「じゃあ週1回で・・・w」




91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 23:40:26.49 ID:aQKyq03K0
おっさんの調教がはじまったwww



93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 23:41:05.57 ID:TW+UCS0q0
やはり奢られる方を選ぶおっさん



103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 23:52:01.97 ID:V/ZHNivi0
俺「でもおっちゃん、あの子すぐに辞めると思うよ。」
おっさん「なんで?」

俺「多分あんまり悪い事はできん子だろうと思うし、人が良さそうだけど、
  あの子はああいう仕事にはなかなか染まれんと思う。すごい一生懸命だったけど。
  たまに染まるまでやり続ける子もいるけど、染まる前に辞めるんちがうかな。」

おっさん「(俺)くんああいう店に詳しいの?」

俺「あんまり行ったことはないけど 知り合いの店でちょっとだけ あの・・
  さっきの店でも伝票つけてた兄ちゃんいたでしょ。
  あの手伝いしてた事があるし、俺の店の客でもキャバクラ嬢多かったから。」

おっさん「ああ・・・。」
  
俺「アフターとかも誘ったら多分嫌な顔せずにしてくれると思うけど、
  あんま風俗嬢とか京香ちゃんの時みたいにハマったらダメよ。
  45歳も下の子に求婚なんぞした日にゃあ あんた」

おっさん「しないよ・・w」

俺「前まで20そこらの風俗嬢と結婚の約束がとか言うとったやないか。」

おっさん「あ・・wでも俺くんも一緒に行くんだよね?

俺「ああ そうだったw うん、店で飲むだけな。」

という話をして思った。
おっさんと会っていつもの悲しそうな顔を見ない日は久し振りだったかもしれない。
週1回の楽しみで母親の事に興味が無くなっていけばなあと、ちょっと甘い考えをした。




113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 00:01:18.71 ID:yKmK8Kc70

年が明けてしばらくして、仕事がかなり忙しくなった。
おっさんからはあのガールズバーに行く日にしか連絡はなかったが、
行く前に飯を食っている時点でいつもより口数が多かった。
よっぽど楽しみにしてるんだろうと思った。

その日もおっさんは楽しそうにお気に入りの女の子と喋っていた。
ちょっと手つきが小慣れてきて、でも一生懸命な接客は変わらずだった。

横でおっさんの話に耳を傾けても、到底ハタチの女の子が楽しめる会話ではなかった。
それでも女の子は困った顔一つせず、可愛らしい笑顔で応えていた。

おっさん「メールアドレスをね、あの・・・」

女の子「あっ はいっ。」

と、おっさんと女の子は携帯電話を取り出した。
これはどうだ?どうする?と思ったが、止めるわけにもいかず、
そのまま何も言わず気にしていない振りをした。




118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 00:05:31.87 ID:yKmK8Kc70
おっさんがトイレに行っている間に、
少し迷ったが、おっさんのお気に入りの女の子に、

俺「営業で(メール)送っても週1回しかこれないから、
  ホント暇な時でいいからメール付き合ってあげてね。」

女の子「はいっ。」

という会話をした。

次の週、おっさんから連絡がこないと思ってこちらから連絡すると、
女の子は店を辞めたそうだった。

思ったよりずっと早かったな。と、
そういや聞いてなかったけど体験入店の子だったのかも・・と考えた。




120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 00:06:09.33 ID:6xnHY9/D0
おっさんがまた貢ぎたがりそうだなwww



128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 00:16:31.20 ID:yKmK8Kc70
おっさんにメールで辞めると挨拶が来たらしい。
最後までいい子だった。

やはり体験入店の子だったらしく、
店が気に入らないというより、この仕事は向いてないと思った。
と書いてあったと聞いた。

おっさんの心のオアシスが消えてなくなり、
俺はおっさんの心境が気になった。

俺「おっちゃん、またいい子さがそー。」

おっさん「うん・・・まあ、うんw」

俺「俺もいつまでも奢ってやらんぞ。おっちゃんも働こう。
  65でも探せば雇ってくれるとこ結構あるわ。」

おっさん「もう働く気もおきねぇよ・・・w」

俺「でも働かんと生活保護だけではキャバクラ厳しいよー。」

おっさん「借金もあるしさあ・・・w

おっさんのダメージは思った以上に大きかったらしく、
やけくそにでもなったのか、とんでもない事を言い出した。




130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 00:18:16.21 ID:aOcFOh170
借金・・・だと?
何回精算すればいいんだこのおっさんはwwww




135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 00:28:00.69 ID:yKmK8Kc70
俺「なに借金って。全部返したんちゃうんかい。」

おっさん「・・・・・。」

俺の声のトーンが変わったので、おっさんは黙った。
「はよ言え」ときつめに言うと、
サラ金は全額返済したものの滞納期間が長すぎて
もう一度借りることは出来ず、
これまた一度全額返済した筈の高金利で金を借りていた強欲じいさんに、
120万借りたと吐いた。返済額は200万。無茶苦茶だった。

しかも一昨日生活保護が入るキャッシュカードも取り上げられたらしく、
バカ正直に「渡します」と書いた契約書まで交わしている。
キャッシュカードは取り返せるかもしれないと考えたが、
俺は頭に血が上ってしまった。

俺「120万も何に使ったんや!!!!あのババアに渡したんかっ!!!」
と吠えると、
おっさんはいつもの鳴き声で泣き出した。




141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 00:29:54.47 ID:LFP1rpoF0
>>135
おっさん懲りないなぁ
まあ途中で懲りてたらここまで酷い状況になってなかったか・・・




192 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 01:43:57.58 ID:yKmK8Kc70
泣いているおっさんに
「そのジジイの住所言え」と言うと、
おっさんは涙声で住所を伝えてきた。
それを聞いてすぐ電話を切った。

次の日銀行の窓口が開くと同時に金を引き落とし、
伝えられた住所に向かった。
おっさんの家があった場所から結構近いところだった。
古い感じではあるが大きめの家だった。

分かりにくい位置にあるチャイムを押して住人が出てきた。
禿げ上がった頭をしたおっさんと同じか少し若いかという感じで、
じいさんというよりおじさんという方が正しかった。

それにこのハゲはおっさんの家の前で何回か見たことがある。
一度「これから仕事?」と声をかけられた事もあった。

キシベさんの代わりに来たとハゲに言うと、
「あがって」と言われたが、200万の入った封筒を差し出し、
俺「契約書とキャッシュカードもって来い。」と言った。

ハゲは「まず数えるから」と言っていたが
「はよ持って来い」と強めに言うと、取りに奥へ向かった。




194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 01:45:43.88 ID:FkGeOkdr0
結局お金だしちゃうのね>>1よ



