==== かそログ ⊂二二二( ^ω^)二⊃
kashiwamoti.gif--年--月--日 (--)                                                   | 編集 |


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kashiwamoti.gif2010年01月31日 (日)                                                   | 編集 |


1 ◆LFp0vwuP22 2010/01/26(火) 15:49:43.35 ID:YvPLxE4x0
元刀匠。正確には弟子。作刀免許は取ってない。

弟子やってたのは大体10年前。



50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:37:26.03 ID:XcfTnevd0
作刀免許ってどうすれば取れるの?
取るのにどれくらい時間とお金かかるの?



>>50
作刀免許を取るには、
作刀免許持ちの元で5年間修行(勉強)しなければならない。
5年経ったら試験を受ける権利獲得。

5年は丁稚奉公。その後5年お礼奉公。計10年修行が慣わし。

ただ、ここは最近崩れつつあると聞く。
一応労働してるから所得ゼロはだめだとか、
お礼奉公5年もしないとかね。

お金は基本取らない。
ただし、最近あると聞く学校式は授業料取られると思う。

それよりも独立費用だよ。
これが工面できなくて、作刀免許とっても独立できずずっと弟子やってたり、
違う仕事に流れてしまう人もいるとかいないとか・・・




38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:27:19.39 ID:nSMV8IkX0
どうやったら弟子になれんの?


>>38
俺のパターン。
①刀鍛冶になろう!
②ネットで調べる
③どうせ行くなら人間国宝の弟子になった方が将来安泰♪

④色々ある
⑤最後のお弟子さんの連絡先ゲット
⑥電話
⑦3時間後飛行機に乗ってる
⑧一週間ほど雑用
⑨弟子入り決定


4は気にしないで。
いきなり人間国宝の先生に「弟子にしてくれ!」って行こうとしたら、
どうなるか想像してくれw

ただ、今これやっても難しいかな。
続かない人が圧倒的に多い。
その間の生活費が捨て銭になってしまう。
最近は授業料見たくお金を取って、一日何時間と決めて通うところもあるらしい。
専門学校みたいなもんだね。そっちは良く知らないから調べてみて。

本当にきついから。体力的にもだけど、精神的にも。
ベタな事しか言えなくて悪いけど、潰しが聞かないから興味本位で行くと痛い目見る。
でも興味本位から始まるのも事実。
まずは鍛冶場見学>一週間なり住み込みの提案をしてみよう。
その際に、宿泊費と指導料を払います。と言えば、
向こうもそう邪険にはしないと思う。




1 ◆LFp0vwuP22 2010/01/26(火) 15:49:43.35 ID:YvPLxE4x0
↓こっちでレスしてたら需要ありそうだからスレ立ててみた。


日本刀って免許無しで買えるんだな。


1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 14:00:36.49 ID:FZkYnJGm0
ずっと免許必要なもんだと思ってた。
一千万とかして手は届かないけどね。
金持ち老人の趣味としては良いと思う。



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 14:01:40.49 ID:jR1NWEtH0
美術品扱いってこと?


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 14:10:25.27 ID:1jTPtJH/0
所持するだけでも免許が必要だったはず
>>1が言ってるのは模造刀じゃないの



おいおいお前ら適当だな。
元刀匠に弟子入りしていた俺が登場だ。
久しぶりに鍛冶場思い出したから、えらそうに書いてみるぜ。

刀を持つのに免許が必要っていうのは嘘だ。
正確には刀を作る際に、刀(とその保管場所)に対して発行される。

新作の場合は下記の流れだ。

①作刀依頼を受ける
②警察に届けを出す
。大きなポイントは3点
 ・誰が作るか(作刀免許を持った刀匠が、所定の施設で作ること)
 ・誰からの依頼か(ヤクザや右翼で無いか調査が入る。要身分証明書)
 ・保管場所の確認(規定にのっとった場所であるか。要写真)
③作刀スタート
④完成
⑤警察検査
(作った刀が、届けた内容と同じかどうか)
⑥納品(都道府県によっては警察立会いも有り)

特に大切なのは「作刀を始める前に保管場所を作らなければならないこと」。
がっちり金庫が必要なんだぜ。
当然刀が納まるような細長い金庫は普通に売ってないから、専用のを買うんだ。

>>1ちなみに刀が一千万とかどこでそんなホラ話信じさせられたんだwww
人によって値段はまちまちだけど、白鞘なら70~90万。
化粧、拵え(鞘とか柄、鍔)付で100~120万出せばかえるぜ。

つづく




刀匠は現在全国に約300名。

そのうち、作刀だけで食えてるのは恐らく2割。
この2割のうちには、新しいジャージを買えなくて6年目突入。
奥さんに食わせてもらってます。こういうのも含む。
だから「刀が欲しいんです!」って行けば、喜んで作ってくれる。
「50万しかないんです!」って行っても作ってくれるところはいくらでもある。

ただし、炭や玉鋼などの原材料費は当然かかるから、短くなったりすることはある。

個人的にテンション上がってきたぜ!
次は美術商の中古話




美術商の話をする前に断っておく。
俺は現場で鉄ぶったたいてた側だ。
作る方の知識は色々語れるが、こっちの話は意外と知らない。
間違ってたりしたらごめんよwww

----------------------------------------------------------

>>11の話を最初にすると、美術商から中古?骨董品?で刀を買う際に2つの疑問が出るはずだ。

①登録制になる前の刀はどういう扱いなの?
②登録されている刀の所有者移転は手続きがあるの?


①は古い蔵や爺さんの形見整理なんかしてた時にポロっと出てきた場合。
必ず発見した「本人」が所轄の警察署に持って行き、発見届を発行してもらう。
その後、まとめて登録審査会というのがあるから、そこで審査に受かれば登録証発行となる。
この場合は、保存場所まで言及されない。無くさないように刀とセットで登録証を保存しよう。

②名義変更だけでおk。
>>11で保管場所を用意するのが大変と書いてあるけど、最近はどうやら緩いらしい。
刀剣協会でも、刀匠たちの極貧生活に頭を悩ませてるらしいwww
ちなみに守り刀と言って昔嫁入り道具で持っていったものを、
生まれたばかりの子供に送ることもある。当然0歳。でもおk。

守り刀は元々・・・戦なんかで手篭めにされそうになった時に、自害する時用でもあるw




14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 14:36:39.56 ID:fSZ8wU/+0
ジャージってなんだ
履くやつ?



>>14
鍛冶場で鉄を打つと火花が飛ぶから、作務衣のちょっと厚いのを着るんだよ。
だけど、それも買えないから某格安ショップに行って、
やっすくて穴が相手も良いジャージ買ってきて作業するんだ。
しかもジャージなら外出も出来る。
鍛冶場にいた人間なら分かってくれる。刀匠とジャージは縁が深い。
貧乏って怖い。

ジャージで作業とかふざけんな!って言う刀匠の方も沢山いると思う。
基本は作務衣で、奥さんなんかが作ってる所も多い。




16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 14:40:47.67 ID:Kj29qDMO0
短い匕首とかはどうなの?


>>17
匕首って面倒だな。
作刀免許は国家免許なんだけど、これが無くても11cm以下のものなら誰が作ってもおk。
それ以上は登録が必要。

ココでよく言うのは「マグロ捌く様な大型の包丁ってどうなの?」って話。
ぱっと見た目ほとんど刀だよね。
実際作って乗るのは刀匠だし。

刀は「用途における凶器」=人を傷つける凶器として最初から存在してるんだ。
包丁はあくまで料理に使うものであり、
それがたまたま大きなものを切るから大きな包丁が必要なだけ。
分かりやすい例えとしては、工場で数mの大型カッターが付いてる機械あるよね。
あれは凶器ではない。あくまで工作物。だから当然登録証は必要ない。




21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 14:51:03.31 ID:YvPLxE4x0
今日はインフルエンザで会社休んでてテンションおかしいぜwww

ちなみに知ってるか?
銃砲刀剣類の登録は警察署に持っていくんだけど・・・
都道府県教育委員会の所管なんだぜwww



23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 14:52:34.63 ID:jR1NWEtH0
今は刀打ってないの?


>>23
今は打ってない。大体10年前だ。 共
両親が交通事故にあって母死亡、父集中治療室&後遺症。
実家へ強制送還>父退院>介護無くても良くなるまで回復>揃って社会復帰




24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 14:54:52.58 ID:1BATUJbP0
ID:YvPLxE4x0に聞きたいんだが
砥いだライン?がまっすぐだったり波打ってるのをどうやってるのか気になります



>>24
この話をするには、刀は最後の仕上げである「焼き入れ」の作業からかな。

この焼入れをする直前まで、基本的に刀は真っ直ぐなんだ。
焼き入れって言うのは簡単に言うと、焼いた刀を水に突っ込む作業。
ここで地金と刃の成分の違いが出てくる。
刃の部分は基本鋼(炭素0.7%が境だったと思う)で、背中側は鉄。
一気に冷やされた時に収縮が起きるんだけど、刃と背の成分の違いから「反り」が発生する。

前置きが長くなってすまん。
この焼入れのときに刃の部分に土を塗るんだ。
この土には鉱物や藁炭などが練りこんである。これも秘伝だな。
土を塗ったところは温度低下が軽減される。
これで堅さや反りを調節するんだ。
そしてその土の塗り方や地金と刃の付け方によって、波紋は発生する。
波紋は元々趣味の世界。地元の山々や風景を写し取って入れたとも言われる。
魂入れて打ってるから、自分のものであると言う証拠や特色を残したいと言うのもある。
現在は美術品として美しさを追求する意味もある。

奥さんが化粧始めちゃったから、
刀の「反り」について書いてみる。

水の温度とつけるスピードが流派の違いであり秘伝。
また、反りの場所によって用途が変わる。

手元でそりが強い=重心が柄元にある。
遠心力は付かないけど、硬い物も「叩き割れる」。
南蛮鎧がはやりかけた、信長時代の桃山刀なんかがそう。
現代において演舞などで使用されるのは、反りが先端近くにある。
重心が先にあるから遠心力がつく。居合い刀なんかがそうだね。
見世物なら切れ味よりも、早い方が格好良いしね!!!

昔、偉い刀匠の火事場に忍び込んで水加減を盗もうと思ったやつが、
水に手を突っ込んだ瞬間腕ごと切り落とされたと言う逸話がある。
それくらい焼入れの水の温度や冷やし方が大切。
また、この時に叩きが甘くて気泡が少しでも残ってると、ひびが入る=鉄くずになる。

水につけるのもそうだけど、出す時も大事。
一息で水から出さずに、途中で止めながら何度かに分けて出す。

ひびが入ると、それが目に見えない程度でもひびが入った反対を叩かれると割れる。
砥ぎ、特に化粧砥ぎで多少の傷は隠せる。
これで傷物をそうとは知らずに、買わされる人もいるとかいないとか・・・




32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:02:27.88 ID:N0L5FY890
思わぬところで思わぬ知識が入ってきた


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:28:29.29 ID:YvPLxE4x0
刀匠の世界はアナログ一直線だから、
すでに離れ身で恐縮だけど良い機会だと思って可能な限り答えるよ。

身ばれ上等で答えていくから、保守&質問あれば書いといてくれ。
ただし、師匠やお世話になった人に迷惑かけるわけには行かないから、
そういう質問はスルーさせてもらうぜ。



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:51:12.18 ID:wIrvlOvC0
ドラゴン殺しって作れる?


>>3
作れるけど、あれは持てねぇだろ!
一応突っ込んどいたからね。
あのサイズになると、作るのよりも研ぐのが大変そう。




13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:56:17.24 ID:DeVf9u/l0
逆刃刀つくれや


>>13
る○剣か。
逆刃刀って地金を外に持ってこないといけないんだよな?
あれって実際に作るとなると難しいぜ。
ついでに研ぐのも腕がいると思う。




8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:52:56.86 ID:ev8Rj9qW0
研師の方がいいです


>>8
ぶっちゃけ正しい。
生活は確実に研師が安定して良い。
ただ、研ぎはほんと~~~~に難しい。
一流の研師さんは心から尊敬に値する。

特に槍。ましてや十字槍とか研げたら神認定。




41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:30:06.53 ID:XcfTnevd0
>>36
なんで槍は研ぐの難しいの
カタナとどう違うの?



>>41
一本槍なら良いんだけどね。
十字槍や鍵槍は刃の途中から、刃が横に生えるよね。
ここを分裂する刃元まで、きっちり研ぎ上げるのが難しい。

俺が十字や鍵槍にこだわりや執着があるのは、
「槍は君じゃ練習にもならん。無理。」と師匠に切り捨てられたのがあるかも。
もちろん技術的に難しいのもあるけど、悔しさや憧れの方が強いかも。
そこは否定しない。出来ない。




7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:52:56.80 ID:chkYH+so0
前から日本刀が欲しいと思ってた
今年あたり家を買うからそしたら日本刀を買いたい
50万くらいで可能って前スレにあったけど
どうやって刀匠を選んでいいかサムリエしてくんなまし



>>7
①鍛冶場を見学させてくれる
②作刀の作業を見させてくれる
③年に数本は長物(いわゆる普通サイズの刀)を作ってる
④弟子が複数人いる
⑤刀に関してきちんと説明してくれる


さらに、定期的に鍛冶場の見学会をやっていたりするとかも。
作刀会って言うコンクールみたいなのがあるんだけど、
そこで下の方の賞を取ってる若い人とか良いかも。
独立でお金無いor借金してる+独立したててやる気があると思う。

ちなみに一般論として、独立には土地代抜いて500~1000万くらい欲しい。




10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:55:47.31 ID:DvlFXGSN0
この前かーちゃんが京都で菊一文字の包丁買ってきた


>>10
まぁ・・・名前はね・・・
刀匠が大量生産してるのもあるし。
コメントしづらい。否定はしないけど、肯定はしない。




12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:56:16.99 ID:Rsz5xory0
ジャージって熱に弱くないの?


>>11
前スレでもあったけど、繊維の違いでどうこうって世界じゃない。
炎が緑になるって知ってるか?
確か1500度くらいでなる。
そんな中に地金突っ込んで、鉄が溶け出すほど熱して叩くんだ。
飛んでくるもの焚き火の火花どころの騒ぎじゃない。
焼けた鉄片が触れたところは一瞬で炭化する。
服の素材なんか、鍛冶場では違い無いと当時は思ってたよ。




14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:58:13.68 ID:aJ+gjme7O
最近趣味で自作ナイフにはまってるんだがまだ五寸釘を使った軟鉄くらいしか扱ったことない
趣味の範囲でも鋼って扱える?
一応ググって作った自作の簡単だけど火床はある



>>14
素材がどうこうは問題ない。
言い訳になるけど、用途が凶器でなければ大丈夫。
実際は、警察が凶器=人を傷つけるための物だと判断しなければおk。
刀でも作刀免許が必要なのは11cm以上。
だからそれ以下なら何してもおk。
それ以上なら気をつけろ。

火床がどんなのかしら無いけど、
鋼の鍛造したいならフイゴかそれに当たるものの排風口を出来るだけ深くしろ。
1500度以上作れないとまともには出来んぞ。




15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:59:03.54 ID:M3dS/KSpQ
組合に対してのグチを


>>15
刀剣協会=日本美術刀剣保存協会かな。
愚痴って言うんじゃ無いんだけど、もっと色んな意味でオープンにしても良いと思う。
これは、彼らが口を閉ざしたり閉鎖してると言う意味じゃなくて、
自発的に外に情報を吐き出そうとしないという意味で。

ただでさえ飯を食うのに困って廃業する人間が多いのに、そのフォローが貧弱。
だから、作刀免許もちがアメリカに行ってナイフ作ったりするんだよ。

刀と言う文化は世界に誇って良いと思う。
現場は本当に辛いから、長続きしない奴がほとんどだろうけど、
それでも入り口をもう少し広げて欲しい。




16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:59:23.06 ID:wIrvlOvC0
溶接用の皮上着なんて安く売ってるよね
着れば大分変わると思うんだけど



>>16
人によって様々。
なめし皮を腕に巻いてる人もいる。
ただ、作務衣一丁でやるのが美学でもある。
火が怖くて鍛冶やがつとまるか!って。
ジャージよりいいじゃん!ってのは置いといてねwww

でもね、お金が無い>親戚に借金する>服より炭買わないとって人が多い。
地金は叩きなおして再利用しても減っていくし、炭が無いと仕事自体できない。
10円までケチって生活してると、そういうのさえ買わないんだよね。

ちなみに炭はコンテナで買うと、郵送料込みで大体1コンテナ70万。
(郵送料が最も高いであろう地域だった)




17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:59:40.15 ID:sMdXyDpg0
錆びたボロボロの刀持ってけば最強の武器にしてくれたりする?


>>17
それは研師の仕事。
叩きなおすなら、鉄くずとして買うよ。




18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:59:49.57 ID:hPYfseDq0
俺もどうやって刀匠選ぶかとか、色々知りたい。
仕事が落ち着いたら日本刀欲しい。



>>18
はっきり言って・・・良いのかな・・・

作刀会での受賞暦って師匠の影響が無いとは言えない!

言ってしまった。
受賞歴があると必然的に価格が高くなる傾向がある。
だから、惑わされずきちんと鍛冶場を見るところから。
特に鉄や火に関する研究図書が有るかどうかはチラ見した方がいい。
作業場or休憩室or展示室に無い場合は注意。


身ばれ上等と書いたから・・・いくぜ!
俺の師匠の兄弟子に当たる方だ。この人は鉄板。
更新が滞ってるところが多いけど、誠実に研究を続けている方です。

http://www.eonet.ne.jp/~sumihira/




19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:01:22.30 ID:CwoOzCCCO
アメリカの刀ってどう思う?
8万と安くて強度も高そうだったけど…



>>19
炭代にもなりません。
刀じゃなくて、刀の形をした鉄の塊を研いだんでしょ。




22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:04:58.95 ID:CVq/IWod0
日本刀ができるまで


















28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:08:26.52 ID:xXjRTJ7rO
あ、刀の海外向け通販サイトつくれば儲かると思ったけど
武器輸出禁止にひっかかるんじゃ……



>>28
個人が所有している場合は正直分からんけど、
刀匠が輸出業者に委託する場合は出来るよ。
あくまで「美術品」としてね。
審査が毎回あるとは思う。




30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:11:24.78 ID:49dguIDc0
アーミーナイフを買おうと思うけど、ああいった刃は信頼性や切れ味はクソなの?
刀鍛冶的に。



>>30
ちゃんと作刀免許持った人が、ナイフ屋?になるもの良くある。
ただ、そういう人の多くは海外に行ってるかな。
日本より海外の方がナイフ需要があるし、
作刀免許もってることへの評価や尊敬が高い。

ちなみに作刀免許を取るには、
作刀免許持ちの元で5年間修行(勉強)しなければならない。
5年経ったら試験を受ける権利獲得。

5年は丁稚奉公。その後5年お礼奉公。計10年修行が慣わし。
ただ、ここは最近崩れつつあると聞く。
一応労働してるから所得ゼロはだめだとか、
お礼奉公5年もしないとかね。




32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:16:03.63 ID:6N6tFX7X0
江戸時代の技術は凄過ぎて
再現できないっていうのはマジ?



>>32
正直出来ないと思う。
十字槍とかまともに作れる人って全国に何人いるんだろう。
見た目治まり良く作れる人はいると思う。
でも、今は実践が無いでしょ?
自分の作った刀が、何度受け太刀したら折れるとか知らんでしょ。
本当の意味で人を切るベストな鍛造って何なのか試せないでしょ?

現場で受け継いで来た伝統だけでは、現場で培われた物には勝てないと思う。
刀剣業界が今後1000年続いても、300年前の技術は絶対追い越せない。

俺はそんな高みまでは程遠いところで抜けてしまったけど、
そんな俺から見ても過去の職人たちの技術は神がかってる。

現役の頃の夢は、いつか十字槍を作ってみたかった




35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:21:23.26 ID:0J6Gwrbu0
やっぱ玉鋼は日立金属?


>>35
そんなとこでも作ってるの?
知らんな。

鍛冶場で玉鋼と言ったら、島根の奥出雲町大呂「日刀保たたら」
これは基本。

「もののけ姫」見たか?
あれは脚色と言うか宮崎さんの世界観が反映されてるけど、大枠はあれと一緒。
今の日本にも「たたら場」があるんだぜ?
これは勘違いかも知れんけど、玉鋼って他の場所で作ったらいかんのと違ったかな?




37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:25:13.12 ID:dpKsHjX10
関の包丁はやっぱりすごいっすか?


>>37
関は刃物よりも、研ぎで有名だね。研師さんの本場。
研ぎが良い>なまくらでもそこそこに仕上げる。と言うのもあると思う。
実際、研ぎが出しやすいから関の近くに鍛冶場を構えるというのはあまり無いと思う。
そんなにバンバン作らない、作れないから。
学ぶ環境としてなら有りかな。




39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:27:26.50 ID:0J6Gwrbu0
包丁は木屋 一確


>>39
調べてみた。
包丁としてコストパフォーマンスを求めれば、
こういう企業研究をしているところがいいと思う。




43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:30:28.87 ID:Rsz5xory0
剣術の心得はあったりするの?


>>43
空手段持ち>キックボクシング>修斗(もちろんアマ)。
剣術の心得など一切有り申さん!




44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:30:55.89 ID:wIrvlOvC0
ピストルvs刀とかリアル斬鉄剣とかYouTubeのビデオを見るのは楽しいな




>>44
ピストルvs刀は見た。
そして、同じ鉄でも鍛造でこう変わるんだと、
叩く前の鉄に叩いた後の小刀を突き刺すところを見た。
突き刺さってたよ。んで抜けなくなって、やむを得ず折ってたwww




45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:31:08.75 ID:AtOmVgHl0
昔あるある大辞典とかで
日本刀対マシンガンだの日本刀対ウォーターカッターだのやってたけど感想聞かせて。

日本刀 vs ウォーターカッター



日本刀 VS マシンガン



斬鉄剣がどうとかの理由で刀をマシンガンで叩き折られたりしたらイラッてする?