195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 01:45:50.86 ID:4z5YtCUC0
う~ん・・・
そこまでしちゃうのか>>1は




196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 01:46:35.96 ID:4V6YCoxn0
もうオッサンのこと愛してるだろこれ…



197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 01:46:53.36 ID:ZTHD8Ek70
おっさんほんとひどいな

けどのたれ死んでほしくない。過労死してほしい




201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 01:52:44.53 ID:yKmK8Kc70
取りにいっている間庭を眺めていると、
自転車が数台ある事に気がついた。

しばらくしてハゲが戻ってきて契約書とキャッシュカードを渡してきた。
「おっさんもどうしようもないアホだけどそれにつけ込むお前みたいな
 ハゲもホントどうしようもないわ」というと何か言ってきたが、
「喋んな」と言って玄関のドアを閉めた。

そのままおっさんの住むアパートに向かい、
鍵が開いていたのでそのまま入った。

畳にキャッシュカードと契約書を捨てて、
コタツに入って座っているおっさんの髪を引っ張り上げて、
俺「すぐ仕事見つけろ。1年以内に返せよ。」と言った。

「ひいっ 痛い」と言っている人間を生まれて始めて見た。




204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 01:54:41.31 ID:ntFlM1NT0
もう絶対返さないってww
人に変わってもらいたいって期待したいのは分かるけどさ…




215 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 02:06:13.84 ID:yKmK8Kc70
その後俺も仕事なのですぐおっさんの家を出た。
俺「夜電話するからいくつか面接のアポとっとけ。」
と言うとおっさんは返事もせず黙っていたので、
俺「一つじゃなくて いくつか な。」
と念を押すとまた黙っていた。

俺「それが嫌ならもう首でも吊れ 別になんとも思わん」
と言ってドアを閉めた。

仕事中、いつも通りにしていたつもりだったが、
松岡には「機嫌悪い?」と見透かされていた。

夕方くらいにTさんから連絡があったので仕事が落ち着いてから掛け直した。
なんとなく、おっさんの借金の事を話した。

Tさん「どうしようもねえな あのおっさん。」




222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 02:16:27.03 ID:W6KVi9ss0
Tさんがまともに見えてくるから恐ろしいwww



223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 02:17:13.12 ID:yKmK8Kc70
Tさん「(俺)くんもなんでそこまでやるかねえ。」

俺「Tさんとかおっさんに説教しててねえ。」

Tさん「そうだよ。」 と、拗ねた様に言った。

俺「でも~? Tさんは下心 俺は ・・・・なんやろ。」

Tさん「同情だろ。」

俺「同情かなあ。ん~・・。」

という会話をした後、ハゲについて聞いた。知る限りごく普通の親父だという。
ごく普通のオヤジにとびきりアホなおっさんが利用されただけの話だった。

後、おっさんに「家に住むとこない奴住まわせて家賃取ればいい」と
入れ知恵したのはハゲの様で、
ハゲの家もそうしているという。ただ一つ違うのは、
住まわせる住人は女限定で、あまりに年がいっているのは断っているという。

俺「住むとこないからって あんなオッサンの家住みたい若い女います!?」

Tさん「確かなあ、30代位の女が2人今住んでんじゃねえかな。」

吐き気がした。




231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 02:27:31.53 ID:yKmK8Kc70
仕事が終わっておっさんの家に向かった。
俺はおっさんの顔を見てもイラつかなくなっていたけど、
おっさんはオドオドしていた。

おっさんも警備員の経験者で、就ける仕事も限られているという事もあり、
警備会社の面接を2つとりつけていた。
だけどTさんは警備員の2級免許というものを持っていて、
通常よりかなり優遇してもらえるらしいが、おっさんは持っていないので、
歳も考えると雇ってもらえるかも厳しい。という話だった。

そして借りた120万どうやって使ったかを聞いた。
やはり母親がしつこく電話してきて持っていかれたらしい。
俺が入院している時に渡したといっていた。
高金利で金を借りてさすがに不安になって、
キャバクラで不安を少しでも解消させようと思ったのだろうか。と考えた。

しかし平然と「渡してないよ」と嘘をついて
キャバクラで楽しそうにお喋りをするおっさんの顔を思い出すと、
やっぱりちょっと頭にきた。




241 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 02:38:11.02 ID:yKmK8Kc70
いい加減あの親子もやりすぎだと思った。

俺「何で渡すのよ? 120もあればガールズバーのあの子みたいな
  若くて可愛らしい子となんぼでもお話できるのに。」

おっさん「あのね・・・うん。あの・・・よし子さんがね?
     家いた時 住んでた時あるじゃない。」

俺「うん。 なによいまさら。」

おっさん「その時にね、俺がよし子さんの脚とか触っちゃったんだよ。」

俺「Tさんがなんか言うてたね。」

おっさん「それで最初はね、120万もくれっていうから
     もういいと思って断ってたんだけどね、
     セクハラで訴えるぞって言い出してね・・・。」

俺「・・・・・・。」

言葉も出なかった。




243 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 02:40:03.94 ID:AdMeC6uu0
>>1を美少女に変換して読んでるからなんかすげー楽しい



244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 02:40:52.28 ID:G94w740/0
俺も美少女変換すればよかった



252 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 02:44:55.29 ID:AdMeC6uu0
たぶん、俺が読んでる物語はみんなが読んでる物語とはちょっと違うんだろな

ぶひひwwww




253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 02:45:13.42 ID:6xnHY9/D0
じゃあ俺も>>1は美少女に変換して読むわwww



249 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 02:44:31.10 ID:yKmK8Kc70
俺「アホかあっ!!w そんなんブラフにきまっとるやないか!!」

おっさん「えっブラフって何?」

俺「ハッタリよ!! 嘘っぱち!!」

おっさん「えっ・・・。」

俺「なんやねん!? え お前なんやねんマジで!?w」

おっさん「いや・・・w」

俺「もぉおおおおお~~~~~~・・・・・・・w」

そう言いながら寝転んでしまった。
おっさんはなんだか分からない感じでうふふと笑っていたので
俺「笑うなっ!!」と言うと、しょんぼりした。




267 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 02:56:18.65 ID:yKmK8Kc70
俺「いやしかし 一旦貰ったら意地でも返さんぞあのババア。」

おっさん「うん・・・。」

俺「腹立つわ~・・・。その後なんか連絡ある?」

おっさん「ないねえ・・。電話しても出ないし。」

俺「逃げてるかなあ・・・。でもまだ取るつもりっていう感じもするし」

というような会話をした後、おっさんと少し喋って、
俺「まあ取り返してもおっさんにはなんの関係も無いけど。」と言って、
明日にでも息子のアパートに向かおうと決めた。

こっちの武器は憶測で考えた向こうの弱みだけだが、
それで勝負するしかないと思った。
悪知恵は働くが考えが浅くとても狡猾とは呼びがたい
ただのおばさんをだまくらかすだけだと、
こちとら色んな曲者となんぼ程駆け引きしてきてるとおもっとるんじゃいと
気を強く持って、色々やり方を練った。




273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 03:00:35.41 ID:ozNp8oiS0
>>1は、仕事でも、
こういう騙し騙されがある業界なの?