>>45
その番組を見て無いからなんとも言えないな。
ウォーターカッターが刀を切ってても「そりゃ切れるだろ」ってとこじゃない。

でも、ピストルvs刀で弾が真っ二つになったのは正直嬉しかったぜwwwwww




77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:23:26.13 ID:CxpAlvbk0
>>74
弾丸vs刀って、確か刃に真っ向から弾丸ぶつけてたと思うんだが
でも刀って、本来押すか引くかして切るもんじゃね? 実験の方法間違ってないか



>>77
俺が見たのも真正面からぶつけてたね。
俺がそこで見いったのは、
焼入れされた刀は回転しつつ飛ぶ銃弾に耐える強度も持っていること。
耐えれれば弾が切れるのは当然。

もちろん鋭角な面で受けていることもあるけど、
自分のやっていたことが一定の効用を出していた。と思えばうれしいだろ?
もちろんビデオは自分の作ったものじゃないけど、共感はあった。




47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:32:57.61 ID:xXjRTJ7rO
基礎体力必要?
神主か刀鍛冶か声優かライブハウスのオーナーになりたい
ゲームプランナーは諦めた



>>47
基礎体力は嫌でも尽くし、多少有っても気休めだから気にするな。
約1.5~6mの棒の先に5~8kgの鉄で出来た槌が付いてる。
かなづちの頭をそのまま大きくした感じ。
ただし、1.5mの先に付けると、てこの原理で糞重くなる。
これを鉄も溶ろける業火の前で一日振るんだから、体力は嫌でも付く。

参考までに教えてやろう。
「相槌を打つ」ってコトワザあるよな?
あれは相手の言葉や動作に対して、適切な反応を示すことだ。
これは俗に言う「鍛冶言葉」。

鋼の鍛造において弟子の仕事は、
座っている師匠では思いっきり鉄を叩けないから、
指示通りの場所を指示通りに頭より高いところから槌を振り下ろすこと。
もちろん言葉の指示なんか無いんだぜ。

師匠が叩いた場所を、叩いた強さで感じ取って、弟子が順番に叩く。
人が多ければ、師匠と弟子3人てとこ。
師匠の槌に相槌を打つ。
これがこの言葉の起源だ。




49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:34:34.62 ID:B9hT6dn/0
最強の包丁を買いたいんですけど、何がいいでしょうか。出刃包丁が買いたいです。


>>49
出刃ってことは叩き割りたいんだな。
だったら実が厚くて、鋼の含有量が多い刃が付いた物を買え。
それがどれかって?そんなのしらんw




51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:38:04.27 ID:56el1jFt0
刀作りの技術って昔と比べて上がってるの?
刀の強度とか切れ味的な意味で



>>51
科学的な意味で「上げる」ことは可能だと思う。

例えば、鍛造の最初の作業で「積み沸かし」っていうのがあるんだ。
細かく割った鉄を平らな地金に載せて、熱して叩く。
伸びたら「折り返し」してまた叩くの繰り返し。

この時に折り返した面倒氏の鉄が癒着しないといけないんだけど、
この癒着が甘い時は「四ホウ酸ナトリウム」を使う。
癒着面にかけて叩くと癒着しやすいんだ。

また、前に書いた鍛造の相打ちも、独立したてだと弟子いないでしょ?
だから機械を使う。名前は知らん。
足元のべダルを踏むと、直径10cmちょっとの円柱型の鉄柱が落ちてきて鉄を叩く。
ペダルを踏む強さで叩く力とスピードが変わる。

高度の計測や、化学薬品、機械化で進歩する部分はあるだろうけど、
本来の意味で過去を上回るのは難しいだろうね。

俺は四ホウ酸ナトリウムでスライムを作って遊んでたら師匠に叱られたwww




60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 16:51:24.47 ID:56el1jFt0
銃刀法になるかも知れんがマジ刀持ってる人ってどこで使えばいいんだ
私有地なら振り回してても問題ないのかね



>>60
私有地内でもとりあえず署までご同行コース(AA略




63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:00:50.12 ID:cbt95/Rw0
十文字槍の製法って失伝するとこだったのか
危ないところだった
http://ntoyama-web.hp.infoseek.co.jp/nihontoutowatasi.html



>>63
リンク先読んでないけど、製法は書物として失われることは無いと思う。
でも、作ったことのある人は無くなるかも。
需要が無いからね~。
俺が仮に作る技術があっても、買ってくれる人がいない。
となれば、あんな大変なものを勉強や後学のためだけに、
技術やノウハウが蓄積するほど作るのは事実上無理。

事業仕分けもいいけど、日本の文化保存にも目を向けて欲しい。
特に理屈や製法だけでは伝わらない「技術」の保存。
刀が日本の文化の一翼を担っていることは誰も否定できないはずだぜ。
日本=サムライ=刀は世界の常識。




65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:02:38.33 ID:WG5tjokU0
刀一本作るのにどれぐらい時間かかるの?


>>65
ペースは人それぞれだからなんとも言えないけど・・・
とりあえず作るなら3日あれば出来るでしょ。
発注をもらった場合は、最短一週間。通常一ヶ月だろうね。




66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:04:59.75 ID:GSszdoSb0
刀じゃなくて刃の幅が広い斧作って欲しいんですがそういうのって受け付けてますか><


>>66
俺は現役じゃないwww
斧か~。
作って作れないことは無いけど、刀鍛冶としては作りづらそう。
斧みたいなのは焼き入れに水だと割れそうで怖いから、油使うかな。




107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:54:11.16 ID:GSszdoSb0
あー、やっぱり斧みたいな野良仕事道具と刀鍛冶とは分野違ったか、トン
しかしできないこともないならふむ金か



>>107
斧だと切れ味よりも破壊力だよね。
スパッと切る力じゃなくて、叩き割る力。
そうなると、折り返しを考えずに比重の重い金属を真に入れると、
叩き割る力は増すかも。
そうやって作刀の勉強につながると考えてくれる熱心な人がいれば、
研究の延長で作ってくれるかもね。




110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:59:12.44 ID:JcgSyOlF0
>>107
てーか斧みたいな用途には向かないと思うけど
ああいう蛮用してたらすぐ刃が欠けちゃうでしょ
果物ナイフみたいな刃を斧につけても使いづらいのと同じで。



>>110
斧のような物を作るなら、俺なら作り方を変えるな。
前に書いたと思うけど、焼入れを油でするってことは、
必要以上に刃を硬くしないってことなんだ。
硬く切れるものより遠心力が付きやすくて、
何度も叩き割れる物を作るだろうね。




67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:05:50.05 ID:GfabmsSNP
今、実用に一番近いというか物を切るのに使ってるのは居合道の人位じゃないのか


>>67
使う人はおもに3パターン。
剣道関連の人の演舞。
②怖い人たちの出入り用。
③趣味で買ったけど、我慢できなくて近くのもの切っちゃう人w




69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:14:14.51 ID:GfabmsSNP
新羅だたらが入ってくる前のスズを使った野だたらって600度くらいで出来るんで
青銅よりも低い温度で鍛えれるから青銅器以前か同時期にも
日本土着の鉄器文明はあったけどその作り方だと酸化しやすいせいで現物が残ってない

みたいな話を聞いたことがあるんだけど、これってトンデモの類の与太?



>>69
その時代の鉄ってスグ曲がったんじゃないかな?
鉄は炭素量で高度が変わるんだけど、
焼き入れや鍛造はこの炭素量を調節して高度を増す作業なんだ。
単純に実践に耐える物が出来なかったんじゃない?
と歴史を知らない俺が語ってみる。




70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:14:49.06 ID:vO1j3JUt0
貴重な刀剣が米軍に分捕られちゃったんだっけ?


>>70
それは問題になった。
そういう「流言」が流れたことがね。

「GHQが金属不足のため日本刀を回収して回ってる」と噂が流れて、
包丁や鎌などの生活用品に打ち直したり、
土中に埋めて使い物にならなくなったり、
果てはGHQに奪われるくらいならと海に捨てたり潰したりする人がでた。

実際GHPが没収した刀もあったけど、全て日本政府に返還されたはず。
ちなみにそれを刀剣業界では「赤羽刀」と呼びます。

流言と言う言葉を使ったけど、
「ありもしないホラが流れた」と言う意味ではなく、
没収騒動が治まった後も刀を潰したり隠す人が後をたたず、
国内の日本刀総数がかなり減ったって意味ね。




72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:17:26.85 ID:dpKsHjX10
昔の技術に近づこうとしたらやっぱり人で試してみたいと思う?


>>72
俺は人を切りたくて弟子入りしたんじゃねぇw
でもそう思ったことが無いとは言えば嘘になる。




73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:18:01.99 ID:hPYfseDq0
客層はどんな感じですか?


>>73
興味本位で見学に来るのは老若男女だけど、
買いたいという人はやっぱりご高齢の方が多いだろうね。

退職金で念願の日本刀ゲット!なおじいちゃんや、
戦中の写真を持ってきて「これと同じものを作ってください」と言う
おばあちゃんもいたそうな。
妥当な線だと地元の有力者や後援会的な所から、
鍛冶場開き祝いだったりで発注が来る。

これを言うと身ばれ・・・だけど今夜の俺は行くとこまで行くよ!
インフルエンザ神が「これはお前にしか出来ない仕事だ」って囁くからね。

「米軍関連」の方が来てましたね。
売れねぇって言ってんのに、あの押しの強さは何だろうね?




76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:22:55.49 ID:t40ZZu7a0
なんだただの中二病か


>>76
このレスは大切だよ。
中二病で興味を持つのは大いに有り。
でもそのノリで弟子入りはお勧めしない。

刀作ってる俺カッケェェェェ!!!
って思えるのは最初だけだから。
そのうち「俺って独立できるのか?」「独立しても食っていけるのか?」
「独立費用どうやって工面しよう」「一生独身じゃねぇの?」
などなど悩むこと請け合いだよ♪




78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:23:31.97 ID:GSszdoSb0
こういう気持ち悪いガキが刃物を殺す


>>78
刃物を殺すって言う表現はともかくとして、
中二病でも良いから免許取得までいける弟子入り、
刀を買ってくれる人が増えて欲しい。
ほんと~~~~に貧しい世界だから。




85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:28:27.99 ID:MvxDEICi0
やっばり岐阜県関の刀って有名なの?


>>85
一般では刀と言ったら関でしょ。
こっちでは研ぎだけど。
んで「たたら」の島根。




89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:31:25.74 ID:hgOTxMig0
正直日本刀って鉄打って形整えてるだけなのになんであんなに固くなるのか分からなかったな
しかも江戸辺りの技術が失われてるってのも知った時は驚愕した



>>89
刀を「鍛える」って言うのは、真っ赤になるまで熱して叩くこと。
そうすると火花みたいなのが散るよね?
あれは鉄の不純物が飛んでるんだ。
つまり鉄としての純度が上がっている。
学術的には世の鉄の多くが鋼と言えるかもしれないけど、
「純度の高い鉄」と「鋼」は違うんだぜ。
たたいた感触が全然違う。

ココでまたマメ知識。
鋼=はがね=刃金。
鋼の言う語源は刃物に使用することから来てるんだぜ。

刀を鍛える時に熱して「叩く」鍛錬がもちろん基本だけど、
折り返し」も大事だね。
イメージとしては、伸びる繊維を何度も延ばして折り返して(たたんで)また伸ばす。
繰り返してると網目状の細かい縦横の繊維の「層」が出来る
こうやって繊維同士を絡ませることによって、より強く粘りのある鋼と化すのです。

あくまでイメージね。




92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:34:47.37 ID:cbt95/Rw0
今ってほとんどエアハンマーじゃないの?


>>92
エアハンマーって空気で打つのかな。
それって手に感触帰ってくる?
だったら流用できるかもしれないね。
正確には9年前に鍛冶場離れてるから、その間に入った物なら知らん。

でも、そんな設備を買える刀匠はそうそういない。
よって今新規で機材買うならと言うなら分からないけど、
鍛冶場の「ほとんど」でと言うのなら、お前は間違ってると断言できる。




150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:57:24.14 ID:cbt95/Rw0
>>132
>エアハンマー
お前自分で機械を使うって書いてるだろ
それをエアハンマーかスプリングハンマーって言うんだよ



>>150
おぉ、そうなのか。
そういう必要ない知識は知らん。
ペダル踏んで力の強弱が付けれるハンマーだ。
俺にとってはそれ以上でもそれ以下でも無い。




94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:37:36.27 ID:jnETxRbD0
京都の有次ってスゴい店なの?
今一緒に住んでる友達がそこで働いてて、台所に有次の包丁が五本くらいある



>>94
知らんからググって見た。
包丁で有名みたいだね。
道具として包丁を作るのと、刀を作るのはまったく違う話。
被る技術は多いけど前者はオートメーション化されてたり、
一点物を作っている意識は希薄だと思う。

どっちが上とか下じゃなくて、違う職業であり技術、作業であると言うこと。




98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:43:41.17 ID:jR1NWEtH0
刀匠って刀身以外の部分も含めて一本全部作るの?


>>98
あくまで刀身のみ
荒くは削るけど、本研ぎは研師の仕事。
今は美術品の側面が強いから「化粧研ぎ」と言ってピカピカに磨くからね。

鍔や鞘、鞘、鞘の紐巻き、鞘の漆塗りなどなど、
全て外注となっておりまする。

刀子は刀工が作る。
昔の小道具で、今で言う小型のカッターナイフみたいなの。
漫画で鞘に小さなナイフが付いてて、
投げクナイ見たいに敵の手首に投げたりするのあるでしょ?あれ。
草鞋の鼻緒を直したり、荷物の紐を切ったり何かと重宝したらしい。




100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:44:55.53 ID:JcgSyOlF0
いまの刀匠ってどういう造りでやってんの?
四方詰めとか甲伏せとかあるみたいだけど



>>100
基本は甲ぶせ
四方詰めで作ることは少ないと思う。珍しいこと知ってんな。
四方詰めは難しいぜ。俺じゃまず無理だな。
反りの調整がしづらいのと「なまり」やすいんだ。

今刀を作るって行ったら甲ぶせと思って良いと思う。




103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:47:19.15 ID:zRlLDqZ/0
家に伝わってる薙刀の刃と脇差を白鞘に仕立て直した(元の鞘などが痛んだため親父が交換)
のがあるのだが、少し刀身に錆が出てるんだけどアドバイスが欲しい。
それと鞘とかの仕立て直すとどの位費用かかりますか?



>>103
手入れの油は何を使ってる?
椿油が良いと思うぞ。
慣れてないなら注意点は、油全部拭くなよw
油膜を作って保護するんだからな。

鞘は恐らく5万~8万位じゃないかな。
貧乏で困窮してる人ならもっと安いかもwww

薙刀は形状が分らんとなんとも言えん。
基本的には鍔元(刃の根元)より刃先が広いタイプだと高いと思って。




104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:50:33.84 ID:REAAbEqHO
>>1がなんでやめたのかと今どんな職業についてるかkwsk


>>104
両親が交通事故にあって実家へ強制送還

今は独立していくつか会社作ったんだけど、
俺がメインで動いてた会社は不景気で店じまいしようかと思う。
でも他の会社からお金は入る。生活は困らない。
俺何がしたいんだっけ?
刀とか作ってた時は、やりたいことを自分の意思でやってるから
辛いことも嬉しいこともみんな楽しめたな・・・

なんて思ってて前スレ見つけて書き込んでみた。
もちろんインフルエンザ神のお力あっての出会いw




106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:51:41.68 ID:N1DpKlGb0
短刀に興味あるんだけど、打ってもらうとなると普通の刀と比べて安くなるの?


>>106
守り刀って言って、20~25cmくらいのなら30万くらいで買えるよ。
しかも拵え付きで。(守り刀だから鍔はないけどね)

新作で作ってもらうとどうだろうなぁ・・・
長物と比べれば当然安いよ。
刀身だけじゃなくて拵えも全て安くなる。
でも新作で刀身30cmの物作ってもらったら、40万くらいかかるんじゃね?




108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:55:13.20 ID:JcgSyOlF0
結局、古刀は無垢鍛えでも強かったんだろ
鉄の質が悪いからイロイロやってたわけで。
普通に何度か鍛えて焼き入れしてマルテンサイト出せば十分じゃないの
そりゃ芸術的な美しさを作るには職人技必要なんだろうけどさ



>>108
焼入れはマンテルサイトを作る作業だったのか!
この用語は初めて聞いた。トンクス。

昔は混ざり物が多かったのもあるけど、
古い刀や折れた刀を潰して再利用することが多かったからだと思う。
でもな、今のようにそもそも混ぜ物が少ない純度の高い鉄から作っても、
折り返し鍛造を繰り返した鋼は圧倒的に「粘りがある」ぜ。




109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:58:10.16 ID:h4KjgD7c0
おお、ちょうど今日初台の刀剣博物館に行ってきたところだ。

新しい、というか現代の刀って
綺麗だけど年代物の刀に比べて凄味がない気がした。

全くの素人の感想ですまぬのだが。



>>109
主観に素人も玄人も無い。
俺は芸大出(実際は中退w)なんだけど、
見た人が何も感じなければどんな高尚な美術品であっても、
その人にも何の価値も無いんだよ。

だからお前の目に魅力的に映らなかったなら、
その刀には魅力がなかったんだよ。




113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:04:11.14 ID:ev8Rj9qW0
刃の幅が60mmぐらいあるマキリみたいな小刀作って欲しい


>>113
マキリ分からんからググって見た。
直刃の小刀やね。
ただ身幅が60って何に使うんだ・・・

まぁ、依頼すれば普通に作ってくれるよ。
刃長が10cmで良いなら、
自分で作らせてくれるところに行くと愛着沸いて良いかも。




114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:04:32.12 ID:zfiaQYSx0
>>1の今の仕事が気になる


>>114
業務内容は、やっぱりちょっと特殊だから勘弁して。
みんながやらないこととか、逆張りが好きな性格らしく、
起業までそういう影響が出てる気がするwwww

他には、元従業員や知人に出資して作った制作系会社とかがある。
ブライダルで1つ。アダルトで1つw。




117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:07:05.38 ID:qqwmWNVm0
制 作 手 順 を 一 か ら 教 え て


>>117
これは長くなりそうだから、飯食いに行ったのは否定しないw

数日にわたる作業も、一日の流れで見ると分かりやすい
と言うわけで、後でまとめるから刀匠の一日と刀の作る流れで行くよ。
(一日の流れは鍛冶場で多少違うかもしれない)

5:30:起床
6:00:筋トレ(丸太を槌で左右100回+α)
    これが師匠の目覚ましベル
6:20:火床に火を入れる
    炭に火をつけ暖めておく
    火床は暖かいから、夜猫とかが忍び込んで寝てる時がある
    よく見ないで火をつけるとアーッ!
6:30:炭切り
    鍛造に使う炭を細かく切る
    炭は大体20cmくらいで来るから、5cm各くらいに切る
    ①まず横に半分
    ②縦に割る
    ③もう一回縦に割る(4分の1にする)
    ④5cmカット
7:00:爪の中から鼻くそまで炭で真っ黒になってるから風呂
7:30:NHKとか見ながら朝食
8:30:雑用
    炭小屋や火床の周り掃除
10:00:作業開始
    炭を大量投入しがんがん沸かす
    フイゴをがんがん吹かす
    目安は・・・肌で感じろ!
    大体炎が緑になるまで
10:10:①地金作り
     約50cmくらいの棒の先に10×20cmほどの板をくっつける
     これが土台になる
10:15:②積沸かし
     前もって焼入れして硬くしておいた鉄を細かく(これを「へし金」と言う)
     良い鉄と普通の鉄、刀を潰した再利用の鉄を混ぜて乗せる
     よ~く熱したら、最初はこんなに弱くて良いの?って位そっと叩く。
     叩くって言うよりは抑えるような感じ。
     一回では終われないから、途中でまた炭に突っ込んで熱する。
     何度か繰り返して固まってきたら次の段階へ。
10:45:③下鍛え(折り返し鍛錬)
     今度は思いっきり叩く!
     叩く強さと場所は師匠が教えてくれる
     相槌全開
     鉄が延びたら出刃包丁みたいな器具を当てて上から槌で打つ
     そこに切れ目が入るから、切れ目で折り返す
     流派で一文字や十字などやり方は変わる
11:30:④上鍛え(折り返し鍛錬)
     ここが刀の製造法で大きく変わってくる
     ここでは俺の火事場でやってた甲ぶせで行く
     【甲ぶせ】
      心金を皮金で包み込む
      パーツは2つ
     【四方詰め】
      心金を側金×2、刃金、棟金で四方を積める
13:00:⑤鍛接
     皮金を大きく打ち延ばして心金を包む
     U字にして窪みから心金の板がはみ出してるイメージ
14:00:⑥素延べ
     刀の硬いに打ち延ばす
     この時に、皮金が刃側に伸びすぎて心金を覆わないように注意
15:00:⑦火造り(ここうろ覚え、違う名前かも)
     葉を薄く、背を厚くする
     断面が3画になるように叩き延ばす
15:30:⑧空締め
     手作りのカンナで表面の不純物を削り取ると同時に大体の形を整える
     このとき使うかんなは -⌒- こんな形で「内側」に刃が付いてる
     引く時に力を入れて、ガリガリ削りましょう
16:00:⑨生研ぎ
     カンナをかけた際に出来た傷を取り除くための研ぎ
     藁灰をたっぷりつけて温度が下がるまで寝かせます。
17:00:⑩土置き
     全体に土を塗る
     刃に薄く、鎬に厚くが基本だと思う
     この土には鉱物や藁炭などが練りこんである
     土を塗ったところは温度低下が軽減される
     これで堅さや反りを調節するんだ。
     そしてその土の塗り方や地金と刃の付け方によって、波紋は発生する
     偉い先生はココしかやらないひともいr・・・
17:30:⑪焼き入れ
     刀を焼いて、十分な温度になったら水に突っ込む
     この時に注意するのは光と湿気
     湿気がそこそこ有ったほうが良いということと、
     外光が無いことから夕方~夜やることが多い
     鉄の色で温度を判断し一気に水につける!
     水の温度と、水へ入れるタイミング、出し方は秘伝
18:00:⑫焼き戻し(「合取り」とも言う)
     一気に冷却されて硬くなった刀を再度加熱することで「ねばり」が出る
18:30:⑬鍛冶押し
     刀の反りを修正し、全体の形を再度専用カンナで荒削りする
18:45:⑭ナカゴ仕立て
     鞘の中に納まる所を作る
     カンナでガリガリ削って形を整えて、目釘用の穴を開ける
     目釘って言うのは、鞘とナカゴの同じ場所に開けた穴に挿す木製の留め金
19:00:⑮下地研ぎ
     今度は砥石を使って形を整える
     研師は形を変えずに研ぐから、ここできちんと形を整えておく必要がある
19:30:⑯銘きり
     ナカゴに名前を彫る
     この時掘るのは本名ではなく刀匠としての名前
     見えないところに入れるのが粋
     ・・・ではなく、何度砥いでも消えないところに掘る
20:00:仕事上がりのビールが上手い!

途中書き忘れたけど、作刀の重要アイテムに「藁灰」がある。
これは文字通り藁を灰にした物。
藁を炭にせず灰にするのは慣れが必要。
鉄を叩いて日に入れるたびに、この藁灰を全体に付けてから火に入れる。

炭きりと藁灰作りが弟子が最初に覚える鍛冶仕事。

思い出しながら一気に書いたから、細かいところ違ったら勘弁して。




177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 20:21:15.03 ID:CxpAlvbk0
あれ…これだと一日で刀一振りできちゃわないか?
一月掛かる時とか、どの辺に時間掛けるん?