276 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 03:03:35.32 ID:yKmK8Kc70
>>273
特にそういう訳でもないけど
そういうの上手いと結構スムーズに行く仕事も多いです




272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 03:00:10.83 ID:AdMeC6uu0
えっ?>>1は美少女だろ?



282 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 03:08:31.89 ID:yKmK8Kc70
実は美少女です 皆騙しててごめんね♪
今日はここまでにするけどそろそろ終わりなので、
皆最後まで見てねミ☆




284 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 03:10:05.07 ID:/bF6qAv90
>>282
やっぱりね
あふれでるおっさんを守ってあげたいという母性本能から
美少女だと思ってた




288 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 03:11:57.52 ID:lbIwo1pF0
>>282
竹内力似の美少女か・・・




283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 03:09:57.57 ID:QBuo+KLD0
>>282
乙。明日は何時くらいからスタート?




290 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 03:12:36.89 ID:yKmK8Kc70
>>283
明後日じゃないかな
21時くらい




297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 03:15:32.33 ID:yKmK8Kc70
早かったら20時くらいに来ます
次のスレで最後までやろうとおもっとりますねます

ありがとうございました




298 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 03:16:35.73 ID:ruJKRpYYP
火曜日か










1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 20:42:29.82 ID:dw7UHW0x0
2日ぶりにうんたらかんたら

ID:0F+bT85EP




2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 20:46:00.18 ID:MZtPYbCr0
待ったぜ!この時をな!!



8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 20:56:13.59 ID:0F+bT85EP
前まで

俺「いやしかし 一旦貰ったら意地でも返さんぞあのババア。」

おっさん「うん・・・。」

俺「腹立つわ~・・・。その後なんか連絡ある?」

おっさん「ないねえ・・。電話しても出ないし。」

俺「逃げてるかなあ・・・。でもまだ取るつもりっていう感じもするし」

というような会話をした後、おっさんと少し喋って、
俺「まあ取り返してもおっさんにはなんの関係も無いけど。」と言って、
明日にでも息子のアパートに向かおうと決めた。




11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 21:01:08.45 ID:0F+bT85EP
登場人物

おっさん(キシベ)・・バカ


Tさん・・・バカ


俺・・・・バカ


母親(よし子)・・・クズ


仕事の関係者(松岡)・・・





23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 21:11:19.88 ID:0F+bT85EP
次の日、仕事の移動中などに松岡と話した。

松岡にはおっさんやTさん、母娘の事や、
どういう出来事があった等は話してるが、
借金を肩代わりしたとか具体的な部分は伏せていた。

おそらく大体は察しがついてるからか、深く聞いてはこなかった。

俺「借金取りならさあ、貰った金渡してるとすると、逃げる必要ある?」

松岡「複数借りてて、こっちには払って、こっちには払えないから、
   って場合もあるよ。」

俺「ん~・・・あのおばちゃんならどっちからもケツ捲くる(逃げる)と思うけどなあ。」

松岡「そーだね。でも裁判所からの出頭命令から逃げてる場合ってなると、
   半年ちょっとでいくらだっけ?」

俺「ん~・・全部で500万前後くらいかな。」

松岡「おじさん(おっさん)から無理めな引き出し方までして、
   何に使ったんだーってなるよね。」

俺「あのオバハンの事やから 色々考えれるけどw」




27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 21:14:25.78 ID:0F+bT85EP
松岡「そんなの色々考えてどうすんの?」

俺「いや息子の多分今も住んでるアパート知ってるから 今日行こうかなって」

松岡「え~・・・w」

俺「飯でも行く予定だった?」

松岡「そうじゃなくて (俺)ちゃんホント面倒臭い事好きだねw行ってどうすんの?」 

俺「とりあえず母親呼び出させるかな。」

松岡「そんで?」

俺「どうせ金なんぞ残ってないやろ。次おっちゃんにちょっかい出さんようにいじめようかなぐらい。 
  あ、暴力的な事はせんぞ。」

松岡「分かってるよw あたしも行っていい?w」

俺「無理。」

松岡「面白そうじゃん あたしも行くよw」

俺「来てどうすんのよ?」

松岡「なにもしない。」

俺「嘘くさいなあw帰って寝ろw」




29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 21:15:54.43 ID:T0gd+7N70
松岡ちゃんの出番が増えたな
前回は確か>>1が実は、俺美少女なんだ☆っていって終わったんだよな




35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 21:18:53.67 ID:A8wyT/vZ0
もうすぐ完結?
パー速もいまさらって感じだな




40 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 21:24:42.13 ID:0F+bT85EP
>>29
出番が増えたというより 
母親完結で今年スレでは初登場ってのもなんだったから
前にいっこ紹介的なのいれた

>>35
今日か次で終わらせたいと思っとります




37 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 21:19:38.80 ID:0F+bT85EP
結局、駄々をこね出すほど粘った松岡は一緒に来ることになった。
そりゃ大いに役立ってくれるだろうけど、やっぱりちょっと気は引けた。

夜21時頃、息子のアパートに向かって、ドアの前についた。
オーソドックスに電気メーターの動きを確認すると、

松岡「いる?」
俺「微妙やなこれ。でも多分おるね。」と小さい声で話して、ドアをノックした。

少し待ったが、反応がない。
すると松岡がドアをコンコンノックして、
松岡「すみませーん。いらっしゃいませんか~?」と、
いつもより少し高い声でちょっと困っている風に装って呼びかけた。

ドアの向こうからどすどすと僅かに足音が聞こえてきた。
「アホかw」と思っていると、松岡が肩でぐいっと俺を横に押しやろうとした。

覗き窓か。と察した俺はそのまま大きく2歩くらい後ろに下がって、
ドアが開いたと同時ににゅるっと前に出た。

息子「はい・・・」とドアを開いた息子は、
女(松岡)の隣からにゅるりと出てきた俺に気付くと、はっとした顔をした。
ドアを急いで閉めようとするかなとも思ったが、しなかった。




41 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 21:27:14.09 ID:0F+bT85EP
俺「お久し振りです。」

息子「あ・・・はい・・・。」

俺「お母さんいます?」

息子「いや今ちょっと・・・。」

俺「一緒に住んでるって聞いたんですけど・・。」

息子「あ、はい住んでます。」

なんか素直だな。と思った。

俺「何時くらいに帰ってくるか聞いてます?」

息子「いや、でも多分11時か12時くらいだと・・。」

俺は松岡のほうを見た。ちょっと待ってまた来るか?と聞こうとしたら

松岡「ちょっとお話聞かせて貰ってもいいですか?」と言い出すと、

息子「あ、はい。あの、お知り合いですか?」と俺に向かって聞いてきた。

多分「この方はどちらさんですか?」と聞きたかったんだろうけど、
咄嗟に出た言葉がそれだったのだろう。と考えた。




47 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 21:34:46.95 ID:0F+bT85EP
俺「そりゃ一緒に来てるから知り合いですけどw」

息子「いやそうじゃなくて・・wすみませんw」

松岡「あ、ごめんなさい失礼しました。 弁護士の松岡です。」

と言ってぺこりと頭を下げた。
松岡はスーツ姿だが、弁護士とか言い出すとは思わなかった。

息子「あ、はい。 弁護士さん・・・」 と息子も会釈した。

俺「図々しいお願いですけど上がらせてもらってもいいですか?」

息子「あ、はい。すみません ちょっと片付けてきてもいいですか?」

俺「はい。 全然ゆっくりでいいですよ。」

というような会話をして、ちょっと気になったが、そのままドアを閉めた。
待っている間、

俺「弁護士さん 若いなぁ~・・w」

松岡「そうかな 普通にいるよw」

俺「弁護士バッジは?w」

松岡「落としたw」

と小声で話して、そのまま二人とも黙って待った。




48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 21:35:50.77 ID:A8wyT/vZ0
松岡イケメンすぐるwww



52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 21:42:24.24 ID:tisxfIav0
松岡さんかっけぇな



53 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 21:45:16.14 ID:0F+bT85EP
予想とは息子の態度が少し違っていた。
俺に対する印象は、前に会った時の事もあって良くはないだろうから、
少しおどおどした態度なのは分かるが、
そこまで後ろめたさがあるような感じでもないな。と思った。

息子がドアをあけて、中に通された。
前来た時もそれほど散らかっていなかったが、それより片付いていた。
さっき待たされている間に随分片付けたんだろうな。と思った。
多分母親が使っているんであろう布団が畳んで隅によけられていた。

低いテーブルの前に通されて、
息子「座布団もなくて申し訳ないんですけど・・・。」言い、
俺「いえいえ全然大丈夫です。」と、松岡は軽く会釈をして
畳に敷かれた絨毯の上に座った。

座りながら、お茶なんか出そうとしてる息子の様子を見て、
最初はちょっとだけ高圧的に行こうかとも思ったけど、
玄関の時からの息子を見る限り、その必要はないかなと色々考えた。




60 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 21:53:04.39 ID:0F+bT85EP
息子も座り、話を聞こうとすると、息子から喋りだした。

息子「すいません・・。この間変な嘘ついちゃって・・。」

俺「っいや、あの時僕も色々失礼な事言ってホント申し訳ないです。」

息子「いえ全然っ・・。こっちも悪いですし。」

俺「すみません。仕事で疲れてるのにわざわざこんな時間に。
  まだ同じ仕事続けられてるんですよね?」

息子「あっ全然・・・大丈夫です。今も はい。同じです。」

俺「ビデオ屋さんって夜遅くまでやってるの多いですけど、
  昼間の勤務されてるんですか?」

息子「はい大体、朝10時から7(19)時くらいまでで・・。」

やっぱり。と思った。嘘もついているようには見えなかった。
嘘をついているとすれば、仕事を辞めたと言っていた母親の方だろうと考えた。
万が一息子が名優顔負けな演技でシラを切っているとすれば、もう完敗だとも考えた。




63 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 22:02:41.94 ID:0F+bT85EP
俺「んでお母さんはどこ行ってるんですか?」

息子「いやっ、ちょっと分からないです・・。」

俺「12時くらいって事は パチンコとか?w」

息子「あっw まあ 多分・・・w」

俺「んん~~・・・・・w」

息子「すみません・・・w」

俺「いや責めてる訳じゃないですよw?あの お母さんがキシベさんから
  お金貰ってる話 聞いてますか? 前住んでた家の大家さん。」

息子「はいっ、キシベさんのお名前聞いてます。たまに食事行くとかくらいしか・・。」

俺「キシベさんの家が売れてからお母さん 結構貰ってたんですよ。
  最初に100万近く貰って、その後月に50万とか、つい最近120万で総額500くらい。」

息子「え~~~~っ・・・・! マジですか?」

俺「キシベさんが嘘ついてなければですけど。お母さん 羽振りよくなったりしてます?」

息子「分かんないですけど 最初ここに住ませろって言ってきた時は断ったんですよ。
   でも月に5万渡すから頼むって言われて、それくらいですかね・・。」




65 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 22:06:39.31 ID:0F+bT85EP
俺「最初なんで断ったんですか?」

息子「いや、あんまり関わりたくなくて・・・。」

俺「それって娘さん じゃなくてお姉さんが原因じゃなかったんですか?」

息子「はいまあ姉が一番原因ではあるんですけど、あの人(母親)も昔から結構滅茶苦茶で・・。
   前に父がここに住んでるって嘘付けって言われた時も断ったんですけど
   無茶苦茶しつこいし わめき散らすしで・・・」

俺は母親の旦那の離婚の話の時に、旦那が「お前が悪いんだからな」と言っていたのを思い出した。
事態が大体読めてきた。

俺「失礼ですけど 携帯止められてました?よね?」

息子「あっ すみませんっ。携帯変えたんですよ。」 と言ってベッドの上の新しい携帯をとってきた。

息子「それで変えたはいいんですけど、解約がちょっとあの 料金の都合で遅れてて・・・。」

俺「あ~・・・・。」

息子「すみません連絡してなくて・・・。」

俺「そりゃお母さんとお姉さんと関わりたくなかったら
 (当時一緒に住んでた)僕と関わりたくないですもんね。全然大丈夫です。」

息子「すみません・・・w」

俺は携帯については深読みしすぎたか。とちょっと恥ずかしくなった。




71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 22:09:18.14 ID:NIuv/mj70
息子がわりと普通な人に見える不思議