>>177
> 数日にわたる作業も、一日の流れで見ると分かりやすい。
> と言うわけで、後でまとめるから刀匠の一日と刀の作る流れで行くよ。
> (一日の流れは鍛冶場で多少違うかもしれない)


俺の補足が分かりづらかったかもしれんな。
まず作刀の手順としてまとめるためにも、一日の流れとしたんだ。
時間配分とか適当。鍛錬とか一日中ぶっ叩いてるぞ。

でも、「刀を作ってる時間」だったり、焼き入れの時間帯は合わせてる。
作刀の流れと、刀鍛冶がどんな感じでやってるか感じてもらえたらな~と思ったのさ。

実際は一日で一本とかありえんw

>>207の補足。
実際の制作日数は作業が被るところで、
別の材料も作ることが多いから一概には言えない。
(へし金、小刀、その他作刀道具など)
甲ぶせで4~5日かな。
四方詰めは作ったとこ見たこと無いから分からんけど。
作るパーツが多くなる=別々に鍛錬しなければいけない。
だからもっと時間かかりそう。




209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 21:59:14.01 ID:eSvnbUdQ0
やべえ寝る前にこんな浪漫溢れるスレを見つけてしまった
刀匠の一日とか知りたくても知れなかったよ、ありがとう



>>209
そういってくれるのは嬉しいが、
>>167~>>174は刀鍛冶の一般的な一日じゃないぞ~~~
刀を作る一連の流れを、鍛冶屋の一日になぞらえたんだ。
刀作る内容のところを、各作業で一日終わったり、
展示会の準備やお客さんの相手、お買い物に行ったり、お昼寝したりに置き換えてね。




118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:11:02.90 ID:QlVoAoTD0
珍しい職業のスレが立ってるなw

>>116
アメさんが刀欲しがったの?



>>118
戦後GHQが刀の回収を行ったのは事実。
これは氾濫を恐れてのこと。
でも初めてまもなく「日本人が氾濫とかねぇなw」ってことで、
スグに中止&返却を申し出る。
でもどの刀が誰のかさっぱり分からんから、赤羽に所有者不明で現在も保管されてる。
そのためこれらを「赤羽刀」と呼んでいるのである。




119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:11:26.04 ID:vOAE/A8s0
完成したら試し斬りとかやっぱするの?


>>119
今は基本しない。昔はした。
斬首刑や戦場から持ってきた死体を胴が重なるよう積んで、
何人切れるかとかやったらしいね。

今は化粧砥ぎって行って片玉金属棒(通称、金玉)でピカピカに磨いちゃうんだ。
本気で切れ味上げたいなら、最後に荒い砥石で一磨き。
刃がかかってこそ切れる。

俺は全国300人いる刀匠さんのほとんどを知らない
実際には人手に渡すに当たり、
クオリティーチェックの意味で必ずするって人もいると思う。




120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:11:31.85 ID:5FdlNmRN0
赤羽刀は政府には返されたけど持ち主には返されてないのが多いんだよな

日本刀の刀匠って儲けにならないから金持ちの道楽みたいなもんって聞いたけどホント?
製作期間からして高くても一振り100万て安いよな



>>120
単純に持ち主分からないからね。
美術商なんかで赤羽刀って出回るのは、
「俺適当に嘘ついて、変換の時にくすねたんだぜ!」ってのか、偽物w




122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:13:20.47 ID:ANUp3Vb90
聖剣の刀鍛冶って知ってる?


>>122
聞いたことはある。
アニメになってるんだよね。
刀鍛冶のアニメ?面白いのかな?
丁度寝込んでるし、DVD借りて見てみようかなぁ。




124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:15:22.34 ID:fHNFtD8ei
血を使うと強くなるの?


>>124
中二病全開なら強くなるんじゃね?
でも昔は願掛けでそういうことやったことあるってのは聞いた。




125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:17:18.44 ID:GSszdoSb0
10年やってから普通の会社に転職したようだけど
転職難しくなかった?



>>125
だから作刀免許持って無いって=5年以内。
そういえば期間かいてなかったな、正確には2年弱だ。
転職はすんなり行った。
ある会社の愛○万博向けの事業メンバーに引っかかった。
上手いこと刀作る前にやってた仕事がかみ合った。
ラッキーボーイ♪




126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:20:59.19 ID:wIrvlOvC0
日本刀と同じように、曲刀シャムシールやシミターなんかも同じように作れる?
日本刀の作り方で作れるかって事ね。



>>126
シャムシール、シミターの定義による。
刀は玉鋼鍛造品以外は、刀と定義されない。
同じ形の刃物を、刀と同じ製法で作ることは可能だろうね。




128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:21:45.57 ID:tHFZMWE40
これ友人の形見なんだけど
どうにかならないかな?
やっぱ研師に持って行った方がいいかな?


s-659200.jpg



>>128
形見か・・・あえてまじめに答えるぜ。
さびが浮き出てるね。しかもピンポイントでw
鉄ならホームセンター行って砥石で磨け400番くらいから行け。
ステンレスなら工場持って行け。
表面の模様はなくなるけど、形見が綺麗になるなら本望だろw





>>128
クラウド乙www




130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:24:12.41 ID:UIMg4Od20
いくつか刀の名前教えて


>>130
恐らく現代の刀の名前言ってもピンとこないだろ?
名刀はググレば出てくる。
俺がせっかく出張ってるんだからもっと玄人っぽいこと聞きたいんだろ?
拵えの名前を教えてやろう。
こっちのほうが俺は好き。
興味があったら拵え(こしらえ)でググレば色々出てくるかも。

【黒呂塗龍堆錦出鮫合口拵】
黒漆塗りの鞘で龍の堆金が付いてる。
柄は鮫皮で拵えてある合口=匕首。
(金で龍が書いてあるってことね)




190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 20:42:15.12 ID:GfabmsSNP
>188
じゃあ黒作懸佩太刀だったら
どんな拵えになんの?



>>190
漢字の意味が分からんな。
黒の漆塗りなら黒呂塗り。
○○な飾りや化粧があって、鍔がこんなんで、
柄はこういう素材で紐はこういうものをこういう巻き方した。
最後にこれは太刀ですよって言うのを古語に用語混じったような名前になる。




135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:31:11.04 ID:Ua2Ca0Y70
年収は?


>>135
刀鍛冶の頃はもちろん0

弟子として売り上げに貢献していると一番時間したのは・・・
道路を工事でアスファルト掘る掘削機あるでしょ?
ミスタードリラーが使ってる奴のドリルじゃなくて、
鉄のとがった芯が上下して掘るタイプ。
台風が過ぎた後は道路工事で大量に掘削機が使われて、
先が丸くなった掘削棒が運び込まれてくる。
それを適当に叩いて尖らせて、油で焼入れして一本確か2000円。ウマー

仕事しなくても家族がご飯食べていける。
上記でもまた特定要素が出てきたから詳細は伏せとく。




140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:37:48.18 ID:GfabmsSNP
踏鞴場に神棚あったりする?
天乃御影命とかあのへん
職能固有の神事とかしたりしない



>>140
当然のようにあるだろうけど、何を祭ってるかまでは知らない。
刀匠は神道、仏教ともつながってる人が多い。
仕事上の人もいるけど、信心深い人も多いと思う。
若い弟子は知らん。




141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:39:10.68 ID:GSszdoSb0
ダマスカスについて一言


>>141
ダマスカスは銃夢で知ってて、同じ質問を師匠にしたなwwなついwwwww
火事場の人にダマスカスって言っても通じないよ。
ウーツ鋼って言いましょう。
ダマスカスって言うと複合物って言う人もいるけどそれは違う。
確かインドかどっかで作られてた金属で、
200~300年前に製法が失伝して現在の技術でも再現出来ていないはず。
物があるのに現在の科学でも再現できないって、
アナログも捨てたもんじゃないな。




144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:44:02.26 ID:T1lpRKmGO
守り刀とか欲しいけど保管場所に困りそう


>>144
守り刀なら大きくないからショーケースでいいよ。
強化ガラスで鍵つきにすればおk

なおかつそこに鉛とか仕込んで、持ち運び困難にすれば尚可。
新作の申請でも通るでしょ。




146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:44:44.66 ID:vOAE/A8s0
メンテとか必要なの?欲しいけど月一で手入れしなきゃとかだとめんどい


>>146
メンテ=手入れは環境や地域で変わる
沿岸沿いや塩の強い地域は錆も出やすいから週一。
そうじゃなくて湿度が高いなら月一。
乾燥地方なら2ヶ月に一回でも錆びないんじゃないかな。

ただ、出来れば週末に手入れしながらニマニマしてるくらいの方が、
刀と言う高価な嗜虐品を買うにはちょうど良いと思うんだぜ。




148 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 18:52:07.00 ID:CxpAlvbk0
好きな刀匠っている?


>>148
【宮入行平】
 宮入行平一門筆頭。人間国宝。
 1977年に亡くなられてます。

【真鍋純平】
 この方のサイトでは生々しい、刀鍛冶の実像が語られてます。
 私の師匠の兄弟子に当たる方で、メールのやり取りですがご助言など頂きました。
 刀に興味のある人は覗いてみよう!

http://www.eonet.ne.jp/~sumihira/00home/home.html

【兼浜清周】
 宮入一門。沖縄在住。
 沖縄はご存知のとおり「琉球」と言う元々日本とは違う国。
 そこに日本刀文化を持ち込んだ方。

http://www.h5.dion.ne.jp/~kaneru/




151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 19:00:14.63 ID:i2TAzIo80
日本刀って芸術品と同じで振ったりしないの?


>>151
芸術品だから振り回したりしないの?ってことかな。
芸術品だろうがなんだろうが、振り回して良いもんじゃないよなw
模造刀でも通報されかねないのに、真刀だったりした日には路上ならタイーホだ。

質問とずれてたらスマン。




152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 19:01:04.75 ID:p4B+oktR0
宿泊費と指導料って一週間分か?
奉公してる間ずっとだったら今の貯蓄じゃたらん……



>>152
奉公してる間ずっととか、刀匠の徒弟制度崩壊するわw

まずは自分が続けられるのか。
想像と現実の違いやギャップを飲み込めるのか。
師匠もお前を弟子としえ受け入れられるのか。

これをお互いにお試し期間として、
一週間くらい住み込みで勉強させてもらったらどうだって言う意味。
実際に弟子入りするにしても、最初の1ヶ月~3ヶ月。
長いと半年は弟子登録しないぞ


前に書いたけど作刀免許持ちの元で5年間修行しないと、
作刀試験を受けることは出来ない。
この「5年間」って言うのは、師匠が「今日から弟子取ったんで登録よろしく」って、
国に登録申請することでカウントが始まるんだ。
登録申請日からのカウントなのか、
何日から弟子入りしてるよって遡ってカウントしてくれるのかは知らん。




169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 19:55:56.59 ID:5F++A8ct0
暇な時に刀剣図鑑開いてニヤニヤしている俺にとってはたまらんスレだ


>>169
当時は世界中の刃物を作ってみたかった。
性質や用途の違いは別としても、日本刀の製造技術は非常に高いと思う。
なら、海外の刃物で日本刀の製造技術がマッチする物があるんじゃないかってね。

中世の武器も作ってみたかったね。
展示会で「ここにある武器は全て殺傷能力があるのでお気をつけください」とかw

でもヨーロッパ系の剣がすきなんです…ものすごく多様で
ヨーロッパの剣って半分鈍器だけどね
クレイモアマンセー




165 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 19:36:21.75 ID:bG6IVrlY0
昔、○人切りっていう有名な逸話があって、よくクイズ番組でそんなに切ったら日本刀は折れますとかやってたんだけど

172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 20:10:53.09 ID:QLKQP+TfP
>>165
確か最高が5人切り



>>172
ココに関しては正確な資料があるんだぜ。
当然だよな。人切って試してたんだもん。
なのにどうして訳の分からん説が飛び交うのかが疑問だ。

まず前提が必要。

【戦場】
 砥がずに20人以上殺した刀は山のようにある。
 何故なら、鎧を着ている相手を殺すには、
 ノド等の急所を「切る」か突くのが確実だから。
 脇やノドは切っても血油なんかそう付かない。
 そして、鎧の上から叩き切るのは切れ味多少落ちてても関係ない。
 重量で叩き割るんだよ。ドタマ勝ち割るの。

【野試合?】
 野武士や素浪人同士の切りあいかな?
 帷子も傷に切りあうのは決闘とか辻きり、上記に襲われる側だね。
 この場合でも振りぬく腕があって、首や腕なら10本いけるかいけないかじゃね?
 胴を袈裟懸けで、体内で刃が止まったりしたらもっと減るだろうね。

戦場でも野試合でも刀が欠けた、折れたら倒れてる奴のを使うのが普通だったらしいよ。

刀で何人切れるかだけど、↑で書いたのは十分な切れ味を保てると言う観点ね。
切るだけならちょっとやそっとの血油ついてもいけるよ。
その為にも戦場に行く前にはさっと荒い砥石で研ぐ。




173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 20:14:20.09 ID:QLKQP+TfP
刀なんて骨董の分野で少し需要あるだけじゃね?
今時の刀を買い求める客なんて皆無だろ



>>173
皆無ではない。でも非常に少ない。
どれくらい少ないかは・・・全国にたった300人しかいない
作刀だけは、家族を養いつつ、弟子を育てることは出来ない。

俺は刀剣業界はもっとオープンにと言ったけど、
かと言ってこうしたら業界が上向くって言う案も無いのは正直なところ。
無茶な話でも良いからみんな好き放題書いてくれ。
面白い話し合ったら、刀剣協会に嘆願書なり企画書書いて持っていくよ。

企画書は仕事でお任せだし、
ほら・・・これからの人生まだ決まってないからwww

ちなみに刀剣協会って言ってるけど、
正確には「日本美術刀剣保存協会」な。




208 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 21:58:02.40 ID:CxpAlvbk0
今は情報化社会っつーか、やっぱ広告が強い社会だからな…

時代劇とか、結構視聴率取ってるじゃん? 坂本龍馬ブームらしいし
時代劇の中か後の2~3分枠を使って、古今東西の刀匠の話を紹介するとかさ
その予算がどこから出るのかが問題だがw

NHKの大河ドラマで刀匠の話とかやってくれりゃ、「○○紀行」とかで勝手にやってくれるんだがなー



>>208
刀鍛冶ってぶっちゃけ地味なんだよな。
物語として脚色すれば、ドラマ性は出るかも知れんけど、
格式とか伝統を重んじる世界だから、協会から何処まで協力が得られるか疑問。
かと言って刀匠個人を当たっても、
業界でハブられるのを恐れて先に刀剣協会なりを通すように言いそう。
一度目を付けられたら、作刀会では二度と入賞できないとかありそうだもん。

刀鍛冶自体はNHKやローカルでドキュメンタリーだったりは定期的にやってるよ。
ただ、それだけでは中々業界の活性化まではつながらない。
こればっかりは一朝一夕では行かないね。




176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 20:15:18.29 ID:qqwmWNVm0
>>173
金があったら一億本買う



>>176
一億本と言わずに、まずは一本短いので良いから買うと良いんだぜ。

俺がこれを言うのは何だけど、趣味で高い刀を一本100万で買うなら、
部屋改造して武器展示室みたいにして3~5万模造品で出来のいい奴を
一杯並べた方が嗜虐心は満たされると思う。

刀を買うってことに高いハードルを設けたくないんだけど、
実際凶器にもなりえるし、良く考えて買って欲しい。
でも沢山の人に刀を買って欲しいとも思うこの矛盾w




182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 20:28:03.31 ID:sy8GmEeT0
このスレには聖剣の刀鍛冶のルークに憧れている奴がいるはずだ!!


>>182
ルークを調べるついでに「聖剣の刀鍛冶」かじって来たぜ。
俺はきっとこのアニメは見ない方がいいと思う。
きっと現実のとのギャップが目に付いて楽しめないと思うんだ。

17歳で打てる程度の物に聖なる力が宿ってもたかが知れてるだろwww
まず腕力足りねぇよ。
刀の鍛錬には純粋な腕力=叩く力も必要と言うことだ。




214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 22:11:35.52 ID:LSOd8L9h0
所詮ラノベ>聖剣の刀鍛冶
妄想八割で出来た世界ですよ



>>214
否定してるんじゃないよ。
俺も漫画は1000冊は楽に持ってる。
独立する時に3000冊売ったにまた増えたwこれは病気だねwwwww

妄想だろうが、ファンタジーだが良いよ。
そこを入り口に興味を持ってくれる人が増えればそれが一番だ。
俺はこういう考えだけど、お堅い人たちはその存在自体を否定して、交わろうとしない。
一緒にするな!と叫ぶんだ。

そういうところはもっと柔らかくしていいと思う。
どこぞの刀匠が鍛冶場で萌えマスコットで露出しても良いと思う。
だって鍛冶場は鉄火場だぜ?どんなにうわべを弄っても、
鍛冶の辛さは変わりようが無い。
そこで育つ人間は、刀匠の本質を備えて卒業していくと思う。

個人的には刀鍛冶と萌えキャラって、かなり相性良いと思うんだけどなぁ。




186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 20:34:52.08 ID:dpKsHjX10
殺陣とか見るのスキ?


>>186
殺陣とか時代劇も、上記と同じ理由で見ない。
あまりにも現実離れしすぎてて楽しめない。
上手い例えじゃないかもしれないけど、
すごく大げさに言うと拳銃で100m狙撃狙うような違和感。




191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 20:44:39.00 ID:TJc9r2RQ0
そもそもどういう人たちが買っていくんだ?


>>191
・純粋に刀が欲しい人
・刀を持ってる事でハクを付けたい人
・税金対策


この3パターンがメインじゃね。




198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 21:13:16.38 ID:KdrUn7+20
にらぎ鬼王丸っていう刀鍛冶の漫画があるんだが。
隕鉄で刀を作りたいと思った事ある?
未知の金属で刀を作りたいっていう願望



>>198
今ヤンジャンで登山満が書いてる人の作品だな。
ネカフェで見たこと有るけどスルーしてた。
鍛冶漫画だったのか。
今度読んでみるよ。

隕鉄で作刀することは今もある。
ただ、隕鉄は高いんだよ。
だから、奉納用だと思っていい。

隕鉄は未知の金属じゃないけど、俺はそういう欲求はなかったな。
って言うか、そういうこと考えたことなかった。




200 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 21:18:01.39 ID:GSszdoSb0
人間国宝レベルになると年収一億くらいく?


>>200
人間国宝、重文クラスの方の新刀で300万(白鞘)。
これは実際の取引価格。

残念なことに重文クラスの方は、お年を召してることが多い。
鍛冶場で最初から最後までたつことが少ない。
よって、土置きや焼入れ、銘きりだけをされる人が多くなってくる。

体力的な問題はしょうがないと思う。
でも、そうじゃなくて、サボってるとかでもなくて、
慣習とでも言うか体力以外の理由も有るんだ。
そこは察してくれ。




211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 22:02:04.46 ID:+CRgOklkO
ヤフオクやビッダーズ見てると出自の怪しい刀が勿体振って売られてるけど、1は真贋見分けられる?


>>211
試しにアドレス張ってくれれば見るよ。
物によるけど、それなりに鮮明な写真があれば見分け位は付けれる自信ある。
でも、鑑定=値踏みまでは難しいかもしれん。
刀のバランスや「ねじれが無いか」。
表面の表情や色気は生で見ないと分からん。

悪質だと無名=銘を切ってない刀を持ってきて、
高名な刀匠の名前を後彫りする業者があるから。
銘は「掘る」し、ナカゴに切るから砥げない砥が無い磨かない。
そういうのは見れは大体分かるよ。




212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 22:07:33.75 ID:wIrvlOvC0
日本刀買いたくても高いんだよね
作業工程と技術とかの話を見てて高いのも良く分かるけど。
売ってる店を見ても何故か胡散臭い感じがするのも嫌。
刀は好き。



>>212
そういう人がそれでも欲しい時に刀匠を尋ねる

買うために来たわけじゃないけど、
色々話をしながら作刀風景を見ているうちに我慢できなくなる。
そうなると本人も本気でお財布勘定し出す。
こっちも予算内で何とか良い物を作ろうとする
長物にするのか、脇差サイズにするのか短刀にするのか。
白鞘にするのか拵えに力を入れるのか。

そうやって「良い仕事」は生まれるんだぜぃ。




220 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 22:29:28.88 ID:rGsulncGO
模造刀でも形だけ似せたのとちゃんと刀鍛冶が作ったのとあると思うんだけど
間違いなく後者を買うにはどんなとこ気をつけて選べばいい?
楽天見ててもよくわからん



>>220
刀鍛冶がちゃんと作った模造刀ってなんだ?
突っ込みどころはそこだろう。
前にも書いたが、刀の定義は玉鋼を使った折り返し鍛錬によって、
焼入れをした物だぞ。(焼入れはなくても良いかも)

模造刀はステンレスや真鍮、中に鉛が入ってる「模造刀」だろ?
「刀匠が作った模造刀です!」って言う時点で嘘だ

模造刀はあくまで模造刀。安くて見た目良いの買え。




234 2202010/01/26(火) 23:09:54.14 ID:rGsulncGO
>>230
刃を付けてない刀っていえばよかったかな
そういうのが欲しい


236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 23:11:35.24 ID:lBr6BAu10
>>234
研無刀ですね分かります
素人には扱いにくいと思います






>>236
研無刀って聞いたこと無いからググった。
こんなの無いだろ。漫画の世界。

①刃が無いって言うのは砥いで無いということ?
②そもそも刃が無いということ?
③化粧磨きはしてあるけど、切れないようになってるってこと?


①刀を作ったけど砥いで無いって言うのは・・・
 新刀であえてお願いすれば作ってくれる人もいるかも。
 でも断られることが多いか、銘きりしてくれないんじゃないかな。
 砥がないで渡すことはある。

②そもそも刃が無いってことは刀である必要が無いよね?
 波紋は成分差と温度差が生み出す物だから、
 刃が無いんじゃ観賞用の模造刀としてもダメだと思う。

③切れないよう思いっきり「なまして」あったとしても、
 それは研ぎが甘いだけの真剣だ。

よってどの解釈でも>>220=>>234の望む、
「刀匠が作った模造刀」は無いと思う。
俺が無知なだけで、実はそういうものもあると言うなら教えて欲しい。
仮にあったとしても刀匠が作る模造刀は本物と手間や材料までまったく一緒だから、
安くはならないと思われる。

「○○さんって言う刀匠に、研無刀って言う刀を作ってもらった!」
こんな話が広まったら、その人が笑われちゃうよ。

えらく金のかかるジョークが分かる人や、アニメ好きwなら乗ってくれるかもね。
何事も「ありえないなんてことは、ありえない」。
現に俺が今の思考を持ち合わせたまま刀匠になったら、
予算が合えば何だって作ってやるぜw




223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 22:33:53.13 ID:GSszdoSb0
人間国宝級の新刀で300万かあ
1本1000万くらいするのかと思ってた



>>223
1000万の刀もあるよ。
ここまで来ると言い値だけどね。
作刀会で大臣賞やらもらっちゃったらそんな値段も付くだろうね。
後は、晩年に向けて価値が上がっていく傾向があるから、
お年を召された名人本人が晩作と腹くくって作ったりしたら、
それも高値が付いてもおかしくないね。

作刀会と言うと「新作刀展覧会」だったけど、
今は「新作名刀展」と言うらしい。
作刀会じゃ通じなくなりそうだな・・・




95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 17:37:57.16 ID:Up9K9h/v0
>師匠が叩いた場所を、叩いた強さで感じ取って、弟子が順番に叩く
>師匠の槌に相槌を打つ


1.一般的にこのあたりを体得するにはどれ位の時間がかかるのでしょうか?10年?
2.そもそもどうすれば「適切な」反応が示せるようになるのでしょうか?



>>95
①は毎日やってれば一月もあれば大体できる。
 力加減も大切だけど、最初は槌の「面」で綺麗に叩くのが難しい。
 力いっぱい叩いた時に、少しでも槌が傾いてるとそこが凹んじゃうんだ。
 これはいけない。力いっぱい槌の底を面で叩けるようになるのが難しい。

 全作業において完璧にとなると、師匠の作刀環境による。
 つまり、刀が売れないご時世だから、
 注文が入らなかった今年は長物一本も打たなかったなんてこともありうる。
 色んな意味で厳しいのですよ。

②これは言葉にするのは難しいね。
 師匠の性格にもよる。俺の時は変な叩き方すると、師匠の眉間にシワが寄ったw
 叩いてる時って「もっと強い方がいいかな」「弱い方がいいかな」って考えないんだ。
 考えるのは最初だけ。慣れれば慣れるほど無心で叩く
 考えるのがいけないことなんじゃなくて、そうなる。俺はそう思ってる。

師匠の指示の元に相槌打ってるのは一定の慣れがあればそう難しくは無い。
自分が座って、鉄の様子を見ながら火床から出すタイミング、
叩く強さ、回数など全てをリアルタイムで判断していくのが難しいんだよ。




248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 23:53:36.41 ID:VmOOt3A60
刀匠界で
一番腕が良い人っていうか
有名な人って誰?



>>248
一番有名な人かぁ。
一般的にって言うと逆に分からないけど、
俺がいた一門の宮入行平先生はメジャーかつ大御所だね。

人間国宝の刀匠って新たに増えたのか見てたら、今は修行期間4年らしいね。
俺は5年って聞いてたけど、10年前だからきっと当時から4年だったんだと思う。
一応良心的に考えてみると、作刀免許取るまで続かない人がほとんどから、
最初の1年は様子見が慣習になってるとか・・・あるのかな?

現役の人がもし見てたら教えてwww




253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 00:06:14.00 ID:lFiH9ihN0
20代の居酒屋勤務フリーターだが
どうせこのままグダグダ人生過ごしてもつまらないから
先を見ないで弟子入り体験でもしてこようかね



>>253
前にも書いたけど、短期間体験で行くのは有りだと思う。

将来「あの時・・・」なんて思わないよう、まず見てから判断しても良いんじゃないかな。
ただ、見学は興味半分でも冷やかしでも大歓迎だけど、
弟子入りだけはそうはいかない


だから最初は弟子入りとか、刀剣業界に入りたいとか言わず、
単純に見学で行くといいよ。
刀匠は基本、何処の都道府県にもいるから。

行って見て触って感じて。
それでどうしてもどこかの刀匠に弟子入りしたいと思ったら、素直に話してごらん。
基本目の前の人も刀マニアもとい、刀に人生ささげてる変わり者だからさw
きっと君の話を誠実に聞いてくれると思う。
その人も同じ道を通ってきたんだから。




259 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 00:20:56.29 ID:lquoEIv50
刀の反りってそうやって作るのか
変な方向に曲がったりしないの?
例えばちょっと斜めになったりとか



>>259
なるよ。
>>168の⑪焼き入れ後の調整は⑬鍛冶押しで直す。

一番大変なのは「ねじれ」が強く出た時だろうね。
これは、均一に鍛錬できていないからでるんだけど、
人の手によるものだから大なり小なりは必ず出る。
上手い人ほど大きなねじれは出ない・・・と思う。




25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 14:55:35.03 ID:gtk6Z9TX0
練習とかするの?やっぱり弟子は何年も刀は作らさせてもらえないとか?
材料が貴重だから本番でしか作らないのかね?



>>25
直接刀を作る練習と言うよりは、相槌や各作業がそのまま作刀の練習
その中で、鉄を火床に入れて熱する時に座らせてもらって、
フイゴを吹かせてもらうとかはやらせてもらう。

フイゴ=鞴。火床では大量の炭が火を上げて、常に酸欠状態。
底に新鮮な酸素を送り込むための物。

http://www.forest.minokamo.gifu.jp/data_box/dougu/7_08.html

俺がいた鍛冶場も木製で、ほぼ同じ形だった。
左のTの棒を、真ん中の棒を人差し指と中指の間に入れるように掴んで、前後に動かす。
これがまた重いんだわw

火床に鉄突っ込んだら全体を均等に熱するため、
埋まるまで炭をかぶせるから鉄の色は見えない。
そのため、フイゴのリズムと手の感触+炎の色で熱調整をする。
でもわかんないからたまにちょこっと抜いて様子見るけどねwww




26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 14:56:06.90 ID:Qs3+8f0+0
他の物はどうなんだ?
長刀とか、槍とかは。

銃刀法で一番罪が重いのって拳銃かと思ってたんだけど、槍だってきいたな。まじ?



>>26
基本どんなものでも登録制。扱いは一緒。
槍だと罪が重くなる理由は何だろう?
大きいからかなw

そこは俺詳しくない。教えてエロい人。




30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 14:59:06.77 ID:G+6Un6Cl0
日本刀の代わりに
普段は包丁とかナイフ作って食っていけばいいのにって思うんだけど
無理なの?



>>30
>>58でも書いたけど、俺が考える一番刀匠が稼げる手段は、
海外に行ってナイフ屋になることだと思う。
言葉の壁はあるけど、そこを乗り越えてでも行く価値があると思う。
海外で日本で国からジャパニーズソードを作る特別な免許を得ていると言うことは、
結構なステータスだぞ。
先駆者も数人だけどいることだし、何なら最初はそういう人のところでお世話になるものあり。

個人的な経験から言うと、米軍とかに掛け合ってお抱えで軍のナイフや、
野戦装備の制作に参加すべく米軍に飛び込むのもありだと思う。
ぶっちゃけこれは穴場だ。俺は本気でありだと思う。
ただし、これは確実に「上の方々」の逆鱗に触れるけどなwww




270 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 01:00:04.72 ID:Z2KSfOyx0
刀匠って女はだめって聞いたことあるんだけどマジ?


>>270
刀匠の徒弟制度として、女人禁制はあるね。
女を鍛冶場に入れるなとかさ。
でも実際は、独立してお金も無いとなると、
手伝ってくれるのは奥さんだけってのは良くある話。
女学生の体験コース参加もあるし、昔ほど厳しくは無い。

作刀免許の受験資格にあるかは分からない。
奥さんかもしれないけど、作刀会の授賞式で女性が賞状受け取ってるのは見たことある。
今の世の中は男女平等うるさいし、
ボクシングとかスポーツも男だけだったのが女性もプロで参加してるでしょ?
今はだめでも、弟子入りして一定期間の実績がある女性が声を上げれば、
女性でも取れる可能性はあると思う。




33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:04:18.73 ID:1UemfoYo0
刀匠って難儀な商売だよな
需要が少なくて、飾っとくだけならほとんど消耗しないからその後のメンテナンスで稼ぐこともできない
1本70万なら、材料費とか差し引けば月1本以上のペースで打たないと生活できないだろうし



>>33
長物(普通の刀)を毎月一本納品できるなら、それだけで余裕で食っていけるよ。
(ここで言う余裕は世間様の余裕ではなく、生きていく最低ラインからみた余裕w)
メンテナンスとして、出した刀が戻ってくることはほぼ無い。
だって痛んでも研師さんのところに言っちゃうから。
拵えが壊れても一緒。

最初の連絡は買った刀匠に行くから、人によっては多少乗っけて請求するかもね。
そういうこと思いもつかないような人の良い人(商売知らない人)が多いのも事実。

普通は刀剣教室だとか、小刀や包丁なども作って、
時には>>192みたいなアルバイトもする。

他には伝統工芸で専用の小刀とか必要な人がまわりにいると良いね。
薩摩ガラスとか、ガラスを切るようなのとか彫刻等は刀匠に頼む人もいる。
俺は作刀免許持った人や、独立して登録する人に、
国や協会主催で「商売」の講習も強制でやったほうが良いと思うんだよね。




34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:08:29.53 ID:1BATUJbP0
模擬刀砥いだらちゃんと切れそうな気がするが無理なんかな


>>34
切れ味の程度を問わなければ、切れるようになると思うよ。
ステンレスだと研ぐの面倒だし薄くしないと切れ味出ないけど、
ステンレス包丁の数割落ち程度には切れるでしょ。




37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:13:28.02 ID:1BATUJbP0
法律的に大丈夫なんかーっていう


>>37
これは主観になってくる可能性が大。
「用途による凶器」って言葉を何度も使ってるけど、
切れるようにするために模造刀を研ぎましたって言うのが、
凶器の作成であるとみなされる可能性が高い。
「人を傷つけるためにやったんじゃありません!」というけど、
釘バットと同じにみなされて終了w

まぁ、自分の家でこそこそやってて、何かで見つかった程度なら、
いきなり銃刀法違反でぶち込まれたりはしないんじゃないかな。
持ち歩いてて見つかったら厄介だね。




38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:15:33.47 ID:PLqjH3jGO
前にTVで人間国宝の刀匠を取り上げてたんだが、ああいう人でも生活苦だったりするのかな


>>38
それは無いと断言できる。
理由は2つ。
人間国宝認定を頂くと、国から特別厚い年金モドキが出ます。
そして、生活苦なレベルな方では人間国宝になれません。


よって、人間国宝、重文クラスの方が生活苦というのはまず無いでしょう




278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 01:22:00.43 ID:nKn9Fyso0
今の時代刀匠って生活できるの?


>>278
非常に苦しい。大げさでもなんでもなく苦しい。
みんな珍しがってくれるし興味も示してくれるけど、お金を落としてくれない。
昔は刀関連需要が多かったのもあるし、
家の次男、三男坊が農家を継ぐくらいならと刀匠の門を叩いた時とは時代が違う。
食べて行く為の「手に職」と考えて刀匠になると、大変なことになる。
二十歳前~10年閉鎖された空間で育って、30で社会に出ると考えてみてよ。
しかもいきなり一人親方で。商売さえ出来る感じしないでしょ。
でもそれが刀匠としての独り立ちなんだぜ。




41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:18:50.47 ID:xXjRTJ7rO
刀鍛冶をひとまとめに雇って、海外に向けた刀の通販サイトをやれば儲かると思うんだよね
気楽なポチポチじゃなくてオーダーメイドでさ
真剣から美術刀、チャンバラ用のおもちゃまで みたいな
日本製の本物の刀とか欲しい人はけっこういるんじゃないかな



>>41
輸出(か武器関連)法の問題をクリアして、刀剣協会説得すればありだと思う。
世界のセレブに観賞用として刀を売る。ありだと思う。
この場合気になるのは自国だけでなく、相手国の法も抑える必要がある点。
ここは言葉の壁もあって大変だ。
刀匠を巻き込むなら、あくまで本物の日本刀であること。
そして小刀や刀子など、刀剣にに関連する物であることかな。

これは昔考えたことがあるが、最近忘れてたな。
ちょっと考えてみる。熱下がって色んな意味で冷静になったらwww




52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:32:42.40 ID:jR1NWEtH0
若い世代が壊滅状態なんだろうな


>>52
弟子入りは昔と比べれば減ったと思うけど、問題はそこだけじゃないんだな。
だけど大前提である刀匠側の「弟子を取る」と言うことに対して問題があるんだ。
もちろん収入の問題もある。これも大きいが双璧をなすのが・・・これだ!

弟子入りを受け入れられない刀匠が多いのに、
労働基準監督局が労働対象とみなして弟子への給料支払いを迫ってくる!

今の世の中でブラック企業が、
「国家資格取る技術と勉強教えてやるから、5年鉄もとろける炎の前で一日肉体労働しろ!」
って言ったら社会問題でしょ?
でも、残念ながら環境とシステムだけで言ったら同じなんだ。
もちろん伝統工芸であり、国も狭いも認める立派な文化なんだ。
それでも収入を得るための労働じゃなくても、「労働には対価を」の枠に入っちゃってるの。

もうね、国は徒弟制度をぶち壊して、刀という文化を潰しにかかってるような気さえするよ。




44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:23:11.96 ID:Jbu/YV8V0
>>33
一人の刀匠が年間に打てる本数も決まってたはず。



>>44
これまた細かいこと知ってるな。
人によるけど2本/月
人によるって言うのは重文とかそういう特別な人や、
奉納など祭事の場合はその限りでないことがある。




54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 15:34:33.76 ID:OfM8ypF60
外国から注文とか来るの?
あと、1年で何件くらい依頼が来るの?



>>54
注文はあっても送れないよw
>>286に有るように、相手の国の法律も関係してくるから。
そんなのいちいち調べてられないし、責任も持てない。
1年で来る依頼数?それこそ人それぞれだな。
長物の作刀の以来に関してはぶっちゃけ0/年の人がかなりいる。数割じゃない?
一年に一件も以来がなかったことが過去にある人って言えば、
8割超えるんじゃないかな?少なく見ても6割はいるでしょ。




309 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 11:26:07.39 ID:apWX29fY0
肥後守みたいな物も作るの?


>>309
刃の部分は問題ない。
精度を問わなければ、柄部分も作れる。

これは「ハサミを作れる?」に近い質問だな。
刃の部分は作れるけど、ハサミの交差する部分、つなぐ部分。
あそこを作るのが一番難しいと思う。
そういう意味では「良いハサミ」はハサミ職人さんが一番。
作刀免許持ったハサミ職人さんもいるよ。
映像見たことあるけど、2本の鉄棒から一対のハサミを作るんだ。
すばらしい技術だよ。神職人。




314 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 12:10:39.06 ID:j789Hfy/0
依頼受けたら協会に報告しないとハブられるの?


>>314
これは俺の主観が入ってると言う大前提で読んでくれ。

刀剣協会に限らず、伝統工芸系の「上の方々」は良くも悪くも職人さん。
それも昔堅気の本物の職人さんたちが圧倒的に多い。
だから、道に外れていると「彼らが判断した」ことは、
その業界でタブーとなることがありえる。

つまり、上の方々のお怒りをもらうことをすると、
よろしくない影響が出ることがあるんだ。

絵画展で自分が良いな~って思った絵でも、
業界の重鎮である審査委員長が「この絵は良くない!」って言ったとたん、
みんなして「これは良くないですよねw」とか言い出すことがある。

これは残念だけどありえることなんだよ・・・ね・・・

俺が現役自体にやりたかった事を思い出した。
これは芸大時代にやりたかったことでもある。

【俺様主催作刀コンクール】
部門:①作刀免許保持部門、②弟子部門
出品:「刀の枠であればその形を問わない」
条件:刀は銘きりを行わず、無名にて出品すること
    出品の際には専用窓口に直接出品し、引渡し引換所を必ず受け取る(※)
品評:審査員の無記名投票にて行う
    審査資格者は全国の作刀免許保持者全てが持つ物とする

※)引渡し所はお互い姿が見えない専用ブースにて引き渡す
  向こうの見えない海外両替所ブースを大型にした感じ

------------------------------------------------------------------
まぁ、実際やるなら突込みどころ満載だけど、やりたい事は分かるだろ?
独立したての若造は生活とプライド、全身全霊を込めた物を出してくるぞ。
大御所はは平の勝負場にどれだけ出てくる?

俺はこういうまっさらな展示会とかコンクールが、絵画とかの世界にあっても良いと思う。
狭い世界で同じ穴の狢同士が、お互いほめあって自己満に浸るとか健全じゃないよ。

こんなこと業界人が言い出したら、問題児扱いとか協会批判になるだろ?
でも一般的にはふつ~~~に共感を得られることだと俺は思う。
こういう事を言える立場の人間がいても良いと思うぜ。




317 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 12:21:36.42 ID:apWX29fY0
刀匠って片目の視力が落ちていくらしいが、その辺>>1はどう?

あと刀匠やってる中で負った一番の大怪我ってどんなん?
或いは一番起こりやすい大怪我とそのタイミングについてkwsk (>>164からの流れの中で)



>>315
そういうことあるのかな?俺は聞いたこと無いな。スマン

大怪我って言うのはありがたいことになかったね。
料理でよそ見して指を叩いた時に、骨の感触を感じたのが焦ったくらいw
一番多いというか、雨が降ったら濡れると同じような勢いであるのが「火傷」。
鍛冶場にいれば火傷位するだろ・・・なんてもんじゃないぞ・・・

俺が一番ゾッとしたのは・・・
積み沸かしから下鍛えに移る頃、まだ鋼が柔らかくて、叩く力を強くし出した時に怒った。
力加減を間違えて強く叩いてしまった、その時!

大きさ1cm四方、厚みは0.数mmくらいの、半分溶け掛けてるような鉄片が飛んできて、
何故か足の裏と草履の隙間に滑り込んだんだ。
親指の関節の付けの足裏側に皮の厚いところがあるだろ?
そこに滑り込んだ瞬間・・・一瞬で皮膚が蒸発してそこの肉が減るのを感じたw
熱さとか痛みは一切感じなかったな。
ただただ焦って、大急ぎで「ケンケン」して水場に足を突っ込んだ。

幸い草履側に溶け落ちてたのと、温度が高すぎて一瞬で溶けたこと。
鉄片が非常に薄かったため、熱があったのはコンマ数秒とかだったこと。
これらで皮一枚か二枚が「無くなった」だけで済んだ。
あれは本気で冷や汗でた。皮膚が溶けて凹んだのがはっきり分かった。
今でも感触覚えてる。

ちなみに師匠には・・・
「大げさに騒が無い。鍛冶場で火傷は当たり前。戻り無さい」
師匠ったらツンデレなんだからもうw




326 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 12:55:34.18 ID:j789Hfy/0
師匠のことは「師匠」って呼ぶの?


>>326
俺は読んでなかったな。
○○さんって読んでた。
兄弟子がいれば、その人たちの呼び方にならう形になると思われる。




319 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 12:30:01.90 ID:dUoLaF9HP
備長炭の生産者だけど炭掘りは何も間違ってないよ
信長の野望の時代だと炭は穴掘って木を埋めて蒸し焼くのが一般
この行為を炭掘りっていうのね


>>319
鍛冶屋系の人に炭出したりしてる?
その時にどんなの出してるのかな。
出す時に注意してることとかあれば、
炭の種類とかと一緒に欲しいであります。



>>330
ウチは鍛冶屋系との取引なす
備長炭は、楢・樫に代表される硬い木を使います
特徴は、硬い・火力を保つ・火持ちが良い・美しい、といったところ
火力の急上昇は出来ないし、高温・大火力も得られないから鍛冶作業には向かない
備長炭では青い炎を出すのも大変だしね
緑の炎なんて有り得ない代物
周りでも鍛冶屋系との取引は余り聞かないかなぁ
関西の包丁屋で低温精錬するのに使うらしーけど
備長炭のお得意さんは何と言っても料理屋さんですぜw

刀鍛冶に使われるのは松がほとんどでしょうね
神道の神事等で火を用いる時は松炭を使うで、
刀鍛冶も松炭を使うが本当だと思う
特徴は何といっても柔らかいこと
その柔らかさによって燃えやすく火回りが早い、
そして風を送ることで急激に高温にすることが出来る炭になる
弱点になるのは簡単に燃え尽きてしまうこと

そのために鍛冶では大量の炭が消費される筈
腕を上げ加工が早くなるほど炭の使用量は少なくなっていくんじゃないかな
炭屋的には、腕の良い鍛冶屋を探すなら炭の減らない鍛冶屋を探せ!とオモ
そこの職人は熟練or仕事をしてないw

個人的には、これからの鍛冶には杉の炭の利用が伸びて欲しい
松と比べ性能は決して劣るものではないと思う
何より花粉症だからバンバン杉をやっつけて欲しいwww

出す時に注意することは別にないw
湿気と匂いの吸着には気をつけますがね
ちなみに、炭運びは一度に4俵担げるようになって一人前w



331 ◆LFp0vwuP22 2010/01/27(水) 13:16:45.23 ID:6uN1+Env0
人もいないし刀の発注に関して掘り下げてみよう。


刀を欲しいと思った時に「発注側は誰に頼もう?」って考えるよね。
ちょっと視点を変えて、作る側が「どんな刀が欲しいの?」を考えてみよう。

①刀の寸法
②作風
③種別
④伝方
⑤砥ぎ
⑥拵え


①どのくらいの長さの物にしましょう。一般的なサイズ?脇差?合口?小刀?
②時代で刀の作りも換わっていきます。信長が好きなので無骨な桃山刀!とか
③作風も関わるけど野太刀、打刀等の種別以外に剣、ツルギと言う線も入れて良いのか?
④これは波紋の種類(刃の波々)。これは人によって意外と得手不得手がある。
⑤人によっては知り合いの砥師に頼むからと、打ち下し=本砥して無い物を渡すこともある。
⑥刀は白鞘が基本。 だけど拵え何てどこに発注するか普通分からないし、
 全体の予算を考えると一緒に相談するのが良いと思う。

①~⑥のような質問を、恐らくは何処の刀匠に行っても聞かれると思う。
ではこれから逆算で、どこの刀匠に頼むのか
どんな刀匠に頼むと、自分のイメージした物が仕上がってくるのかを考えてみよう。

①大体普通のサイズで良い
②知らねぇよ。格好良いのにしてくれ。
③刀って言えば刀だろ?種別とか分かんねぇよ。
④俺は通だからよ、真っ直ぐな刃紋が渋いと思うぜ!
⑤刀って砥いであるもんだろ?
⑥白鞘なんてだせぇよ!漆塗りの鞘に鍔が付いて無いと刀じゃねぇ!!!