82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 22:14:09.14 ID:A8wyT/vZ0
>>71
屑だらけだから、Tさんといい息子といい相対的にマシに見えるよな




85 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 22:17:51.79 ID:0F+bT85EP
息子「あの、ちょっといいですか?」
俺「? はい。」

息子「キシベさんからお金いっぱい受け取ったっていうので
   弁護士さんが(来たんですか?)・・。」と手で松岡を指した。

俺「あw 松岡もうええよ。」
松岡「すみません 弁護士じゃないですw」

息子「え?」

俺「すみませんでしたっ!!」 座ったまま土下座に近い形で頭を下げた。

松岡「ごめんなさいw」

俺「すみません最初は親子でキシベさんから金巻き上げてるって思ってたんです。
  え~と すみませんお名前・・。」

息子「あ、よし男です・・・w」

俺「よし男さんも仕事やめたって聞いてましたし。」

息子「え、誰にですか?」

俺「キシベさんにお母さんがそう言ってたみたいです。」

息子「あ~~~・・・。」




81 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 22:13:40.04 ID:0F+bT85EP
少し早かったかな、とも思ったが、松岡もネタ晴らしに素直に従った事も考え、
息子は大丈夫だ。と大分確信できた事もあってか、
俺は母親と息子はグルになってると思い込んでここに来た事を言い、
松岡も「威嚇になるかなと思って・・w」と弁護士だと嘘をついたと白状した。

息子「え~~~・・・w なんか凄いですね・・・w」

俺「こんなんが弁護士だと思ってました?w」

息子「思いましたよだって凄い頭よさそうな感じですもんw」

俺「弁護士バッジつけてないですよw」

息子「緊張してたし 普通見ないですよ~w」

という会話をして、息子も大分緊張がほぐれてきた。

息子「あの それじゃあ今日お金返してもらいに来られたんですか?」

俺「まあキシベさんが気の毒すぎますし。よし男さん的にはいいですか?」

息子「あ、はい 母が悪いですし お返しするのは当たり前ですし・・・。」

俺「勿論荒っぽい事は絶対しないんで。」

息子も協力的になってくれたのだが、どういう感じで追い込むかは伏せておいた。




93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 22:24:37.53 ID:tisxfIav0
どうやってド屑の母親を追い詰めていくのか楽しみでwktkが止まらん



97 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 22:28:22.17 ID:0F+bT85EP
俺「お母さんは未だに公衆電話から電話かけてるんですか?」

息子「はい 多分・・。たまに自分の(息子の)電話貸してくれってかけてますけど・・。」

俺「発歴ありますか?」

と、聞くと、息子は携帯を弄って
「多分これです」と見せてくれた。その発信履歴をメモして、携帯にも打ち込んだ。 

松岡「多分貰ったお金その番号の人に渡してるとかじゃないかな。」

息子「あ、自分もそう思います・・・。」

息子は何か思う所があるようだったが、そこは聞かないでおいた。
電話先の人物に借金をしていて返しているというのならともかく、
母親もまた、誰か男に貢いでいるという事なら、さすがに深く聞くのは辛いだろうと思った。




100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 22:31:23.90 ID:T0gd+7N70
ラスボス登場の予感



104 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 22:32:36.46 ID:0F+bT85EP

その後息子は、母親が住所をこちらに移してるかという質問には
「移していない」と答え、
何か国の補助金等を申請して貰っている感じはあるかと聞くと、
「よく分からない」と答えてくれた。
一通り、聞きたい事は全て聞いたので、改めて、

俺「いやホントにこの前は失礼な事言ってすみませんでしたっ。」
と、「キミもお母さんそっくりね」と悪態をついて言った事を謝った。

それに息子には伝わってないが「クズ」「不細工な息子さん」と、
言いたい放題母親には言っている。
確かに他人に迷惑をかけている身内を我関せずで放っておくのは
頭に来たが、あの娘と母親なら、それも責めれるレベルじゃないんじゃないか。
俺が息子でも多分・・と考えだしていて、さすがに申し訳ない気持ちになった。

息子「いや、だって他人の人に迷惑かけてるの放っておいたの事実ですから・・」

俺「いやそんなもん 僕もお母さんが、 息子さんに言うのもなんですけど
  ここまで酷いとはあの時思ってなかったですから、
  そりゃもうできるだけ関わりたくないって気持ちもわかります。」

とかいうやりとりをして、だいぶ心を開いてくれた息子と
なにげない会話などを3人でして時間を潰しているとようやく、
俺達も顔負けな程、息を吐くように嘘をつく女が帰ってきた。




105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 22:34:07.14 ID:ZjeCW2iK0
ボスktkr



109 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 22:38:31.50 ID:0F+bT85EP
部屋はワンルームだったので、
母親はドアを開けて俺(と、多分息子も)の姿を見た瞬間ドアを閉めて逃げ出した。

俺はすぐに追い掛けた。その時は俺もスーツ姿だったので
革靴を履く時間も惜しく靴下のまま部屋を飛び出した。

既に2階の廊下に姿はなかったが、
階段まで走り、階段を降りず手すりをひょいと飛び越えた時には、
なんとかアパート前の道路に母親の姿がまだ見えていたので、すぐ捕まえた。




119 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 22:41:47.87 ID:0F+bT85EP
俺「なんで逃げるんかなぁ~~~~。」

母親はほとんど走っていないにも関わらずぜえぜえ言いながら

母親「もう なにぃ!?」と言っていた。泣きそうな顔だった。

俺「変なとこで考え浅いなあ いっぺん来た事あるんやから
  訪ねてけえへんと思った?息子さんにも嘘ついて。」

と言っていると、靴を持った松岡が息子と二人で追いかけてきた。

息子は母親に近付くなり、

息子「もぉ いい加減にしろよっ!!死ねっ!!!」と怒鳴った。

さっきまで内気で礼儀正しい感じだった息子が素になった姿に驚いたが、
さすがに実の母親にそういう台詞を吐かせるのも忍びなく思って、
「こんな時間ですから」と制した。




121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 22:43:23.85 ID:ofEwIC+C0
息子もいろいろたまってたんだろうな



127 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 22:48:39.94 ID:0F+bT85EP
俺「じゃあ息子さんの部屋戻りますか。」と腕を掴んだまま言うと、
母親はいやいや言っていて、ひっぱって行こうとすると、