刀を良く知らないけど、中二病で欲しいやつってこんな感じか?
これで行ってみよう。


一応刀匠としてはこんな返事が来ると思う

①普通のサイズ=大体2尺4寸前後かな
②格好よく仕上がるよう頑張ります
③では、ゃ私の得意な作風でいかがでしょう?
 私の作品お見せしますので見てみてください
④直ぐ刃であれば、私の得意な山城伝の直ぐ刃でいかがでしょう?
 もし実物を見て波の波紋がよければ、他のも考えましょう♪
⑤では砥ぎもした状態でお出ししますね
⑥拵えも実物を見て決めましょう
 鞘は黒塗りですね。
 鍔と柄は写真集のようなものがあるので、作風に合わせて渋いの選んでください。
 ご予算が余裕あれば飾り付けや、鞘に画柄を書いたりしてみましょう


○五カ伝
ちなみに日本刀の鍛法には次の五カ伝があります。

山城伝 京都を中心に発達した鍛法で、心鉄を多めに、
      皮鉄は薄いが小木目詰んで特に精良で強く、沸えが強い。
相州伝 鎌倉で正宗により開発された、強さを造るために
      硬軟の地鉄を混ぜ合わせた鍛法で、特に沸えが強い。
備前伝 生産量では他の産地を圧倒する刀剣王国となりますが、
      鍛えは木目が主で、刃は匂い出来の丁子刃となり、地には映りが立ちます。
大和伝 奈良の僧院を主にして作られたもので、地鉄は柾目鍛えに直ぐ刃が多く、帽
      子が焼詰めで返りがなく、鎬の高い造りこみで沸え出来となります。
美濃伝 関の周辺で伝えられた鍛法で、相州か大和から影響が強く、地鉄に流れ心があります。

価格に関しては2パターン。
書いてしまえば普通の商取引だ。

①予算が決まっていて、その枠の中で話し合う →コミュ力がそれなりにある刀匠なら、
  それとなく誘導しながら落とし所見つけてくれるはず。

②納得いけば多少予算増やせるor予算を言おうとしないお客
 →作りたい物をヒアリングしつつ、とりあえずベースになる仕様と価格を出す。
  その価格を叩き台にして、落とし所を決める。

仮に「これなら120万で、納期は拵え含めたら2ヶ月ですね」って具体的な数字が出るから、
後は適当にすり合わせしてくれ。

ここでピンと来た奴はちょっとだけ賢い。
④だけそれとなく決めたよね?「山城伝の直ぐ刃」がそれだ。
五力伝も書いておいた。

ではこれを目盛って、大き目の図書館に迎え。全力ダッシュだ。
受付で美術関連の名鑑が何処にあるか聞いて、「金工作家」の欄を凝視しろ。
刀匠の名前、住所、連絡先も人によっては書いてある。
名前が分かればネットでググれば連絡先も分かるだろう。
その人の大体の価格や代表作が載ってる物もある。

ただ、俺としては作風やその人の受賞暦、ネット調べて良く名前が出てくるとか、
そういうことだけでは絶対に決めないで欲しい。

有望そうな人を見つけたらとりあえず電話だ。
TEL番分からないなら、名鑑録で調べた住所に手紙出してコンタクト取れ。
そして行け。地の果てでも必ず行って直接会って来い。


騙されるとかそういう事を言ってるんじゃない。
高い買い物だし、一度買ったものは家族の命と引き換え位のことが無い限り、
おいそれと手放さないでくれ。
お前が命削ってためた金で買った刀だけど、刀匠の魂も入ってるんだ。

んで、買って数年したら飽きるかもしれん。
それでもたまには出して、愛でてやってくれw
知人に自慢するでも良し。夜中にそっと室内で一人大殺陣大会を開催しても良い。
最低で半年に一回。出来れば月一くらいで油引いて、愛してやってくれ。




343 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 13:58:30.18 ID:GIk0Hj+90
参考になります。結構刃紋って自由効くもんなんだね
作者のクセが強く出たもんだと考えてた

刃紋による強さってのはあるのかな
直刃は硬い。三本杉等は切れ味はあるけど脆い。みたいなイメージを
持ってたんだけどどうなんだろう



>>343
職人はみんなお勤めサラリーマンとは、まったく違う種類のプライドを持ってる。
そこは話せば伝わってくる。
>>343の言う癖って言うのはそれに近い。
自分がここまで数十年鉄ぶっ叩くだけの人生の中で、
確信を持ってこれが俺の技術の結晶だと言える物を持ってたりする。
同じ互の目(波紋の種類)でもそういう人と、頼まれてやってみた人とじゃ・・・

分かるよな?そういうことだ。

波紋による強さの違い。厳密には当然あるよね。
刀の「しなり」や「ねばり」に影響は確実にある。
ただ、それが切れ味や刀の強度にどのくらい影響があるかはなんともいえない。
それこそ、今の科学なら数値化して、客観的に証明できるはず。

誰か、そういう研究やってる大学とか人知らない?




352 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 15:07:18.02 ID:GA4UR2Nl0
>>349
>研究
室蘭の佐々木刀匠とかがやってるね
CiNiiで探せば色々ある



>>352
ほうほうやっぱりそういう人はいるべくしているよね。
「CiNii」調べたけど、見出したら長そうだからそっと閉じたよ・・・




338 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 13:41:05.34 ID:nKn9Fyso0
>>333
一般的な刀匠ってどれくらいの長さまで作れるんだ

実家に遺品で2m超のがあったんだけど研いでもらったらいくら位かかる?



>>338
その質問は2つの解釈で読み取れるな。

①法的に許される範囲の話
 →そんなのあるのかな?知らねぇw

②技術的に伸ばせる現実的な長さのMax
 →長くなるほど均一に延ばすのが大変。
  途中で長さを足すことは出来ないから、最初から大量の鉄を作る必要がある(※)
  一番大変なのは、火床に入らない長さの刀を、均等に熱する技術だと思う。
  この技術が追いつかなくて、長さが伸ばせないと俺は考える。

数字を出すのは怖いけど、業界の(技術面で)天辺の人なら
・・・7尺=210cmくらい・・・行けるのかなw

※)正確には折り返しの時点で複数の物を混ぜることはできる。
  それ以降、心金、皮金をあわせた時点で継ぎ足しは不可能。




340 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 13:46:54.68 ID:LjABf9Xa0
>>337
ちなみに俺はこんな感じだったわw

①二尺二寸
②戦国っぽいの?よくわがんね
③打刀
④男は黙って直刃
⑤化粧研ぎ?だっけか
⑥これこそ色々注文したいです



>>340
これだけあれば十分。
ちなみに2尺2寸は一般的なサイズの範囲内。
みんなが思ってる刀って言うはほぼ打刀。
俺も直ぐ刃が好きなんだけど、
波々の方が表情にバリエーションがあっても面白いって言う人が多い。
愛好家・コレクター的には似通いがちな直ぐ刃よりも、
一点物の気が強い波紋が好まれるのは理解しやすいよな。

どんな仕事や人間関係でもそうだけど、
「納得できなくても理解する」
「人の意見や話を聞いてちゃんと理解して、納得いかない時は頷かなくて良い」
これはすごくすごく大切なことだと思う。
ちょっと真面目なこと言ってみたwwインフルエンザ神やるなぁwwwwww




351 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 14:59:33.12 ID:POVuYaTs0
刃物板に現代刀スレあるから時々書き込んでね


>>351
あるのは知ってるよ。あえて避けてたけど。
専門知識がある人たちと討論がしたい訳じゃないからさ。
本職の人とかそこに近い人なら、たまには「一般向市場へ啓蒙に来いよ」w

でも、ちゃんと「分かってる」人がフォローしてくれると助かる。
俺的にと言うよりも、質問書き込んでくれる刀に興味ある奴らがきっと喜んでくれると思うぜ。

俺が刀系のそっち系スレ行かないのは、
そういう知識自慢というか、上辺の話で討論したくないからなんだ。
否定はしない。匿名だから書けることもあるのは十分理解してる。

俺は現場で覚えただけだから。
知識は作るうえで必要なこと、興味があること、学ぶべきこととして学んだことしかしらない。

当時は、そういう細かい話なんかどうでも良くて、
どうして鉄が癒着しづらいときとすぐ付く時があるんだろう?
叩き方を変えてみよう。温度をもうチョイ上げてみよう。
資料どおりやってるつもりだけどウマクいかなぃぃぃぃいいいいぃぃぃぃぃぃ(# ゚Д゚)カーーーーー

こんな事で頭一杯だったw




360 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 16:43:32.59 ID:apWX29fY0
模造刀についてだが 製造・売買・所持は問題ないけど、
正当な理由なく模造刀剣類を「携帯」してはならないとされてたよな、確かw
「買った帰り」「これから居合の稽古で」とかが「正当な理由」になるかな?
勝手に補完スマン



>>360
正統かどうかを判断するのは全て「やつら」だ。
俺たちがどんなに理由を並べて、100人中99人が問題なしと言っても、
問題ありとした1人が「やつら」だとお縄
だ。

基本は持ち運ぶときは「人目につかないよう配慮しろ」だな。




362 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 16:55:59.49 ID:ODF+cxdf0
ってことは本物の場合は登録しないと逮捕ってことでOK?
模造刀って年齢制限ある?
お土産屋に売ってる?安いので何円くらい?



>>362
基本的に刀って言うものは、作るときに登録しなきゃいけない>>55
無登録の刀を何処かで仕入れたりしたら、問答無用でタイーホだぜ。

模造刀に年齢制限など無い
お土産屋で売ってるのは木刀だな。これはDQNと中二病患者が指定購買する。
木刀は800円~。模造刀は1万円弱~
なお、模造刀なら町のフリマとか骨董市、蚤市でやすく手に入ることもある。
俺が初めて買った模造刀は、市の有名神社の蚤市で1振り2000円だった。




367 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 17:17:46.53 ID:kPW+9Zs10
つーか日本刀ってビンテージとかつくのかね


>>367
ビンテージねwつくよwww
刀にその表現は俺的には新しいwwwww

古い刀=良い物ではないけど、ポイントを抑えていると価格が上がるのが普通。
①その刀を作った刀匠は誰か
②誰の手を渡ってきたか
③刀身の手入れは行き届いているか
④鞘や鍔などの拵え=オプションはあるか
⑤付属の箱に裏書があるなど、それが贋物でないと証明する資料があるか


大体大きなポイントはこんなとこじゃないかな?
特に①と②は大切。
過去の物はその時の材料と技術で作られている。
年月を超えてそこにある価値。
これが日本刀のビンテージ!




372 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 17:36:28.86 ID:Z2ONG2p50
ttp://www.k3.dion.ne.jp/%7ej-gunto/gunto_028.htm

このサイトどう思う?
玉鋼、芯鉄皮鉄構造、折り返し鍛錬は江戸後期に事情があって始まったもので
古来からの製法でも、斬れる刀を作る為の条件でもないとして
それを日本刀の定義としているのは現代の美術刀剣界の妄想だと痛烈に断じてる。

なかなか説得力があって面白いんだけど。



>>372
斜め読みした程度の感想。

超優良サイト
速攻ブックマーク入れた。
俺なんかがチラみしただけでも出来のよさに頭が下がる。
ただ、ちょっと興味がある人が読むには重いかもしれないね。

各数値がどこまで正確化は判断できないけど興味深いな。
「小林刀匠の一枚鍛え」これはゆっくり読みたい。

こういうサイト見てれば、刀そのものとか作刀の「知識」はすぐ俺よりつくよ。

良いサイト教えてくれてあ(・∀・)り(・∀・)が(・∀・)と(・∀・)う!


いかんいかん。
サイトの方に気が行ってしまって、質問に答えてなかった。
刀の定義か・・・これに関しては難しいね。
新々刀~現代刀くらいの定義だと良いのかな。

実際に「刀の定義」を言葉にしている理由の一つに、
製法も含めて日本独特のものだと言いたいっていうお家事情もあるんじゃないかな。




387 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 18:42:28.99 ID:n/bUhskUO
年収0円でどうやって生きていくの?
衣食住は師匠持ち?
マジで滅多に遊んだり出来なさそうだな



>>387
こういう質問良いね。
基本生きていくためのお金から食、住は師匠が持つのが基本

服は近所の人や後援会、支持団体からもらったりwwww
俺は服は一度も買い足すことなく乗り切って、貯金切り崩して携帯代とか払ってた。
携帯も解約しようか悩んだよ。7000円/月×12ヶ月×10年=84万!
独立に必要なお金は焼く1000万て最初に聞いてたからゾッとしたよw

弟子生活・刀匠の生活系の募集
無ければ隙見て、勝手に書いていくよ。
ネタが山のようにwwあwwwるwwwwかwwwらwwwwww




389 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 18:46:04.86 ID:s6AHOQwv0
師匠に一言!
師匠の奥さんに一言!
兄弟子に一言!
弟弟子に一言!
のら犬に一言!



>>389

師匠: その節はお世話ばかりおかけしてしまったにもかかわらず、
    あのような形で出てしまい申し訳ありませんでした。
    私も家庭を持ち、子供を持ち、弟子という立場であっても
    20そこそこの人間一人預かり重みが少なからず分かってきました。
     自分は恥ずかしながら今はまだこの先が定まっておりません。
    実が固まり次第、必ずご報告にお顔を拝見しにお邪魔させて頂きます。
    インフルエンザなど流行っておりますので、お体ご自愛ください。

奥様: ご無沙汰しております。奥様と読んだら「や~ね~w」と肩を力いっぱい
    叩かれると確信がありますw。辞めた後もメールやお電話を沢山頂き
    うれしかったです。色々と悩んでいるとき、師匠に言えない話も、
    いつも「そうだねぇ、そうだねぇ」とただ聞いてくれるのが凄く助けになっていたと、
    今更ながら思います。
     あれから10年。お子さんたちもみんな家を出たりしてるのでしょうか?
    また改めてお邪魔させて頂きます。その時は妻と子供も連れて行きますので、
    あの「テビチ」を振舞ってやってください。

    P.S.
    覚えていると思いますが、私はテビチが嫌いなので一口だけにしておきます。

兄弟子:いてくれたらと何度思ったか・・・
弟弟子:お前でも良いからいて欲しかった・・・
野良犬:みおぼえねぇなぁ・・・

ノラ猫:中村先生。もう寒い思いはしていませんか?我が家のパール君も先日逝きました。
    パールは飼い猫で野性味に欠けますが、猫同士仲良くやって下さい。




394 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 20:17:42.35 ID:LT5iVFqVO
最近亡くなった爺ちゃんの遺書により、代々うちに刀が受け継がれてたことが発覚(それまでは一族誰も知らなかった)、
この前隠し保管場所から出して見てみたら、そこそこの名刀らしいのに刀全体から五ミリ程サビが浮き出してるという素人目にもひどい状況だった。
そんな状況でも研ぎ師さんに頼めば直るものなのか?



>>394
直るよ。研師は腕の見せ所だ。
ただ、きっちり仕上げようと思うと、それなりに金はかかるかもしれん。
程度を見ないで適当なこと言ってしまうと・・・10万~15万くらいかかるかもしれん。

表の錆を取ってみないと、どの程度深刻なのか正確には分からない。
修行当時、連絡取り合ってた関の研師さんで良い人いたんだけどなぁ、
名前忘れちゃったwww( TДT)ゴメンヨー

一つ提案としては、もしネットで調べていける距離に刀匠が住んでたら、
もって言って見てはどうかな?
刀匠と知り合うきっかけになるし、そこから研師を紹介してもらえるかも。
ただし注意点。「鑑定のお願い」として持ち込まないように。
あくまで正直に現状を話して、ネットで見つけたことを伝えてたずねてみよう。

鍛冶屋は音と煙が凄いから、大体山の上や僻地に住んでることが多い。




395 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 20:45:19.30 ID:GA4UR2Nl0
研いで何とかなる状態だったとしても相当研ぎ減るだろうな


>>395
その可能性はある。
特に「点」で腐食の激しい箇所があった場合の処置によるね。




412 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 22:11:59.55 ID:tDFXYFSC0
勉強になるな……俺も二つほど質問

・樋の掻かれた刀は切れ味が増して曲がり難くなるけど、
若干折れやすくなって万一曲がったら修復不可能になるとか他スレで教えられたけど本当?

・刃鳴散らすって割とガチな剣術物のゲームで、
一輪って女刀匠がアルミから打った刀を主人公に売ろうとするシーンがあるんだが、実際アルミなんかで刀作れるの?



>>412
①曲がり方と修復の見方によるんじゃない?
 美術品としてみた場合は完全に戻せないから、商品価値から駄目だね。
 でも価値は下がっても修復可能。

 実用品としてみた場合は、俺は戻せると答えて火床に突っ込むと思う。
 最初の状態と比べて100%完璧かと聞かれたら違うけど、
 その差が命に変わる状況って何度となく受け立ちしたり、
 刃を鳴らしちゃったときでしょ?
 そんなことしてたら刃がまず駄目になるし、刀として使い物にならなくなるのが先。

②刀の定義を取っ払って、刀のような切れる刃物が作れるかって質問とする。
 アルミ100%では硬度がぜんっぜ~~~~~~ん足りません。
 戦えません。無理。大きな果物ナイフ。




422 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 22:33:35.98 ID:9ILUisn6O
波紋を現代的な柄にしたり刀にエッチング加工、テフロン加工施したり、
チタンとかタングステン使って新しい優れた刀作ろうとか考えなかった?



>>422
妄想で良いの?作ってみたいと考えことがあるか?
まず後者はない。もったいない。
一本作るのにどれだけ材料と手間かかると思ってるんだwww
研究用に数打てるくらい生活豊かにならないと、そんなこと出来ないって。

現実的な話もあるよ。
発注をくれた人の思い出の地の空入り風景を撮ってもらうんだ。
それを波紋にあらわす。様式なんて無視。その人のためだけの刀。

この話で思い出した。
作品展か何か向けにポストカード作ったんだよ。
その時に、空の写真の雲を使って刀の波紋作ったんだ。
刀は書いて。波紋は雲模様を加工。


ほれ。一応酉入りだ。

これは2001年の春だかに作った気がする・・・うろ覚え。

制作過程の方は、ブラウザだと見づらいとかごたごた抜かすなよ。

【製作過程】
s-i0050157-1264606078.jpg


【出来上がり大きいの】
i0050158-1264606109.jpg


今見ると技術的にもイマイチな部分はあるが、
物としては今でも気に入ってるんだぜ。

本来は上にテキストが載ってるんだけど、当然消してある。
バランスや色味が薄めなのも、テキストありで完成のバランスだから。
そこは察してくれよ。




478 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 00:54:46.77 ID:G08SPWqvO
おおっ、トン
面白い波紋だな。全然詳しくないけどw
なんか雲ってより雲海っぽい



>>478
うす~い雲の写真からだと作りづらかったのと、夕焼けが綺麗だったから♪とか
確かそんな理由で選んだと思う。たしか・・・10年前だからねぇ。




424 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 22:36:48.87 ID:7gQhuUSz0
志々雄真実の無限刃とか刀狩の張の連刃刀や薄刃乃太刀は実際作れる?


>>424
■無限刃=○
出来るよ。お前の家にもあるんじゃね?
そうだよ、のこぎり作れば良いんよ。
ただし、刀をあの形に研ぎあげるのは無駄すぎる。
コンセプト自体漫画の世界w

■連刃刀=◎
これは似たコンセプトのナイフは実在する。
これは凶器として見た場合、高い実用性がある。

近い切断面を同時に複数つけることで、縫合を難しくしたり傷が残りやすくなる。
これで動脈とか切ると、昔の医療技術じゃ止血で傷死ぬかもな。
ただし、長物2本ってのは頂けない。
せめて匕首。出来れば15~20cmくらいだろ。
でなければ、棒の先にそれをつけるて短槍にするとかどうだ?

■薄刃乃太刀=△
ベルセルクでも似たようなのでたな。
結論から言うと出来るだろ。
でも仕舞うの大変だしw巻いてて緩んだ瞬間はもっとあぶないwww

ただ、強度の問題があるから、人を切り刻むのは難しいな。
ましてや「破壊力」とか出ないからw




426 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 22:43:19.29 ID:Wn9rbQFu0
青銅のバカでかい鋳物を作るとき人間を一緒に入れるとその硫黄分で割れなくなるからいいらしい
とどこかで読んだ気がするけど炭素以外の混ぜ物とか新合金とか
新たな可能性はあると思いますか?



>>426
人身御供は昔あったと思うけど、人丸ごと入れるとか非現実的だな。
刃のエナメル質まで完全に誘拐する温度を、昔の精錬で得られたと考えづらい。
髪の毛とかは入れてたと文献にも残ってる。

青銅の混ぜ物なんてやったことないから、新合金とかについては何とも言えんなぁ。




427 自転車2010/01/27(水) 22:43:29.49 ID:msHGYri4O
刃物板とメンヘラ板とエロゲ方面から来ましたぬー

コールドスチールみたいなエポキシコーティングはなえるが
ボロンやタングテンカーバイトコーティングは綺麗に仕上がりそうではある
もっともそんな設備揃えてたら幾らかかるやら

>>1は「装甲悪鬼村正」はプレイ済みだろうか
超オススメだぞい(月山がヒドイ扱いだが・・・



>>427
メンヘラ板からどうやって流れてきたのかkwsk。
設備が必要なものは2つの理由で(この業界で)流行らない。
①そんな金あったら生活の足しや鍛冶場の補修、鍛造・鍛錬研究に使いたい
②科学の恩恵は認めるけど、鍛冶場で一から人の手で作ることに意義がある

アニメやゲームはそれなりに好きだよ。特に漫画は大好きだ。
でも、刀系は好きの好きさが違う。
どっちが高尚とか言うんじゃなくて、現実の刀が好きなんだ。

野球やろうって誘われたらやるけど、野球見に行こうって言われると行かないみたいな・・・




429 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 22:46:20.02 ID:3lZAHqcp0
やっぱり鍛冶場って空調設備ないんだろうな…


>>429
最新のとこだとどうか知らないけど、エアコンとかは無理だな
相当メンテに気を使わないと、ススが詰まってすぐぶっ壊れるぞ。

ただ、寒い地方で暖房としてストーブ系を持ち込んでるのはある
師匠は長野で修行してたんだけど、暖取ってたって話を聞いた。




158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火) 19:19:08.09 ID:QLKQP+TfP
焼き戻しで刀を急冷することでオーステナイト組織がマルテンサイト組織に変化して
刀は靱性を持つんだよな?



>158
マルテンサイトは硬くて靭性がない
だからマルテンサイトに変態させるのは刃先のほう
靭性があるのはフェライトやパーライトで棟がこの組織になってる
焼き入れのときに刃に塗る土の厚さで冷却速度を制御して
どの組織にするかをコントロールすると聞いたことがある



430 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 22:46:58.50 ID:mMdNOcEt0
刃先の土の塗り方で刃紋が決まるって聞いたことがあるけど本当?


>>430
保管あり。
こっち系の細かい話は任せるよ。現場じゃ出ない単語だからさ。

土置きで波紋変わるのか?=変わる

直刃ならまっすぐ置くのが普通。
波々にしたい時は色々やり方あるけど、
素直に波立たせて置いていったり、「線」で置いていく人もいる。




433 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 23:01:49.30 ID:kPW+9Zs10
師匠さんやそこで働く人たちってやっぱ職人気質なん?
料理屋や舞台製作のそれとはまた違う性格の持ち主いっぱいいそう



>>433
もちろんいろんな人がいるけど、弟子取るくらいの人たちは、
共通して「自分なりの刀への考え」がきちんとある

鍛冶の中でも刀匠はいまだ少ない徒弟制度で、
世間の流れと逆行してきた影響を良くも悪くも少なからず受けている。

最近はネットが浸透してきていろんな交流が出てきてるよ。
刀匠自身にも、現代的な考えの人が増えてきたしね!

俺の師匠は独立する際に、明確な目的意識があって場所や活動を始めてる。
凄く優しいくてやわらかい人なんだけど、自分の信念に触れるところは頑固
間違ってると思うことはスパッ切り捨てる。

当時は言いたいこと山のようにあったけど、「師匠」として見てたからかな。
今この歳になって「人」として見たら、魅力的な人だ。
ちょっとバランス悪いけどwww




436 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 23:09:14.39 ID:Ul8NYDem0
鍛冶屋って儲かるの?
今は芸術のひとつみたいになっててコンテストとか展覧会に出てるとか?