母親「いやああ~~~。」と泣きそうな顔で尻餅をついた。
それが面白すぎて息子の前で笑うわけにもいかず必死にこらえたが、顔は笑っていた。

俺「子供じゃないんだし 暴力なんか振るったりしないですから。」
と言ってもいやいや言っている。

俺「じゃあ警察呼びますか。俺が事情説明したらあんたにも調べ入りますよ。」
とカマをかけると、しばらくして立ち上がった。

松岡は何名か出てきたアパートや民家の住人に申し訳なさそうに頭を下げていた。
さすがだな、助けてもらいっぱなしだなと思った。
俺と息子だけしかいなかったらこっちが何かしていると思われるかもしれないが、
この状況なら母親の方に問題があるように見えるだろうと考えた。

俺達が部屋に戻りだす頃には、住民は部屋や家の中に戻っていった。




149 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 22:58:57.58 ID:0F+bT85EP
部屋に戻り、息子に

俺「言いたい事は山ほどあるでしょうけど、ホント申し訳ない。
  席外して貰えますか。」
と頼んだ。
息子「あ、大丈夫です。外に出てたらいいんですか・・?」
俺「自分の部屋なのに ホントすみません。」

というやり取りをした後、しばらく外に出てもらった。
息子が外に出てすぐ泣きはらした顔の母親と話しはじめた。

俺「お母さん さすがにやりすぎでしょ。おっちゃんから幾ら取ったんですか。」

母親「いくらかはその・・・。」

俺「これ 知り合いの弁護士さん。 キシベさん訴えるって。」

と、確かおっさんとTさんは松岡を見たことがあるが、母親は見たことがなかった筈なので、
引き続き弁護士役をしてもらう形で松岡を紹介した。

母親「訴えるって・・ でも私もキシベさんにセクハラされたんだから、
   キシベさんも困るよお?」

俺「そんなもんで裁判勝てると思います?僕もTさんもキシベさんにつきますよ。」

母親「なんでぇ?」 

なんでもなにもアンタ。と思った。




163 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 23:07:39.60 ID:0F+bT85EP
俺「しかも生活保護も住所変更もしてなかったでしょ。 おっちゃん先に帰らせて。」
母親「したよお~。」

俺「住所変更なんかしたら困るのに?」
母親「なにがぁ・・・。」

俺「旦那さんとの離婚届の時見た(嘘)お母さんの名前で色々調べてみたら(嘘)
  お母さん おっちゃんの家来る前にも色々問題起こしすぎでしょw」

と、結局借金取りか出頭命令から逃げてるのかそれ以外か、
今いち間違いないという確証が得られなかったのもあって曖昧に言った。

母親「そんなのどうやって調べるのぉ?」

かかった。と思った。まだ肯定はしてないが、
身に覚えが少しでもあるからこそ手段を聞いてくる。と考えた。

俺「この子(弁護士役の松岡さんを指して)のツテ。
  んじゃまずキシベさんの事で警察行きますか。そしたらついでに
  過去の事も色々片付きますよ。」

母親「なんで警察になるのよぉ。」

俺「だってお母さん逃げるじゃないですか。だからまず警察にご相談って形で
  最寄りの署にでも行って、お母さんの身柄保護してもらわんと。(適当)」

と言いながら立ち上がる素振りをすると、

母親「ちょっと待ってよぉ。待ってぇ?」 母親は取り乱し始めた。




165 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 23:08:32.06 ID:T0gd+7N70
この母親の語尾なんとかならんのかねぇ



168 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 23:11:34.02 ID:0F+bT85EP
>>165
うざいかなw
でも喋り方とか口調再現には結構というか一番気使ってて
そしたらこんな感じになったw




177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 23:16:04.75 ID:J9n8GTP20
>>168
間延びしたすっとぼけたような喋り方でイメージしやすいよ




182 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 23:17:36.14 ID:0F+bT85EP
俺「じゃあどうするんですか キシベさんに全額返せます?」

母親「全額って言われても分かんないからぁ・・・っ。」

俺「人からなけなしの金分捕って額も覚えてないってアンタ
  どこまで性根腐っとるんですか。 ざっと計算して500万くらい?」

母親「そんなの無理ぃ・・・。」

俺「貰った金 息子にも黙って何に使ったんですか?」

母親「言わなきゃいけないっ?言えないことだってあるでしょ。
   人間なんだから~~~っ。」

俺「息子さんの携帯に残った発歴
  見せてもらってあるんですけど聞いてみます?」と、携帯をテーブルの上においた。

母親「もおおおおおおっ やめてよぉ やめてぇ。」

電話する素振りを見せただけでこの嫌がり方。男かな。と思った。

相手が借金を払っている人物なら向こうは「こっちもやっと返済してもらった金を返せない」
と俺と向こうの言い合いにでもなるだろうが、
相手が貢いでいる男の場合は電話を受けた向こうの相手は
「どういう事だよ」と母親の方を責める。せっかく貢いだ相手に嫌われたくないだろう。
と、考えた。




192 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 23:23:20.95 ID:0F+bT85EP
俺「あれもヤダこれもヤダって どうすんですかお母さん。」

母親「ちょっと待ってよ~~・・・。許してぇ?」

俺「いやさすがにそれは無理ですよ。」

母親「もうキシベさんに連絡しないからぁ・・・。」

俺「もっと早くにそうしてくれたら良かったのに。弁護士まで呼んで
  今更そんな事で済む訳ないでしょ。」

母親「じゃあどうすればいいのぉぉおおおおお!!!」 と、バタバタしだした。

松岡が完全に引いている。

とりあえず二人でその醜態をボーっと観察していると、ようやく落ち着いた。

俺「じゃおっちゃんに決めてもらいましょか。お母さんが出せる金全部出してもらって、
  それでおっちゃんが納得すればその場で示談成立。」

母親「納得しなかったら?」

俺「そんなもん 今すぐついて来てもらいますよ。200万は俺が出してるから
  最低200万ね。」




200 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 23:28:44.72 ID:0F+bT85EP
母親「嘘だぁ キシベさんのお家売ったお金でしょ全部?」

俺「お母さんがお金貰ってるにも関わらず相手してあげないから
  おっちゃん他の女にも金貢いでたんですよ。最近貰った120万あるでしょ。
  あれおっさんはすっからかんだから 近所のオヤジに滅茶苦茶な金利で
  借りたんですよ。それ俺が肩代わりしたら、200万になってました。」