>>436
極貧です>>244当たり参照。
聞いたら笑っちゃくらい貧しい人が圧倒的多い。

ただ、昔と違って刀匠や鍛錬所が、
自分の意思で表に出れる環境が整ってきてるね。
HP作ったりblogでアピールしたり。
展覧会何かも戦国ブーム、竜馬ブームで増えてきてるし、
展覧会と言う名の即売会も調べて見ると何気にやってるよ。

コンクールは別にある。
刀匠の登竜門的な「新作刀展覧会」通称:作刀会ってのがあって、
みんなそこで賞を取る事が一つの目標だった。
今の刀匠もみんなそうかは分からない。現場離れて長いから。

調べて見ると他にもあるかもしれないね。




440 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 23:16:24.41 ID:W0cQqqTJO
最終的に鍛冶の道を去る事になったわけだけど、道を去った後悔や道に入った後悔ってのはある?
勿論、今までのレス見てる限りだと、鍛冶という仕事に関して誇りだとか親しみを感じてるのは伝わってくるし、鍛冶が好きだろうという推測はおそらく間違ってないと思う。
それに費やした時間について、回り道だったなぁとか、もし鍛冶をしていなかったらアレがしたかったっていうのがあれば。



>>440
ここは俺的に大切なとこだから語らせてくれ。

■弟子生活に関して。

そこまでの人生を全て捨てて望んだ弟子生活。
個人的に納得行かない理由で辞めざるを得なかったから、
誰かを恨んだりした日々があったことは否定しない。否定出来ない。

でも、広がった見識や、大好きな刀や物作りを直接味わえたのは大きいぜ。
どこかで読んだ正しいかどうかも自分じゃ判断できない知識じゃなくて、
体験と経験から得た「知恵」は得がたいものだ。
だから、俺の知らない知識を沢山持ってる奴らが、
「こんなこと知らねぇの?」
「これ知らないでよく刀なんて作ってたな!」
「お前の言ってること間違ってるぞ。」
とか言い出してもぜんぜん平気。

本気で刀作りたいなら、講釈より先に藁を灰にせず炭に出来るようになろうw

弟子生活で得られた一番大きなことは・・・
「生きていくために生きていく道もある」

生きていくために仕事をするんじゃなくて、
生きていくためにお金を稼ぐんじゃなくて、
自分が生きていくために生きていくんだ。
これは辞めた後の話に続く。

■辞めてから気づいたこと

弟子生活を無駄だったと言う人がいる。
作刀免許取れなかったし、刀剣関連の仕事してないから。

でも俺はそんなことかけらも思ってないぜ。
>>514でも書いたけど、悪いことも山のようにあった。
思い出したくない過去も含めてなwwww
そう言うのぜ~~~んぶひっくるめて「俺」なんだ。
今は過去の積み重ねだと言う現実を全部受け入れて、
今何が出来るかを考えるのが「自分の意思で歩く」ってことだ。

刀匠になるってことは、それを「強いられる」と言うことなんだ。

朝から晩まで刀ばっかり作ってたら、良い物を作ることばっかり考えてたら、
もう爺になっちまった。鉄叩くことしか知らん40過ぎで違う道なんて行けねぇ。
こんな人たちのあつまりだ。
引き返せない中で前を向いてがむしゃらに前進することを強要される。
金稼ぎじゃないんだ。自分が生きていくために、生きてるんだ。
その手段として手元にあるのが「作刀技術」なんだ。

これは独立してから本当に実感する。
今やることが決まらず立ち止まってるのも、生きる道が決まってないからだ。
でも選び方と、選択基準は持ってるから、この時はそう長くはないぜw

そんな時に前スレに出会って、このスレを立てた。

お前らに伝えたいことがあるんだ。
でも俺は頭が悪いから上手に伝えられないんだ。
もう少し文才が欲しいと今は思うw




449 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/27(水) 23:42:59.68 ID:q/898KtsO
大工道具は作ったりしないの?
鉋とか鑿とか槍鉋とか



>>449
自分が使う道具は自分で作るよ。
大工道具も頼まれれば作るんじゃね?




461 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 00:15:31.44 ID:k4iS6dAoO
折れた刀って直せるの?
ルパン三世の最初の映画で斬鉄剣が折れたわけだけど



>>461
折れた刀をつなぎ直すのは無理。
潰して、多少鋼を足して同じ材料から打ち直すことは出来る。




532 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 13:34:11.34 ID:9KhEel1YP
鹿島の布都御魂って3つぐらいの小分けに作った刀身をくっつけてなかったけ
まあ実用じゃなくて奉納するぶんだからアレはアレでいいのか



>>532
鹿嶋神社のやつね。巨大な直刀らしいね。
3つに折れたものをつないで実践で使うって言うのは「絶対無理」




494 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 04:10:22.04 ID:Z0JSzqy7O
お師匠様とあれば>>1の苦労話が聞きたい


>>494
師匠関連だと

当時俺は離れに住んでて、母屋に師匠家族。
離れの向かいに森?雑木林?があって、
そこを俺が「開墾してwww」炭切り場っていう炭を切る場所作ってたんだ。
(ここのエピソードはネタが豊富だから、いずれ書くよ)

あるとき、午後は作業内から炭切りをしておくように言われたんだ。
俺にはタイミングの問題で兄弟弟子がいないから、
これ全部切って」って言われたのを一人で一生懸命切ってたんだ。
手元が暗くなってきた頃、師匠が出てきた。
終わるのかな?と思ったら「怪我するといけないから使いなさい」と、
懐中電灯を置いて母屋に消えていったw
ちなみにこの日は師匠以外は何処かへ出かけて奥さんらはいなかった。

時計が無いから何時間やってるかわからない。変な音や虫の声が聞こえるwwww
ビクつきながら永遠切ってたら、母屋の電気が消えるwwwwwちょwwwwwwwwww

結局フラフラになりながらも、真っ暗中グダグダ切り続けて終わらせる。
全身炭で真っ黒。鼻くそも真っ黒。触れるものみんな黒くなるw
でも当時まだピュアだった俺は、寝てる師匠を起こす勇気も無ければ、
汚れた格好で母屋に上がる勇気もない無いwww
母屋にも離れにも上がれず、地面のやわらかいとこで眠りに付きましたとさwwww

こんなことが「何度か」あったけど、師匠はいつも「すまん。忘れたまま寝てしまった!」。




497 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 07:41:01.94 ID:Ove5EZJTO
刀鍛冶さんってのは、
1.税金は普通の人と同じなのか?
2.ぶっちゃけ弟子間での確執やいじめってあったりする?
3.>>1はなんで刀鍛冶になろうと思ったの?



>>497
①納税システム自体は普通だけど、助成制度があったりするんだな
 これは都道府県市町村単位で相当違う。

俺は一人弟子だったから無かったけど、
 当時連絡とってた弟子トモwは派閥が出来てるって言ってた

元々刀だけじゃなくて刃物が好きで集めてたんだ。
 加えて物を作るのが好きで大学は芸大行ってたりしたし。
 社会にでてデザイナーをしてたんだけど、人間関係で疲れ切って人間不信に。
 「一人で完結できる世界に行きたい」なんて病んでる時に、
 俺は何か好きなことはなんだったかな~って思い出したのが刃物
 そこから一週間ほど考えて刀匠になろう!思った日の内に飛行機に乗ってた>>68




499 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 09:21:19.43 ID:KWc9iE5P0
刀火事は鎌とか鍬直したりはしないのかな?
それは別の職業?



>>499
作刀では自分の道具は自分で作るのが基本だけど、そこで似たような道具作る。
だから、もって来てくれれば修理から研ぎまで全部できるよ。
街中だと金物屋さんがってくれるんじゃないかな。




503 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 10:43:52.93 ID:ar1gEtLV0
1.模造刀も手入れしないと錆びるの?
2.お守り刀って何?
3.木刀VS真剣ってどっちが強い?
4.女性用の刀ってあるの?
5.はじめて刀を作ったとき、どんな気持ちだった?

答えられるだけでいい



>>503
①錆びる素材で作ってればそりゃ錆びる。
②守り刀は出来たらお払いをし、厄除け、魔除けの力が込められる。
 下記のような時にお守り代わりとして贈られる全長30cmほどの短刀。
 ・新生児:子供を悪霊などから守る
 ・端午の節句:強くたくましく育つように
 ・結婚(嫁入):手篭めにされそうになった時に身を守るor自害用
 ・家のお守り:枕刀に使うことが多い(んじゃね?)
          枕刀=出産や葬儀の際に枕元に魔除けなどで置く
③真剣一択
④本来の意味では女性用とされるものは無い。
 実際は守り刀は女性が持ち歩く刀とも言える。
 今で言うと、重量や寸法を調節した女性用の居合い刀を作っていると聞いた覚えあり。




509 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 11:30:16.44 ID:KTigndA6O
拵えをつくっている間は刀身をむき出しで保管しているのですか?


>>509
人によって多少違うかもしれんけど、油紙で何重にも包んで木箱で保存とかがな。
基本鞘から作るから、それまでの辛抱。
ちなみに保存用の鞘を「白鞘」って言うんだけど、これは朴の木で出来てる。




534 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 13:41:46.24 ID:0vMUEQWOO
刀つくるのにどんな鋼使ってんの?


>>534
「日刀保たたら」で作ってる玉鋼、安来綱とか、白、青の一号、二号あたりとか、
古い(数百年前)の釘とか、前作ったやつの切れ端とか・・・色んなの使うよ。
人によっては、ミニたたらを自作して、精錬する人もいる。




541 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 14:41:06.40 ID:95NDPDwFP
>>1は白鞘なら70~90万って言ってるけど
赤松太郎とかなら化粧、拵え付きで50万くらいから、他より上手く仕上げてくれるよね?
そういう破格の値段で良い仕事してくれる人って、どうして安く仕事ができるの?
やっぱり注文がそれなりにきて、数を打てるから?

たぶん見た目を重視した結果、デカい方が見栄えが良いからだと思うけど
居合いやってる身からすると、正直現代刀って長すぎて扱いにくい
示現流とかなら別なんだろうけど、武術家からの注文だとやっぱり短くするの?

それらだけじゃなく居合いに使う刀として、現代刀は魅力感じないのよ
無銘なら50万とか70万あれば新々刀は買えるわけだし、買うなら現代刀よりも新々刀の方がいいと思う
名刀って切れ味よりも、見た目が綺麗だからそう呼ばれることが多い
実際に試し斬りした刀で、一番切れたのは七代兼定。だけど、二番目は無銘の長巻直しなんだわ

結局値段は見た目の綺麗さであって、良く切れるかどうかは関係ないよね?
むしろ実際に殺人に使えた時代の方が、実用性で勝る刀がごろごろとあるよね?
そういう意味で、現代刀の値段は美術品として扱うべき? 実際に物を斬るなら現代刀は向かない?
>>1の意見が聞きたい



>>541
はっきり言っていいのかな?良いのかな?・・・(;・∀・)ダ、ダイジョウブカナ…?

刀は折り返しの際にまとめて作って、量産することだって出来る。
刀匠+弟子2~3人(or刀匠同数)いれば、一週間で10本作ることも出来る。

手抜きとかじゃなくて、折り返しは多ければ良いかと言うとそうではないから、
一度に作ったり根詰めて大量に作ることが出来るんだ。

売れる残る心配しなくていいなら、がんがん作る!
研ぎも拵え類も一度に出せば当然一本単価安く交渉できる。

商売の基本だけど、必要以上に大量生産すると、
「その人の」相場が下がることもありえる。←ここ重要
実際には相場下がるくらい数裁けるなら、みんながんがん作るだろうねw

■刀の種類
居合いで新々刀だとどうなの?
先細り過ぎんじゃね?鞘走りするのか?抜きやすいからおkなの?

居合い刀としてって話だと、寸法は個人の体格によるから良し悪し。
美術等として、そりの美しさを見せるのに一定の長さが欲しいのはある。
でも実践では抜いた状態から戦うのが普通。
時代劇と違って何度も交錯しない。数合で決まるからリーチは大事。

居合いやってるなら試して見てほしい。
真剣の居合い刀で長物と脇差で対峙して、構えてみな。
理屈じゃなくて刃が触るくらい近くで構えてみな。
居合いやってても真剣の怖さ知らないやつ意外と多いぞ。
切り合う事は無いんだけど、個人的にお前みたいなのにはそう言うのを知っといて欲しい。

リーチへの考え方が変わるかもしれないよ。

■名刀について
実際に使うって言う意味で買うなら、新刀買う必要まったく無いよ。
安い無名を選んで、きちんと研ぎなおした方が良い。
刀匠はこんな事は言わないだろうけど・・・

良く言う話だけど、高い刀は見た目を買うんじゃなくて「格」を買うんだと思うよ。
だから名刀かどうかは、正直言って下記4点で決まると思う
①銘=作った刀匠が有名か
②誰の手を渡ってきたか
③刀がどんな逸話を持っているか
④人気


現代刀は実用から離れたところで作ってるから、
刀匠レベルでさまざまなものが作られてる。
定義に収めるんじゃなくて、美術刀として作られた物と、
刀の本質を追いかけた物のどちらかの選択眼を持てることが大切じゃないかな。
実用で使わないからこその創意工夫もある。

実際に数触って、振ってきた人間だから分かることもあるともうぜ。




576 5412010/01/28(木) 18:03:23.45 ID:95NDPDwFP
>量産することだって出来る。
そういえば、例で挙げた赤松太郎シリーズは、作刀免許持ってる刀匠が何人も集まってるなぁ
やっぱ、相場が下がっても、実用を求めた一つの形なのかぁとは思う
現代刀購買層の入門のために、そういう刀が増えてくれるといいんじゃないかなぁ

>刀の種類
脇差とはやったことないが、木刀や槍にウレタン巻いて闘剣とスポチャンの間みたいなことはしたことある
だから実際に斬り合いするなら、長い方がいいってのはわかるよw

けど、居合いって実際に戦うことってよりも型がメインなのよ
殺し合いの技術じゃなく、殺し合いから生まれた演舞
刀はその演舞に使う道具として見るし、163cmと小柄な俺には2尺2寸5分程度がベスト
もっと大柄な奴でも2尺4寸あれば充分じゃないかな? って思う

そう考えると現代刀は大きいものが大半になって、使いにくそうって印象を覚えたわけだ
2尺6寸とか結構あるじゃんw

>居合いで新々刀だとどうなの?
充分こと足りる。むしろ薄刃になって、殺し合いに向かなくなるだろうけど、藁や竹を斬るには向くくらい
型もその程度の先細りだったら問題なし、新刀より前になるとちょっと分からん
実際、俺の刀も新々刀の長巻直し2尺2寸6分
超厚口超幅広で大帽子だから、先細りとは無縁だがw

>格を買う
なるほど、確かに大野さんの山鳥毛写しとか欲しいっちゃ欲しい

個人的に"使える刀"って、最終的に耐久性とかになると思うんだ
戦時中に軍刀に直した無銘の刀がどんなに斬っても少し曲がっただけで、名刀が折れたなんてのも聞く
そういう刀を作ってる人がいるなら、応援したいな
選択眼は……頑張って鍛えます

んで、総括すると、現代刀は美術品としては兎も角、居合いの道具としては高価すぎると思う
もちろん、古い刀でも名のある刀は別として
中古でも質で勝って使い勝手が変わらない耐久消耗品が、新品の半額近く
これだと武術の道具として薦めることが出来ない、かなぁ

んで、もういっこ質問
樋って刀匠が掘ってくれるの?
俺の刀って1300gとかいう、アホみたいな重さで鵜の首造りなのに樋がねえのよ
マジででっかい鉈だし、手元重心だから手首痛めそうで怖い



>>576-577
意外とゴツイの使ってるみたいだな。
ナマクラって言うと買うほうも嫌だから、「普及品」はあっても良いよね。
鉄や玉鋼も等級下げて、折り返しの回数減らして安く作る。
拵えも最低限か白鞘。
研ぎも普及品を理解して安くやってくれる。

その代わり銘に普及品と分かる何かを切っておく。
何なら鍔元に見えるように切っても良いかもしれん。

桶は切るよ。専用の道具がある。名前は忘れたwww
気になるならもって言って見て。意外と変わるよ。




542 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 14:41:40.22 ID:TKTPG1PV0
刀鍛冶になるのに職歴いるの?


>>542
職歴なんていらない。
学歴もいらない。

でも、生活の面倒見て寝食を共にするとなると、
中学、高校を出てないって言うと預かるの怖いよな?
一番残念なのは師匠が一生懸命教えたのに、「もうだるいんで俺やめるっス!」。
時間もお金も、何よりも沢山の情熱が露と消えてしまう。




562 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 17:24:30.85 ID:X7puIPmQ0
5年の丁稚奉公期間は収入無いわけですよね。
一方、独立には500~1000万かかるって、どうやってお金工面するの?
免許取った後、暫く他の仕事で稼いで貯めるとかも考えづらい。



>>562
基本は親親戚
一日のうちで刀匠としての仕事時間を決めて、それ以外はバイトおkとかもある。
家が通える距離なら週に4日行くとか、そう言う変則スタイルのとこもあるらしい。

師匠を探す際にはそう言う将来の問題点を、
最初の時点できちんと教えてくれる人がいいぞ。

かと言って、いきなり具体的な話までは行かない。
だって弟子入りしても続かない人が多いから。
そこのバランスを考慮してきちんと話してくれる人な。




563 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 17:25:16.37 ID:Bk9yBi4QO
出来の良い日本刀だと紙を置くだけで、紙自体の重さでスパッといくって聞いたんだけど本当?


>>563
名刀ってのは置いといて、できるでしょ。
それは刀の出来もそうだけど、研ぎの技術も大きい。

紙も地に落ちる以上、刃にかかった時点で重量もかかってる。
後は繊維に対して刃の先端面の鋭利さと研ぎ傷、
硬度などの各要素で切れるかどうかが決まる。

そうなると普通は研ぎの最後で化粧磨きってするんだけど、
しない方が良いと言う話が出てくる。
ついでに紙は何使ったの?って話も当然出てくる。
だから、そう言う演出をするために用意された刀と紙の場合と、
化粧磨きした状態で繊維の固い和紙も切れる物を一概には比べられない。




565 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 17:27:29.40 ID:ctUj1BBgO
長刀や槍だとか、青木貞次みたいな長刀は打ってたのかい?
あと変わった刀を打った経験ってある?



>>565
弟子の身で、そんなのは打たせてもらえないよぉつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

俺が関わったのは普通の打ち刀、守り刀、小刀、刀子、文鎮、工事のドリル
ここら辺が中心。

ちなみに虎鉄は新々刀っていう種類で、突きが流行ってた時代の刀工。
新々刀は先がやや細くて突き易く、切るには少し軽い。
新撰組の某人からイメージが定着してるけど、実はそう言う刀だったりする。




575 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 18:01:33.28 ID:9KhEel1YP
文鎮って鍛造するもんなのかw


>>575
鍛錬した鋼の切れ端で作るんだ。
無骨で比重が高いから、見た目より思い。そして完全な一点もの。
小さめなら3000~5000円くらいかな。

これが意外と売れる。

でも手間と材料費考えると、別に儲けは無い。
どっちかと言うとサービス品。
大体、綺麗な木箱とか付けてくれる。




574 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 17:59:50.59 ID:KGkURj5d0
そいえば>>1自身は刀持ってんの?
昔の試作品なり趣味の一振りなり



>>574
今は持ってないよ。
奥が子供生むときに、一度処分した。
守り刀は・・・出来の悪い妹に売られたw
信じられるかwwwFFCC限定DSもwぼくらの全巻セットもwwwwやつはwww死んでくれwww




595 :562:2010/01/28(木) 21:09:46.99 ID:X7puIPmQ0
> 基本は親親戚。
やはりそうなのかあ。
頼れる親親戚なく自分で立ち上げた例なんかあるのかな?
金貯めてから弟子入りとか、免許取ってから刀匠の仕事は一時やめて金貯める事に何年も費やすとかは、
立派だと思うけど職人気質とは相容れない思考のような気がして気になった。

> 師匠を探す際にはそう言う将来の問題点を、
> 最初の時点できちんと教えてくれる人がいいぞ。


刀とは違う世界だけど、俺もある師匠に弟子入りしていた期間があった。
けど、そういう生活とか金銭面の事は全く教えて貰えなかったな。
教えて貰うものでもないと思ってたし、要は俺の盗む頭が足りなかったw

1はやりたい事への行動力やこだわりもあるし、現実的に客観する能力も凄いね。
刀匠の道以外でも成功するのは頷ける。
刀匠の世界で良い師匠になった器量だと思うが、今の仕事でも良い師匠なのだろうと思う。



>>595
バブル前までは自力でパトロン見つけたりして独立もできた。
各時代の背景で垣間見えてくるかも。

■戦国~戦前
需要が個人から軍などに移り変わっても、
刀を所有する家々も多かったし、嗜虐品としてたしなむ人も多かった。

■戦後
鍛冶屋としての需要が凄かった。
そっちで飯が食えるけど、様々な場所で鋼材需要が上向いたため、
その影響もあったとかないとか。

■高度経済成長期~バブル
税金対策で「刀でも買ってみるか!」なんて成金がごろごろいた。
想像つくと思うけど、刀好きな地元の物有力者が、
鍛冶場開きでたつような祝い金持ってきたり相場以上の高値で刀買ってくれたり。
コミュ力あるやつは旨い汁もすすれたらしい。

■バブル弾けた後
車買えるような価格の嗜虐品買う人激減。
業界右肩下がり。

その代わり、ネットの普及が進んでくる。
それまではどんなに景気の良い世の中でも、
うまく商売できなかった刀匠>>283も世に出るチャンスを自分で作れる場が出来てくる。

今は貧乏刀匠が圧倒的に多いけど、ネットで個人が海外につながれる時代。
特に、ネット世代が弟子で入りつつあるはずだから、
まだまだ変わっていくチャンスがある。




611 5622010/01/28(木) 22:59:46.17 ID:X7puIPmQ0
>>600
よくわかった。有難う。
パトロンとかタニマチみたいな文化支援は今は皆余裕もないだろうし、
何しろ出す側への社会的評価も日本では薄いもんなあ。



>>611
「ありえる」パターンとして書いたけど、それはほぼ無いと思って。
親が実家を抵当にしてお金借りてとかの方が現実的。
免許取得後も弟子生活を続けつつ、自分の作品を売りながら師匠に材料費払って、
お金がたまったら出て行く。これが綺麗な道なのかな。

ちなみに免許とって独立したとして、そこがスタートだよ。
って言うと「分かってる」ってみんな言うと思うけど、
独立したてとか本当にヒヨッコなんだよ。




602 ◆LFp0vwuP22 2010/01/28(木) 22:13:12.22 ID:oLMnvpLy0
>>1が師匠とはじめたあった流れを教えて


俺は刀匠の道を行こうと思ったときは恥ずかしながら、
空で名前を言える現代刀匠が一人もいなかったんだ。
だからまずはネットで探した。

その時見つけたのが、「真鍋純平鍛刀所HP」
http://www.eonet.ne.jp/~sumihira/

ここを色々読んで、俺はアホだからこの方に弟子入りしたいと思わずに、
この人の師匠に弟子入りしたいと思ったんだ( ̄д ̄)エー
だけど調べたら凄い人ではあるんだけど、お亡くなりになられてることが発覚。
その時見つけた宮入一門のHPで門弟一覧を順番に見て行って、
誰に連絡を取ろうか悩んでいた・・・

その時ある人のプロフィールが目に付いて、色々と思うことがあり・・・
10:00:電話 俺「東京から見学に行っていいですか?」
         師「うん良いよ、いつ来るか分かったら連絡して」
12:00:飛行場から離陸ww
○○時:俺「○○空港ついたんですが、ここからどう行けばいいですか?」
     師「今来たの!」


こんな流れで師匠と出会ったw




606 ◆LFp0vwuP22 2010/01/28(木) 22:24:09.84 ID:oLMnvpLy0
弟子入りを決めたきっかけは何?


俺は弟子入りしたいけど、師匠の話を実際に聞いて色々悩んでいた、
「こんな思い付きみたいな不純な動機で良いのだろうか?」
「普通はもっと刀大好きで、刀のこと良く知ってるやつがやるんじゃないか?」
「楽じゃない刀匠生活にご家族まで見えるのに、俺が居候していいんだろうか?」
他にも独立資金や貧乏すぎて結婚相手が見つからないとかw、
リアルな悩みを抱えていた。

たいして、当時師匠は地元の伝統工芸と自身の刀の技術を合わせて、
何か新しいものを作り出せないかと模索していた。
その流れでホームページなる物に興味があったんだ。

彼は私を弟子として取る条件として、
俺が自前のPCを持ち込んでHP制作やメールの送受信環境を、
師匠の鍛錬所に整えるのはどうだろう?と言った。

これで一気に気持ちが楽になった。
一方的に迷惑をかけるんじゃなくて、こちらも提供できるものがある。
そして、ゆくゆく自分で刀や作品を作れるようになったら、
そこで売って独立資金の足しにするのも私はありだと思うよと言うのが決め手となった。

今思えば師匠を選ぶ基準や弟子入りする際に気をつける点は、
他に沢山アドバイスできるけど、当時はここが駄目なら次が無いくらい思いつめていた為、
渡りに船で弟子入り生活が始まった。




604 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 22:16:55.05 ID:EiZre/on0
このスレ見てると刀が欲しくなるなwwww
短刀って鍔がついてるタイプのモノって少ないの?



>>604
あるよ。
ただ、短刀や合口の類は懐に仕舞うことが多かったから、
唾がついてるとごつごつしたり、持ってるのがばれちゃうから無いのが多いんだ。
新刀なら言えば付けてくれるし、唾つきで全体のバランスを考えてくれる。




591 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 20:12:37.63 ID:VWVGXdX7O
銀魂の主人公が使ってる木刀が何故か知らないが「洞爺湖」なんだよ
まぁ木刀にしては高いが、ファンアイテムならこんなもんだろう



>>591
あそこまでやれとはいえないけど、そう言うのもありだと思うんだよね。

----------------------------------------------------
某アニメキャラの刀を新刀で再現!
銃刀法の登録済み!
新進気鋭の刀匠ABCさんが魂を込めた懇親の力作!
ナカゴにはキャラクター名も彫ってある!
お望みであれば、追加料金でオリジナル痛鞘に!!!

【スペシャルコラボ企画♪】
今月中に前金をお振込み頂いた方の中から先着1名様は、
なんと担当声優のU子さんのサインが鞘に!
しかもで○月○日のイベントに・・・
キャラクターコスプレをして貴方の刀を帯刀して現れる!?
刀は閉幕時にU子さんから直々に譲り受けることとなります。

----------------------------------------------------
新刀+拵え+箱類+手入れセット+アニメアイテム付きw
一振り150万で・・・どう?
アニメとキャラ選べば、俺は売る自信あるぞ。

後日某秋葉原事件のようになったら、洒落にならんけどなw

何かそう言う刀剣業界を活性化させる会社作ったら面白そうだな。




617 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 23:30:48.31 ID:VWVGXdX7O
>>609
自分もそーゆーのは考えたよ
実は痛ナイフ的な物は個人製作で既にあったりなかったりw
が、秋葉事件みたいな莫迦が出て来て規制が加速、業界自ら首を締めるようなことに
なりかねないので、流石にそんな冒険は出来ないと思うよ
あの規制でこちらも痛い目に遭ったしね
やはり狙いは>>1の言う通り海外が良いんじゃないかな

そう言えば前に「刃鳴散らす」ってゲームで出て来た刀を模擬刀で販売してたな
あれはそれなりに人気だったようだが



>>617
まずは洒落の延長だと言う前提だ(σ・∀・)σYO!!

模造刀は模造刀。
真剣であることに価値がある!
板ナイフ?いろんな意味で敵じゃない。
刀身に(2ch的な意味での)職人が槌置きしたら、
波紋で絵を描いたりとかしそうじゃねwwwっていうかやるだろwwwwww

出来るようになるまでの犠牲?カーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッ




616 ◆LFp0vwuP22 2010/01/28(木) 23:29:46.77 ID:oLMnvpLy0
>>1が愛する息子が年頃になって「刀鍛冶になりたいから、刀匠に弟子入りする!」と、
本気で言い出したらどうする?認める?認めない?



まず一度止める。もちろん何故なりたいか聞く。
歳相応な真剣な気持ちがあれば、
とりあえず近場で良いから刀匠さんに連絡し鍛刀場を見に行かせる。
違う人、違う人とドンドン見に行かせる。
出来れば独立して間もない若い人が、許可してくれると良いな。
そうすると刀匠さんはお客さん扱いしてくれると思う。
それでも家や鍛冶場、隠し切れない生活レベルが見えると思う。

俺の経験からできるだけ辛い、厳しい話をしてやる。
独立してうまくいかないとき、売れないの前にうまく焼きが入らず、
何度も潰しては叩いて潰しては叩いて。玉鋼も炭も無くなってお金も無い。
独身なら両親に、友人に土下座して金を工面する。
それが出来ない人は鍛冶場を閉める。

それでもやりたいと言うなら、短期で受け入れてくれる刀匠さんを探せる。
俺はお金はかかって当たり前だと思う。迷惑以外の何者でもないから。
それでも出切れば、そういうのを何箇所か回った方が良い。

こういうことに2~3年かけて、それでもどうしてもなりたいと言えば応援する。
こう言うことに2年とかかけれず今すぐ行く!と言い張るなら、一度縁を切る。
帰る場所があると甘えが出るから。

作刀自体うまく出来なくなって、
お金も材料も無くなって「首つりますか?刀鍛冶辞めますか?」ってくらい、
追い詰められることが本当に大げさじゃなくてあるんだ。

日のあたらない人でも、ただ刀匠として人生を全うできたら、
刀匠として生きて死んでいけたら心から尊敬にあたりする。




619 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 23:37:43.31 ID:it1+51bE0
もしも、両親が事故に遭わなかったら、
>>1自身はどうなっていただろう…



>>619
辞める理由が無いから、免許取ってたんだろうねぇ。
ずっといたら9年目。どんなに遅くても独立の時期だろうな。

でも不安定な刀匠生活は、何が起こるかはわからない

------------------------------------------------------
師匠の兄弟弟子の刀匠さんの所へ移るかい?って話が出たことがある。

きっかけは俺。
作刀依頼がなかなか来なくて苦しい時期に、
長ものを数打てない不満を師匠に言ってしまった。
これは不安からだったんだが、言ってはいけない事を言ってしまったんだ。

「この状態がずっと続いたら、試験に受かれないんじゃないですか?」
「他の刀匠の下では、同期がメキメキ腕を上げてるんじゃないか?」

師匠は何も言わなかった。
優しい人だったから相当傷ついて、かなり悩んだと思う。
独立して社員雇った時に、この時の師匠の気持ちが分かった。
社員養えない、育てられないから他の会社行くか?なんて・・・
しかも社員の側からそれ言われたらやるせない。

結局行かなかったけど、こういうこともある。
現実は楽しいことばかりじゃない。




623 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/28(木) 23:49:21.76 ID:J8Bu3laM0
おちんちんさわったらきもちいいお( ^ω^)


>>623
イヤ━━━━(*´∀`)━━━━ン!!!!




637 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 00:35:39.91 ID:TXoLw86wO
>>632
切ねぇなぁ…
辛いならまだしも、食えないってのがなぁ。本当に職人には刀が好きな奴しかいないんだろうね。
社会的貢献の度合いから見たら、他に金を落とすべきなのかもしれんが、古来よりの伝統技術が消えていくのは悲しい…



>>637
まぁね。
俺はこの出来事の経験があるから、
師匠選びと弟子入りするって事は割とまじめに考えてるよ。
だから、本気で刀匠になりたい!やつがいたら、本気でアドバイスするぜ!

刀匠としてはスタートラインにさえ立てなかったけど、
弟子入りに関しては一応一戦超えたからなwwww




644 ◆LFp0vwuP22 2010/01/29(金) 01:01:10.25 ID:8mqHqCsu0
>>1が弟子入りして最初にきつかったこと、苦しかったことは何?


良くぞ聞いてくれましたキタ━(゚∀゚)━!
それはずばり「開墾」。

それは弟子として住み込み出して2日目の朝だ。
師「まず最初の覚えるのは炭切りだ。大きな状態で来る炭を、
  大きすぎると高温にならない。小さすぎるとすぐ燃え尽きてしまう。」
俺「はい!」
師「ではまずここ(鍛冶場の一角)に座って、やるから見てて>>164」
俺「はい!」
師「これが炭切り。まずは理屈よりやって慣れなさい。分かったら、こっち来て。」
俺「はい!」

離れの正面に行くと見せかけて大きく曲がり、正面の森へ。

師「この森はしばらく向こうまでうちの土地だから。」
俺「はい!Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!」
師「じゃぁ、そこのクワとノコギリ、他にも納屋の道具好きなの使って良いから、
  ここに炭切り場作って。木は根っこも掘って、石はどけるように。」
俺「はい?」
師「暗くて手元が見えなくなたら、母屋のチャイムを押しなさい。
  あと、ハブが出るから気をつけるように。出たらそこの道具で捕まえなさい。」
俺「はいぃ?」

悪夢の始まりであるwwwwwwww




643 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 00:52:08.73 ID:TDp5XT2g0
和泉守兼定って細川忠興の佩刀・歌仙兼定の作者でしょうか?
まあこれネーミングセンスが凄すぎるって話らしいけど……
最近立花家ゆかりの日本刀が気になる今日この頃。スレチになるからここでは話さないつもりだけどね。

>>1が個人的に考える最高の刀ってのは何だろうか?



>>643
大前提として、基本的に刀の名前=切ってある銘=刀匠の名前だからね。
初代:和泉守兼定は室町くらいの人だぜ。
土方歳三のは確か12代兼定だったと思う。

俺にそれを聞くとちょっと斜めな答えが返ってくるぜ。
もう一度どこかの鍛刀所で鍛冶場に立って一振りできたら、
間違いなくそれが俺にとって最高の刀。ヒビ入ってようがだ。

もう一つずれてるの承知で言うと。「人間無骨

信長の家臣、森武蔵守長可の使った十文字槍
首から鋒まで一尺二寸二分。
横手刃端の見渡しが一尺一寸。
表に「人間」、裏に「無骨」と入っていたため、人間無骨と呼ばれてるよん。
ちなみにナカゴには「和泉守兼定」銘が切ってあるから、何代目かの兼定。




651 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 01:39:39.30 ID:pIAot0X6O
>>1
弟子入りして
一番嬉しかった時は?



>>651
守り刀だったけど、初めて生の刀を持って、
そのまま目釘抜いてバラして、ポンポン(名前知らん)当てて油塗って・・・

俺はついに刀鍛冶の弟子になったんだ!って実感がわいた時。

俺の場合は「ついに」っていうよりも、「サクッと」の方が正しいがなwwwww




652 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 01:48:11.77 ID:OI9DIIyG0
ちろっと言ってたけど他の刀匠の弟子と交流ってある?
弟子入りしてやめていった人とか知ってる?



>>652
俺の前にいた幻の兄弟子は、二週間とかで辞めて入ったらしい。

当時刀関連のHPを開いてたのは、刀匠だと真鍋さんだけだったと記憶してる。
研師さんはちょこちょこあったけど、個人と言うより仕事用って感じ。
加えて当時「修行日記」って言う掲示板を改造したブログを書いてたんだ。
(勿論当時はブログ=blogって言葉は存在しない)

そこで鍛錬の方法とか、鍛冶道具をイラスト入りでかなり細かく、
ほぼ毎日更新してたからいろんな人たちからメールが来た。
そこから生まれた交流に、たまたま同じ弟子境遇の人がいたってとこだ。




659 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 03:03:58.35 ID:pRhPb8+RP
刀を打つには力がいるのか
じゃあ幼女に打たせてるルークっていったい……



>>659
今は大きな機械式ハンマーもあるから、正確には無くても作れる。
それでも鋼を火に入れて、奥~の方から炭を寄せて、鞴吹いて、
金床で叩いてまた火に入れて・・・どう考えてもそれなりの腕力はいる。

補助に徹するにしても、槌を振るうならなおさら必要。

【槌に関して】
俺の時は8kgくらいの槌を1.5mくらいの棒の先につけてた。
何度も言うように、鍛冶道具は自作が基本。
たしか火事場の隅に槌も4~5本あった。
持ち手の寸法も、槌の大きさも全てばらばら。

小さいのは一時期奥さんが使ったとかで、1.2mくらいのに3kgくらいの槌。
大きいのは1.6mくらいのに9kg近いのが一番大きかった気がする。




676 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 10:37:52.26 ID:3bNjv8SeO
実家の納屋整理してたら刃渡り60cmくらいの御神刀?守り刀?が出てきた
錆びまくってたから綺麗にしたいんだが、研ぎ師に持っていくもん?
それとも刀匠?
つかまず所持申請が先か?



>>676
①適切な処理をする:警察へ持って行き事情を説明
②とりあえずどんな物か知りたい:刀匠or研師
③どうあれ綺麗にはする:研師

どこから行ってもいんじゃね。
心金まで錆入ってるなら、供養>潰すことを勧められる可能性もゼロじゃない。
時に刀匠の所で、無事な場所だけで短く打ち直したりね。

もし後で届ける際に警察に先に持ってこなかったことを言われたら、
それっぽいこと言っとけばおk。
順序を問い詰められて、それが原因でお縄とかはまず無いよ。

「どうやって処理した良いか分からないから、本職の研師さんに相談した。
            そしたら届出の仕方を教えてくれたので警察に来ました。




693 ◆LFp0vwuP22 2010/01/29(金) 14:06:25.24 ID:8mqHqCsu0
過去HDD見てたら、当時のHP制作ファイルが出てきたぞ。


当時日記に載せてたイラストデータとかも出てきた。
>>690見たいなやつもいるようだが、ここ空がある意味本番だぜ。
HDDも10年物で読み取りがかなり不安定だから、先にサルベージやっちゃう。
もうちょっと待ってて。

だけどここは質問スレ。
それを忘れずに行きたい。


データ見てたら色々思い出してきた。

ハブ捕獲機について超熱く語ってたよw
わざわざイラレで図解作ってる。よっぽど気に入ってたらしいwwwww
これは>>644の中で大活躍する!


鍛錬所の写真出てきたぞ。なつい。

i0050569-1264742970.jpg


この後、写真内の道具を簡単に解説しよう。


写真が白黒なのは気にするな。
確か何かの資料用にフォトショで白黒変換したんだけど、
元データが見つからなかったんだ。

写真は折り返しが終わって「素延べ」
確か伸ばし終わって厚みを整えてるところ。
糞熱いから、金バサミでもって手槌で叩いてるね。

右下に壁みたいなのがあるだろ?これが炉。火床
 全長2m半無いくらいかな。
 見た目より深くなってて、30cm弱掘り下げてある。

・奥には炭を持っておく場所があって、左ひざに乗せてる長い棒でかき寄せる。

・炉との間にモサモサした山があるだろ?
 これが藁を炭にした「藁炭」の山。

・隠れてて見づらいけど、金床の左にある木の桶に水が入ってる。
 鋼をしめる時に使ったりする。

・右下に大きなハンマーの頭みたいなのがあるの分かるかな?
 折れちゃってるけど、これ槌の頭。
 通常使う槌は細長いけど(後でイラストうpする)、これは面を大きく作ってある。
 これが・・・う~ん・・・うろ覚えだけど、7kgくらいかなぁ。


データ見てたら、覚え違いがまた出てきたよ・・・
槌は全長90cmほどのを使ってたw
本当勘違いって怖い。




688 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 12:52:31.42 ID:Z+n5fFUB0
生活が安定しだしたら師匠んとこにちょいちょい顔出しに行くの?


>>688
そう簡単に行けるとこじゃない・・・って言うのは言い訳で、
色々理由があって行ってない。
奥さんとは( ´ノω`)コッソリ連絡とってたけど、
それもある時を境に取れなくなった。




691 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 13:16:31.01 ID:aYQ2re/T0
漫画とか侍が腰に刀をさしてるけどあれどこに差してるの?
歩くとき邪魔にならないの?



>>691
腰帯。
浴衣着るときに帯び巻くでしょ?




699 ◆LFp0vwuP22 2010/01/29(金) 15:40:22.74 ID:8mqHqCsu0
当時連絡とってた研師さんのデータが出てきたから書いとく。
特にどんな刀を研ぎに出すといくらかかるか分かるよう、
料金一覧が出てるから研ぎに出したい人は参考になるかも。



【研師:平井賢治さん】
研ぎの工程や、長さ・種類に応じた料金を掲載しているので、
後になって法外な請求が来ることはありません。
居合いの「無双直伝英信流」を修行されており、
居合い技術や、道場に関することも問い合わせれば答えてくれるらしいです。
(データは全て10年前のもの)

御刀研磨処 楽屋
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~katanaka/




703 ◆LFp0vwuP22 2010/01/29(金) 17:34:17.15 ID:8mqHqCsu0
>>1の考える刀匠に弟子入りする資格のある人ってどんな人?


-----------------------------------------------------------------
これに関しては弟子時代にリアルタイムで書いた物が出てきたから、
それをコピペして見よう。
-----------------------------------------------------------------

■弟子になる資格を持つ人 1

結論から言うとそんなものはありません。特別な才能や環境も要りません。
物作りだから器用じゃなきゃダメ?一日鉄叩くんだから腕力がないと出来ない?
そんなものはある意味関係ないんです。
下手な話をしてしまえば、刀の知識もろくに無くても入ってくる人もいるでしょう。
○○先生(師匠)や私もその一人です。

大前提は刀や刃物が病的に好きであること。そして辛抱強く多くの努力を出来る人。
体力はもとより体は丈夫にこしたことは無いです。
炎を目の前に一日ハンマー振ったりした日には、夜はぐったりでしょう。

■弟子になる資格を持つ人2

そしてお金です・・・身もふたも無い言い方ですが、
誰かお金の援助をしてくれる方がいないと始まりません。
ある意味最重要項目ともいえるでしょう。
基本的に弟子には給料などありません。せいぜいおこずかい程度です。
修行そのものの間はそれでも十分だと思いますし、そう困ることは無いでしょう。
しかし!問題は無事修行を終え、さあ独立となったときです!
まず鍛錬所がないと始まりません。
非常に大きな音が出ますし、煙やすすで周りに建造物があると汚れてしまいます。
ですのでよっぽど田舎でないと実家でと言うのは厳しいでしょう。
じゃあ家建てますか?隣に鍛錬所でも作って?そのお金は何処から出るのでしょう?
そうなんです基本的に独立時には否応なしに大金が必要になるんです。
○○先生(師匠)は独立時に約1000万円ほど必要だったと言ってみえました。
師匠に出してもらいますか?はっきりいって無理でしょう。
銀行も収入の無い人間にお金は貸してくれません。
これはやる気などではどうにもならないので、ある意味一番の障害になりかねません。

刀の知識に関して言えば、私はもともと好きでしたし
刃物など集めたりしてたので無知ではありませんでしが、刀に特別詳しかったわけではありません。
知人に「ろくに知識も無くよく弟子入りしようと思ったね」と言う人がいます。
しかし、好きで知識のある方が刀匠になろうとするのと、
最初はそうも知らなくても本当になりたくて勉強をするのとはどう違うのでしょう?
やはり大前提が違うので目標の定まった人がそのために学ぶのは、
趣味とは比べられないのではないでしょうか?
ですので、覚えてから弟子入りのもありですが、弟子入りしてから命がけで覚えるのもありです。

■弟子になる資格を持つ人3

刀匠の方は皆さん非常に苦しい修行の上に現在があり、
私のような考えは甘いと言われる方も当然いらっしゃると思います。
自分の知識の無さを正当化するつもりないですし、
言う資格が無いのも分かってはいます。
しかし、刀に限らず物作りは知識や技術よりも絶対的に必要なことがあると思っています。
知識や技術は身に付くし、伝えられると思います。
しかしどんなに知識や技術があっても、
長い修行生活のなかで辞めていってしまう人が多いのは現実です。

ここで何が言いたいかというと、誰にでも門は開かれているということです。
知識が足りないと言われれば勉強すればいいんです。
技術だって身に付いてるわけないんですから。足りなくて当たり前なんです。
本当に好きで、本当に刀を作りたいと思うのであれば、
自分で諦めてしまわないで下さい。
私は誰にでも道は開けていると思っています。

------------------------------------------------------------------
これを書いたときは21歳だったと思う。
青臭さを感じる長文だけど、言ってることは今と代わらないな。
今一言で弟子入りする資格のある人を言うと。

何があっても諦めないで、免許取得まであらゆる苦難を乗り越えると腹をくくれる人。




708 ◆LFp0vwuP22 2010/01/29(金) 17:57:21.10 ID:8mqHqCsu0
>>1の弟子時代はどんな待遇だったの?


-----------------------------------------------------------------
これに関しても弟子時代にリアルタイムで書いた物があるから、
それをコピペして見よう。
-----------------------------------------------------------------

■待遇(生活面)

給料は当然ありません。
後々は分かりませんが、おこずかいも今の所無いです。
先日お盆に実家へ帰省したときには援助頂けました。
住居は母屋ができる前に先生が住んでみえて、
現在展示室となっている鍛錬所に隣接している離れに住まわせて頂いています。
寝るときは中央にあるショーケースを端に寄せて布団を敷いて寝ています。
パソコンは私の私物なのですが、今は母屋に置いてありパソコン作業は母屋になります。

食事に関しては奥さんが作ってみえます。
ただ一人暮らしの経験もあり料理も好きなので、台所に立つこともしばしば。
洗濯は最初自分でしていたのですが、母屋の掃除全般とトレードして奥さんにお願いしています。
夏には家族の方々と一緒に、海へ連れて行っていただいたりもしてます。
現在は特別支障などは無く、良くして頂いてると・・・思われます・・・
でもご飯はいつも特盛だから細かいことはOKです。




707 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 17:55:36.72 ID:vuey8TnSO
飯ってどんなの食わせてもらってた?
以外と普通?



>>707
メニューは師匠家族と一緒。普通の食卓。
飯はある意味大変だった。

「鍛冶仕事は体力使うから、おなか一杯食べなさい!」
「一杯でご馳走様?だめよ!もっと沢山食べなさい!」

こんな感じで、いつも腹12分目まで食べさせる人がいたからwww
どんな時も無理やり食べさせらr・・・美味しく食べさせて頂きました。




711 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 18:01:52.98 ID:0juX8hEL0
鍛錬所って共同で持てないの?