母親「ちょっと待ってよ じゃあなんで私だけから取ろうとするの!?」

俺「他の子からも返してもらいますよ でもまずお母さんから。
  もうええからいい加減決めてよ しんどいわ。」

母親「ああ もぉぉぉ・・・・・!」

と母親はバッグの中をがさがさしだした。
イライラすると「あぁもぉ」という所はおっさんと同じだな。と思った。

考えれば、おっさんと母親は同じだとは言えずとも、よく似ている部分がある。
自分はパチンコ三昧で、どこかしらから調達してきた金を異性に貢ぐ所。

おっさんから母親に渡り、母親からどこかの男に渡る。
この連鎖の根元にある資金源は、おっさんに両親が遺してくれた家と、
一応借金を肩代わりした、俺か?と考えて、悲しくなってきた。




203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 23:30:35.60 ID:T0gd+7N70
>>200
搾取する側                 搾取される側

黒幕 >>母親    >> おっちゃん  >> 俺
              >> Tさん                            

こうですね




209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 23:33:23.77 ID:RYwK7FO90
ラストシーン期待



213 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 23:35:32.39 ID:0F+bT85EP
母親編がラストと思われている。
俺は焦った。




214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 23:36:13.98 ID:/5jKIDZYi
>>213
まさかの松岡編が…




219 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 23:37:38.65 ID:0F+bT85EP
母親はバッグから財布を取り出し、1万円札を10枚足りるか足らないか程度出した。

俺「・・・・なんですかこれ。」

母親「だってこれしかないもぉぉん・・。」

と母親が泣き顔ながらも甘えた風に言ってきたので、

俺「気持ちわるっ!!!」 と言ってしまった。

俺「いや、ダメでしょ。もう男に渡したんですか?」

と聞いても、答えなかった。

俺「お母さん、今も粘ればなんとかなると思ってるでしょ。
  
  なんだかんだ言って 家にいる時はそれでなんとかなってきましたもんね。」

母親は黙って俯いたまま一万円札10枚前後をこっちに押してきた。

俺「もうええか・・・。 じゃ行きましょ。」 と立って腕を掴んで持ち上げた。

母親「やだやだ ちょっと待って 待ってってぇ!!」




226 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 23:40:26.57 ID:ECHUr29J0
>>1はある程度書き溜めてるのか?
もしかして自分ではもう完結まで書いてる?




236 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 23:43:56.00 ID:0F+bT85EP
>>226
いやメモ帳に2レス分書いて1レス分貼り付けて、
また2レス分書いて貼り付けてってしてます。
遅くてすみません 




245 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 23:46:46.83 ID:ECHUr29J0
>>236
いや、焦らんでいいぞ
気になっただけだから
焦らせてスマン




244 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 23:46:27.65 ID:0F+bT85EP
俺「いい加減近所から苦情が来て通報でもされたら
  結局警察来まっせ。ほら。」

母親「ちょっとっ! 助けてっ!」

松岡「すみません 示談が不成立になるという事なので・・・。」

母親「ちょっと待って 息子呼んで!! 息子が払ってくれるからっ!」

俺「オバハン いい加減笑えんわ。それでも親か。」

母親「呼んでよぉ~~~・・・・・!」

母親は息子の名前を大声で呼び、「いるの~~~~!?」と叫んだ。

息子がドアを開けて顔を出してきたので、

俺「お母さん、よし男さんが代わりに払ってくれる言うてますけど 無理ですよね?」

息子「はい、すみません 無理です。」

俺「じゃあもうちょっとだけ待っててもらえますか・・・?
  寒いのに待たせてるしうるさくしてすみません。」

と言うと、息子は新しい携帯の電話番号を教えてくれて、
終わったら連絡ください。ごゆっくりどうぞみたいな事を言って、
ドアを閉めてどこかへ行った。




249 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 23:48:58.63 ID:ECHUr29J0
息子は完全にこっち側になったな



250 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 23:50:36.84 ID:TDPY0boX0
これはあれだな

散々負け続けたあとに反撃開始したカイジに似た興奮だな




262 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/28(火) 23:54:00.83 ID:0F+bT85EP
俺「もういいですよお母さん、警察の方から来てもらいましょ。」
と俺が携帯を手に取ると、

母親「あぁぁ ちょっと待ってっ じゃ携帯貸してっ!」

俺「どうすんの?」

母親「お金返してもらうからっ! 携帯貸してっ!」

と言い出した。ボタン一つで息子から見せてもらった番号にかけれるようにして、
母親に渡すと、母親は男に電話をかけだした。出るまでに時間がかかっていた。

電話相手の男の声が少し漏れて聞こえてきたが、若いかどうかまでは分からなかった。
興味があったので、少し残念だった。

母親「もしもし?あ ごめんなさい・・・ ちょっとね?お金いくらか返して
   欲しいんだけどぉ・・・・そんなぁお願ぁ~い・・捕まっちゃうんだってばぁ。
   後で説明するからぁ・・・お願ぁ~~い・・・・・。」

と電話をする母親を見て、この世で一番醜い生物を見ている気分になった。
その反面、楽しすぎて頭がおかしくなりそうだった。

松岡は引くを通り越して恐ろしくなったのか、
母親が背中を向けて電話しているのを見て、
ぴったりくっつくぐらいまで寄ってきていた。

母親が電話でぐだぐだ話している間、俺は置いてあったバッグを調べた。




268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 00:00:25.03 ID:RYoGkVoq0
こんなに詳細に書いちゃって>>1大丈夫なんかね
俺らは面白いから嬉しいけどね
ありがとう>>1




270 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 00:03:19.96 ID:9pHlwgzi0
>>268
だよね  みる人が見たらわかるわな




272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 00:04:40.12 ID:xB7hVWoL0
>>268
かなり狭い関係での話しだから、大丈夫じゃないか




277 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/29(水) 00:07:02.21 ID:5ImHiC5VP
>>268>>270
強欲ハゲの家のくだりなんかは書いてちょっと後悔した
近所じゃ結構有名かもしれん あんなもん




273 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/29(水) 00:04:41.72 ID:5ImHiC5VP

やっぱり母親はおっさんと違い自分にもいくらか残していた。

側面のチャック部分を開いた所にボロッちくなった封筒が入っており、
中を見てみると5~60万くらいの札束が入っていたので頂いておいた。
よくこんなに持ち歩けるなと思ったが、このオバちゃんの場合は
それしか方法がないか。とも考えた。

物音で気付いたのか母親はこっちに向き直り「ちょぉっとぉ・・・!」と
本当に悲しそうな顔で言ってきたが、バッグを放り投げて渡すと諦めたようだった。

そしてしばらくして、母親は多分切られたっぽい携帯を握り締め、
その手を絨毯にドンドン叩きつけながらうーうー泣いていた。

俺「ちょっと それ俺のっw」と母親から携帯を取り上げて、
テーブルの上に置かれた1万円札も取って数えると、11枚あった。

それも頂いて、息子に連絡をして部屋に戻ってきてもらった後、
俺「じゃあいいですよお母さん 明日までに残り400万でいいや。
  用意してくださいね。また来ますから。」
と言いアパートから出た。

母親がごねてごねてで、結局家を出たのは2時過ぎだった。




278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 00:07:24.63 ID:mcMEAfpC0
再び訪ねるまでによし子失踪してそうだな



283 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/29(水) 00:11:01.61 ID:5ImHiC5VP
結局、最後まで粘りで窮地を乗り切った母親だった。
一文なしになってしまった上に男にも捨てられるかもしれないだろうけど、
得した方だろうと思った。

アパートを出た後、改めて息子に連絡して成り行きを説明して、

俺「お母さん明日までに逃げると思いますけど
  なんか変な事にならんように気をつけてください」
と息子に伝えると、
息子「ああもう追い出したんで大丈夫です。」
と言っていた。
色々吹っ切れたのかいい加減愛想を尽かしたのか、随分強気だった。
そしてお互いがご迷惑お掛けしましたと謝って、電話を切った。




290 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 00:14:26.94 ID:EOrvBlSp0
回収は結局70万ほどか
ヤクザならモツ売らしてでも回収するんかな
ババアのじゃ価値ねぇか




293 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/29(水) 00:15:56.87 ID:5ImHiC5VP
帰りながら、松岡と話した。

俺「いや~面白すぎて頭おかしくなるかと思った。」

松岡「お金は?w それだけでいいの?」

俺「71万あったわ。まあこれ以上絞っても出てきそうにないし。」

松岡「甘いなあ あの感じだったらホントに警察連れて行っても
   良かったと思うけど。」

俺「めんどくさいからええわw さすがにおっちゃんにはもう
  連絡せえへんやろ。なんだかんだで全部こっちに伝わるって
  あのおばちゃんでも分かったやろうし。」

松岡「あのおばさんこれからどうすんだろうね。」

俺「またアホなおっさんでもみつけるんちゃう。あんなんに貢ぐ奴なんか
  そうそうおらんやろーけど。」

松岡「まあもっと綺麗な人かとは思ったけど・・w」

俺「とりあえずお前が来てくれたお陰で色々助かったわ ありがとー」

とか言いながらまだ開いている店に寄って適当に飯食って、
肩代わりの200万てなんだと聞かれて叱られて帰って寝た。




298 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/29(水) 00:18:32.52 ID:5ImHiC5VP
息子とはその後2度、飲みに行ったり(その内1回は松岡と3人で)
勤務先のビデオショップに何度か差し入れ口実に持って行ってダベったりしました。

ビデオショップはかなり小さい所で、ほぼアルバイト(?)のようなので、
そろそろちゃんと就職したい。と言っていました。

母親は未だに行方知れずらしく、探そうとも思ってもいないし、
許せるようになるとしても30過ぎくらいになるんじゃないか、とも言っていました。

後、彼女とか結婚とかの話になった時に、
息子「もうほとんど諦めてますんで・・・w」
と、まだ若いのに随分諦めが早いんだなあと思ったことをよく覚えています。

今度一緒に婚活パーティーにでも参加しないか誘ってみようと思いましたが、
面倒くさいのでやめました。


~息子編 完~





300 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 00:19:48.94 ID:iK1ud25F0
まさかの息子編



302 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 00:20:29.96 ID:cZYTerrq0
息子編完てことはババア編は完じゃないの?



309 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/29(水) 00:24:13.25 ID:5ImHiC5VP
>>302
ババア編も完w

よし んじゃちょっとはやいけどいってきます
あとは細々としたのは省いて

ババアと息子編おしまい←ここ

~おっさんとは~

もう一悶着

おしまい

という感じです




313 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 00:25:20.89 ID:QFn0Ne6O0
回収70万で許したのかよ!
何かモヤモヤするけど、とりあえず乙!




318 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 00:26:23.32 ID:EOrvBlSp0
煮ても焼いても喰ねぇババアだったな
ババアには判定負けってとこか




319 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 00:26:41.84 ID:QFn0Ne6O0
やっぱ貸した金って返って来ないんだなぁ
気をつけようw




340 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 00:47:52.83 ID:erPr1a8e0
明日で終わりってことでいいのか?



358 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/29(水) 01:40:48.81 ID:5ImHiC5VP
携帯からかきこめねえじゃねえかあああああああああ
一旦帰ってきてもーた またすぐ出ます

んで今日これそうにないです ホントごめんなさい
次のスレッドで最後までやります が
明日これるかどうか分からないです

分かり次第 といっても告知する場所もないし
かそログさんのコメント欄にでも書き込んだらいいんかな?
保守してくれた人ホントすみません
落としてくれてOKです 
じゃあまたー




360 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 01:43:28.15 ID:mcMEAfpC0
了解、乙ー



362 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/29(水) 01:45:09.23 ID:nPFIkgAr0
乙~~



411 :1 ◆LZh0PhwXtc :2011/06/29(水) 09:06:26.08 ID:5ImHiC5VP
やっと終わった けど
でもまた行かんとあかん

多分今日はこれないっぽいので明日にします
明日の20時から21時くらいから最後まで書きます

保守の人ホントすみません。

じゃあまた木曜日の20~21時に来ます 

さいなら~






完結編65歳童貞の恋 【第二部】完結編


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1309090353/
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1309261349/4444477
コメント
この記事へのコメント
[37335]
まだ中編かよwwwwwwww
2011/06/29(Wed) 19:13:08 | URL  |  #-[ 編集]
[37338]
ババア許せないな
警察につきだすべきだ
2011/06/29(Wed) 20:18:05 | URL  |  #-[ 編集]
[37340]
やっと後編が来ると思ったら中編とな・・・
更新待つのが辛いくらい面白いわw

でも>>1がニートなのが気になる
今までバイトで貯めた金、そんなに使っていいのか
てっきり働いてるものだとばかり・・・
2011/06/29(Wed) 22:10:08 | URL  |  #-[ 編集]
[37341]
ラストが待ち遠しいぞ。
苦役列車の作者でノベライズしねーかな。
2011/06/29(Wed) 22:28:29 | URL  |  #-[ 編集]
[37343]
ニートとか美少女とか
真に受ける奴がやたら多くて困る
2011/06/29(Wed) 23:33:28 | URL  |  #-[ 編集]
[37348]
VIPPER速報に載せないでって言ったのほんとに>>1っぽいな
2011/07/01(Fri) 09:03:44 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。