>>711
持てるよ。
でも、同期の兄弟弟子が同じ鍛錬所を持つこともあるらしい。
>>541の「赤松太郎」って言うのは個人名ではなくて、グループ名みたいなの。
漫画家のCLAMPも実は4人でやってるみたいな。
こういう形もある。

でも、・・・誰かと共同で持とうと思うと、実際は大変だと思うぞ。
住む場所の問題から始まって、
作刀のタイミング。(火床は1つが基本だから)
鋼はそれぞれ持っても、炭などの消耗品は混ざってしまう。
収入がどちらか増えたとき、当然作業量も比例して増える。
何より職人の集まりだから、途中で方向性が分かれる可能性もある。

現実的に様々な壁を考えて、
それでも一緒にやれるのはやっぱり兄弟弟子だと思うな。




716 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 18:59:23.05 ID:BwQzW2aG0
模擬刀一本欲しいんだけど、どういう所のが良いの?
居合いの練習用



>>716
真剣だったり流派に属してきちんと学ぶなら色々気をつける点もあるけど、
個人的な練習用の模擬刀ならそんなに気にしなくて良いよ。

今適当に検索したんだけど、こんなとこで十分じゃね?
http://www5a.biglobe.ne.jp/~suwakou/subiai.html

細かいこと言うと素材は色々ある。

・亜鉛合金:硬くて折れづらい
・ダイキャスト:柔らかい、折れやすい
・ステンレス:硬いけど重い
・真鍮:安い
・鉛:安い、糞重い
・ジュラルミン:かた~い、たか~い
・鉄:鉄製は模擬刀、模造刀と見なされない

少し余裕があれば「居合刀」を買うと良いよ。

模擬刀:安い、刀身のバランスが悪いみた、
     振ってるとすぐガタが来る
居合刀:模擬等より高い、バランスの良いものが多い
     居合いの練習で振る前提で作られてるから長持ちする




717 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 19:01:13.40 ID:i7BQVvQ70
鍛冶場の近くに炭を扱う店を作ったら儲かると思う?


>>717
思わない。
炭はコンテナで買ってたけど、一度に3トン=250俵。
刀一本12~3俵としてみると、早々無くならないでしょ?
刀鍛冶相手なら、結局全国に出荷できないと商売にならない。

ちなみに現在で鍛錬用の炭と言えば松の木から作った松炭だけど、
昔は栗の木で作った栗炭なんてものも使ったらしい。

少ないけど炭も自分で作る人がいる。
「野焼き」って方法で丘に穴を掘って、そこで炭を焼くんだ。
俺の師匠は弟子時代は毎年6月か7月くらいから一ヶ月、
兄弟子と2人で軽井沢に泊り込んで1年分の炭を焼いてたらしいと言ってた。




720 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 19:36:16.63 ID:AYbXb5qO0
ブンゼンバーナーなどガスバーナーではできないのか?


>>720
火床に求められる大きなポイントは2点。
①温度:鉄の融点は1808K=1535度
②面で熱する:長い刀を均一に熱したい


①鍛錬では鉄が溶け出さないように気をつけながら温度見てたから、
 それより少し余裕があるとばっちりじゃね。
 そのバーナーは1600度くらいまで熱することが可能かな?

②バーナーで行うと言われて気になるのはこっち。
 一般的な刀のサイズは2尺3寸を考えると、刀身+ナカゴで鋼が1mになる必要。
 これを腕と炎の面積で均一に熱することができればおk

折り返しのときなんかは鋼がW100m×H30mm×D300mmくらいになる。
積み沸かしのときは高さが50mmになるときもある。
その厚みを炭は中に埋めて、包み込んで全方向から熱する。

バーナーで同等の熱を加えられればおkぜ。
きっと炉になっちゃうと思うけどな・・・




725 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 20:57:22.52 ID:btSyB3nN0
やけどしたら、労災とかおりるんですか


>>725
労働保険とか失業保険とかそう言うのは無い
だから労災も無い

ただし、最近は労働基準局がうるさい>>288から対策してるとこもある。
そうすると形上保険に入ってて、労災降りる可能性はあるね。

今から弟子入りする際は、こういう昔ではありえなかったことも聞いたほうが良い。
これはあまりノウハウとして知ってる人が現役でも少ないから・・・
何とか生かせると良いんだけどなぁ。




733 ◆LFp0vwuP22 2010/01/29(金) 21:28:41.78 ID:8mqHqCsu0
散々「玉鋼」って出てくるけど、精錬されると鉄がどんな姿になるか見たこと無いだろ?


上のが良い玉鋼。
s-i0050654-1264767754.jpg

下のはちょっとランク落ちの玉鋼。
s-i0050653-1264767754.jpg


写真じゃ分かりづらいけど、表面は毛羽だっててチクチクする。
グッと握ったら、目に見えない細かい鉄の針が大量に手に刺さりそうな感じ。

赤や青、エメラルドグリーンやゴールドの色が入るんだ。
俺の住んでた展示室にも見学用に置いてあって、
入ったばかりの頃手にとって綺麗でずっと見てた。




732 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 21:25:48.64 ID:i7BQVvQ70
正直>>1のレス見てたら刀鍛治にすごく興味が沸いてきたw
でも常識的に考えて腰痛持ちだと無理だよな?www

あと、刀鍛治の弟子って職業なの?
履歴書とかに刀鍛治の弟子って書いたの?



>>732
腰痛持ちは辛いけど、途中で腰痛めるやつも多い。
スプリングハンマーなる巨大な鍛錬用機会もあるから、
大きな向槌を振れなくてもやれないことはない。

試験では向槌が必修だから、試験のときだけ歯を食いしばればおk。

刀匠が職業である以上、刀匠見習いは職業といって良いと思う。
俺は普通に採用応募して面接とかしたこと無いから分かん。
普通に考えると数年履歴書に穴開いたら、書かざるを得ないだろ。




745 ◆LFp0vwuP22 2010/01/29(金) 22:08:26.92 ID:8mqHqCsu0
おい>>1よ、炭切りが弟子仕事の基本なんだろ?
みんなでも出来そうか分かりやすく説明しろよ。



任せろ!

おそらく誰もが、弟子入りして最初にする仕事の一つ。
炭は基本的に図①の様な状態で来る。
だからそれを「炭切り鉈」とか「炭切り包丁」といわれる物で切る。
割るんじゃなくって切る

i0050666-1264770082.jpg


太さや長さは個体差が大きいから、4分の1~6分の1に縦割りする。
さらに細かく切って3~4cm四方に。
これにより火力の平均化等をはかる。
なお焼き入れ時に使用する炭はもっと細かくした(2cm程)炭を使用する。

これがやってみると、最初はうまく切れないで砕けてしまう。
そうすると当然大きさが不統一なため火力や火持ちが一定にならない。
また、割ると炭粉が半端じゃなく舞うから、全身はもとより鼻くそまで黒く染まりまる。

炭は上手に切れると「キンッ、キンッ」と金属音の様な音で切れる。
これを炭切り音と言って、地図の無い時代は立ち上る煙とこの音を頼りに、
鍛冶場を探したと言う話もある。




742 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 21:54:54.13 ID:JiISAgQa0
正直>>733の写真にIDを入れる意味は無いと思う

何でそんなカラフルな色が入るんだ
不純物って奴か?



>>742
うん、意味無いな。
見てる側なら俺も突っ込んだんだろうけど、やる側になるとこうなるw

色とりどりの物は、基本不純物の類。
精錬の過程で同じ成分同士がくっつくんだ。
それで窪みたまるようにして色が付く。




751 ◆LFp0vwuP22 2010/01/29(金) 22:43:32.08 ID:8mqHqCsu0
>>168の⑧空締めとか⑬鍛冶押しで、刀の形を整えるって書いてあるよな。
鋼の刀を削れる鉋(カンナ)とか鑢(ヤスリ)ってどんなのだよ?



これは代表的な道具として2回に分ける。

■鑢(やすり)

刀は切っ先を打ち出した状態で焼き入れ前に、
鑢(やすり)やせん鋤などを使い整形する必要がある。
特に鋼の鍛接面は焼き入れ後は大きな整形はしないため、
きっちり水平にしておかなければいけない。焼入れの準備的な作業でもある。

i0050673-1264772021.jpg


上の鑢はどうと言うことのない、普通の鑢。(でかいけど)

下の見慣れない物は元々はドイツかどこかの外国で使用されていた物。
他の鍛錬所では使っていないと思う。以前に外人さんから貰ったそうな。
これは右の持ち手を握り、左の丸い取っ手のようなものの上に手を置き、
押し付けるように押し込んで削る。体重が乗るので使いやすい。

でも、これが意外と難かしいです。
見た目も、触っても殆ど水平にしか感じられなかったりする。
でも、鑢が当たってないんだから水平なわけも無く・・・
研ぎや鑢のミスは、パっと見た瞬間に見抜かれてしまう。

何度か勢いあまって角を落としてしまったことがあるけど、
頭に響く言葉はいつも一緒・・・やっちまった・・・

■せん鋤(センスキ)

せん鋤とは一般的に火造りを終えた後に、
刀身の表面をきれいに削って余計な肉付きを落とし整形する道具。
別名:手押し鉋(カンナ)

i0050691-1264775026.jpg


簡単に書くと上図のようなもの。
形状については刃部が直線の物もあるが、
種類というよりは使う対象と研ぎで形状を決める道具。
最初はこれを使うのが、かなり怖い。
ちょっと力を入れるとガリガリ削ってくれるから、
ここまで苦労して作った刀の形が一瞬で変わる。

「やっちまった!」なんて思っても時すでに遅し!
当然、削った部分は戻せない。悲劇だ・・・

でも俺の一番好きな鍛冶道具はダントツこれ!
ガリガリと鋼の鰹節の如く研ぎカスがでてくる様が妙に好き♪




761 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 23:33:00.59 ID:LpVxcgknO
イメージにあるかんなと随分違うな
これどうやって厚み調節するの?



>>761
刃の角度と力加減
微妙な曲線も削る時あるし、各面取りなどさまざまな使い方をする。
削り量もリアルタイムで加減しながら削っていく。
だから、カンナみたいに調節しないと削る厚み調節できない器具だと間に合わない。

また、カンナは視界を塞ぎ過ぎる。
「向こう」が見えないと使えない場面が結構あるんだ。




747 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 22:20:17.84 ID:MB/vf2xl0
今更だけど1500℃の炎の近くで何時間もハンマー振るのってさ、
なんか全身低温火傷とかなりそうなんだけど、大丈夫なの?



>>747
大丈夫だったから大丈夫なんだろwww

内容によって30分~1時間間隔で休憩取る。
脱水症状になるから。
外出るとベチョベチョに汗かいて、体の前面は真っ赤っか。

俺は毎回頭から水被ってた。
当然足元までべっとりだけど、作業始めるとすぐ乾くんだなこれがw




748 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 22:28:58.90 ID:ksI5wvlf0
s-org604584.jpg

こんなふうに丸い台(?で叩いたりすんの?これは中国だし槍打ってるんだけど
手で握ってるのは気にしないでくれ。この人はこのあと槍そのものになっちゃうから
うしおととら13巻より

ベルセルクのゴドーがどーだったか知りたいけど単行本が手元になかった



>>748
丸い大で叩いた時に少し外れたら、刀が曲がっちまうぞ。
加えて力が「点」に集まって鍛錬できない。
国とか作ってるもの関係なく、基本は「金床」って言う四角い台で叩く。

ただ、長いこと使ってると、どうしても端が欠けたり削れたりして丸くなってくる。
そこを要所要所で上手に使ったりはするな。

うしとらはもちろん全巻持ってるぜ!
3回全巻売りしたけど、4回買い戻したwwwwうぇっwwwwwwwwwww
ベルセルク見ようとしたけど、本棚に入らないから25巻以前しまいこんでた。




750 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 22:37:34.97 ID:LpVxcgknO
太郎太刀や斬馬刀みたいなデカい刀作れる?

ブラックジャックのメスは刀鍛冶が作ってたけど
実際外科手術に使えるようなメスを刀鍛冶が作るのは可能?

東芝の創業者が作った万年時計に組み込まれていたゼンマイは
腕利きの刀鍛冶が作ったらしいけど凄いもんなの?
厚さ2.3mで長さて4mの真鍮をで少しづつ巻き取ったらしい
それも4つも

刀の他に長巻きとか槍とか南蛮胴、兜なんか作ってた?



>>750
作るだけなら出切るだろ。
それだけ巨大なものが入る火床を持ってればだけど。
そんな大量に鋼を無駄遣いしてるのみ使ったら殺されるけどな アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

医療用のメスはあの薄さで手術一回持てばいいなら、恐ろしく切れるの作れるぜ!
まぁ、鉄は錆びるから絶対に衛生面で採用されないけどな。

万年時計に関しては前にも出てたな。
ちょっと調べたけど、巻きバネが機械で作れないから人の手で作ろうとして、
刀鍛冶のところに白羽の矢が立ったんだろうな。

4mと言う長さを一定の厚みで叩いて曲げていくって、
言葉で言うとそれだけだけどすさまじい技術と集中力がいるぞ

しかもそれを複数個、同じ張力の物を作った物つくるとか化け物だよな。
熟練の刀鍛冶でも誰もが作れるもんじゃないぞ(。
神認定して良いだろう(゚∀゚)神のヨカーン




759 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 23:18:54.68 ID:LpVxcgknO
おおっ、レス有り難う
あれはやっぱ凄いのか(ゼンマイ)
でも万年時計の完成は開国以前、
ペリーもまだ来てないような時代だから機械がそもそも無い
最初から人の手で作ろうとしたんだろう
万年時計は他の部品も100以上歯がある歯車を
全部ヤスリで削って作るとか変態的だしw



>>759
そんな昔の話だったのか。
そもそも鉄加工自体が鍛冶屋の仕事だった時代だな。
マキバネは伸縮を繰り返すから耐久性と一定の硬度を求められると思う。
そうなったら刀鍛冶に行くのは妥当だ。

> 万年時計は他の部品も100以上歯がある歯車を
> 全部ヤスリで削って作るとか変態的だしw


それ以外手段が無いだろうからやむを得ない。
むしろそれを作り上げた技術と知識に脱帽だ。




752 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 22:49:14.65 ID:AYbXb5qO0
突き鑿や槍鉋、釿などは扱っているの?


>>752
鑿(ノミ)とか鉋(カンナ)、釿(チョウナ)、錐(キリ)などの道具に関しては、
ちょっと分別が難しい。

というのも、基本自作するから使いやすい形を作る。
「これは鑿」とか「これは鉋」って言って作るんじゃなくて、
作った道具が形状が近い物と同じ名前で呼ばれるって感じ。

たとえば釿は>>760のせん鋤(センスキ)が近いな。
形状も用途も。ただ、せん鋤の場合は両刃だから押すことも出来る。




755 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 22:56:44.43 ID:wdaXyGA5O
今刀鍛冶やってるやってない別にして、作刀許可ある人に金払って名前だけ置かしてもらって四年後作刀許可申請とかあり?


>>755
でも5年目に実技試験があるんだぜ?
5年目の試験の前に4年目から参加できる研修もある。

弟子入り4年経過したら受けれる研修。
美術刀剣類の製作認証申請をする人、つまり作刀免許が欲しい人が受ける。
情報がちょいと古くて悪い。これしかないんだ。

【平成14年度美術刀剣刀匠技術保存研修会実施要項】
研修内容
(1)講義
  文化財保護行政における美術刀剣と銃刀法   70分
  日本刀史概論                     60分
  刀装概論                        60分
  研磨の知識                       80分
  刀剣の見方・取り扱い                 80分
  美術刀剣と刀匠                    40分
  たたら製鉄                       80分
  実習使用の材料                    80分
(2)実習
  皮鉄造り                        420分
  心鉄造り                        420分
  組み合わせ鍛錬・素延べ              180分
  火造り・荒仕上げ                   240分
  土取り                          180分
  焼入れ                         300分
  反り直し                         180分
  鍛冶押し                        120分
  茎仕立・銘切り                     240分
(3)実習補修                       240分
(4)総合評価                        30分
(5)開・閉講式、オリエンテーション            30分
                    (計3120分) 52時間10分

研修内容を見ると今の刀鍛冶は「甲ぶせ」と言う、
刀の作り方が主流だと言うことがわかる。
この作り方は江戸後半からの物で実は新しかったりする。

そのほかの内容については・・・

1 対処者
 新たに美術刀剣類の製作認証申請をしようとする者。
平成14年9月1日現在で、すでに刀匠の下で4年以上の作刀技術の錬磨に専念している者で、
1年後には美術刀剣製作承認規則の規定に基づき
美術刀剣の製作認証申し込みを行うことが可能と見込まれる者。
 なお、すでに美術刀剣類製作認証規則の規定に基づき
美術刀剣類の製作認証を受けた者のおよび本研修会を以前に受講し、
終了した者は、今回の研修の対象者とはなりませんのでご注意願います。
 
2 研修期間
 平成14年9月20日(金)~9月27日(金)  8日間
 
3 研修会場
 財団法人日本美術刀剣保存協会日本刀鍛錬道場
   (島根県仁多郡横田町大字大麻呂529)
 
4 費用
 教材費を除く旅費および宿泊費等は、受講生の負担とする。
 
5 提出書類
 (1)受講生の直筆の履歴書(市販のものに写真を貼付したもの)
 (2)受講生推薦者名簿(都道府県教育委員会作成(別紙様式1))
 (3)受講生の指導にあたった刀匠の過去5ヶ年の美術刀剣類製作完了実績証明書(都道府県教育委員会作成(別紙様式2))




762 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 23:34:45.36 ID:tfvcmvCD0
質問です
刀の話自体非常に興味深く読んでおりますが、個人的には金属器に興味を持っています

>>758で「錆びる」って出てきたので連想ですが
1さんは「錆びる」というのを感覚的にどう捉えていますか?
化学的に酸化とかって話じゃなくて、あくまで感覚的な話で。

あと、鉄(または鋼)というものをどう考えていますか?
私は硬くて柔らかいという感覚を持っているのですが。



>>762
良い質問するなw

錆びに関しては「喰う」。
錆が喰うっていう表現はあるけど、それは錆が「出てくる」っていう表現だろ?
俺は錆が鉄を食べているイメージ。
蟻が何百匹も集まって、あっちこっちを少しずつ喰い広げていく感じ。

鋼は「優しく触ると水のようで、激しく触ると岩より硬くなる」。
鞴(ふいご=空気を送るポンプ)の強くして温度を上げればドロドロに溶かせる。
叩いて折り返して冷やせば、鉄も切れる鋼の刃になる。
変幻自在だ。




774 ◆LFp0vwuP22 2010/01/30(土) 00:38:05.30 ID:ZwMM5zVv0
>>1がいい加減なことばっかり言うから、良く分からんくなってきたぞ。
槌は結局どういう形?大きさは?
イラストとか無いのかよ!!!



10年も前のことなんだから、多少の勘違いもあるわ!

■向槌

刀鍛冶といえばこれ。弟子はこれが無いと仕事が減る。
焼けた鉄を叩くための道具。向槌(むこうづち)。
これから生まれた諺が「相槌を打つ」。>>79

i0050724-1264779035.jpg


至ってシンプル。絵ではハンマー部は円柱型だが、俺が使っていたのは八角形。
これももちろん自作する。
代表的な絵であり決して手抜きではない。
柄は樫の木で重量は8キロちょいのを使っていた。
重量のほとんどがハンマー部。
つまり8キロがテコの原理で、持ち手にはそれ以上に負荷がかかる。
主に鋼を鍛えるときに使い、弟子が二人もしくは三人一組で交互に打つ。

頭より高く上げて、一気に振り下ろす。
その際に力加減も大切だけど、最初は槌の「面」で綺麗に叩くのが難しい。
力いっぱい叩いた時に、少しでも槌が傾いてるとそこが凹でしまう。
慣れると力いっぱい槌の振るいつつ、底を面で叩けるようになる。




763 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/29(金) 23:41:18.50 ID:QOolWT2+P
巨大な刀というと祢々切丸か破邪の御太刀なんだけど布都御魂と違って反りの入った太刀なんだよな
反りのあるものはバラバラにつくったものを繋げるってわけにもいかないみたいなんだよね
一回こっきりのもんだから専用の火床をつくったのかもだが謎だ

まぁ、ああいう奉納用の奴って振ってるだけで自壊するとかいうけど
(それ以前に振れない



>>763
こういう刀が有るのか。
どこまで長い刀を作れるか?って質問に、
>>346-347のレスで7尺くらいじゃね?って言ってたけど・・・

1寸以上長いのが実在したんだな!
でもこれは技術が追いつけば打てるだろ。
この技術は叩いたりとかそういう技術よりも、「熱」に関する技術の方が重要だと思う。
鞴で調整できる火で一度に熱することが出来る距離は限られるからな。
つまり焼入れの技術。

長尺のものを鍛錬する専門設備を作れば・・・あるいは・・・
おっと熱くなってちまうとこだったぜw

でもどの程度のレベルまで鍛錬されてるかも、興味があるよな。




773 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 00:34:02.52 ID:JbnSbqZtO
いまいち、「折り返す」って動作がよくわからないんだけど、具体的にどんな風に何をするの?


>>773
■折り返し鍛錬

玉鋼の写真を見て欲しい。
s-i0050654-1264767754.jpg


①中までで穴が開いている
②鋼の組織結合が弱く柔らかい
③全体の炭素量にムラが多すぎる


組織結合を強め気泡を無くし、硬くするため炭素量の複合比率を上げたい。
その手段として何度も延ばしては折り返す「折り返し鍛錬」を用いる。

i0050735-1264782134.jpg


図のの鍛え方を「一文字鍛え」と言う。
他に切り目を縦横交互に入れて折り返す方法を「十文字鍛錬」と言う。
②の打ち伸ばすのが向槌の主な役目で、
この時の師匠と弟子のやり取りを「相槌を打つ」と言う。

この後、再び炉の炭の中に突っ込む。
基本的に下の奥に入れるため、炭を掻き上げてそっと入れるて炭をかぶせる。
折り返したばかりで癒着が弱く、無理に突っ込むとズレてしまう。
癒着がうまくいかない時は「四ホウ酸ナトリウム」と言う薬品を断面にかけると、
癒着しやすくなる。しかし、薬品に頼る鍛錬はダメだと言う方もいる。




782 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 01:59:05.07 ID:tEYwZ8GM0
勉強になるわ
刀鍛冶について資料とか考察とかでオススメのサイトとかないですか?
もしくは参考書?みたいなのとか
本書き志望だから実際にやってる人の考え方とか実体験の話はマジ貴重だわ



>>782
ここ読破して、中身ちゃんと頭に叩き込んだら刀語れるぞ。
頭でっかちだけどwww

ttp://www.h4.dion.ne.jp/~t-ohmura/




786 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 02:28:20.22 ID:eSnuOyo/0
>>1はビジネスとして刀関係にまた触れたいとかそんな気持ちはないの?
また修行したいか、とかについてはどっかに書いてあった気がするけど



>>786
ビジネスとか刀剣業界っていうよりは、俺個人として刀文化に関わりたい気持ちはある。
具体的には、これから何やるかきちんと決まったら、
腰落ち着けたところから通える刀匠の元で、また作刀を学びたい。

仕事しなくてもお金入ってくるって、別に楽しくは無いんだよね。
むしろ、俺みたいな仕事人間体質には辛い。
このスレ見てて分かるだろ?やると決めたことは噛り付いてでもやる。
その対象を今探してる。




789 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 06:45:23.31 ID:o/PBsHUt0
祖父が自分で使う農具の鍛冶をやってたなあ。元が武士な家系だし、もしかすると何代か前は刀うってたかもしれん
生きてるうちにいろいろ聞いとけばよかったな



>>789
農具の類も精度は高くなくて良いから、自作できるとGood。
自分の体力に合わせた重量、寸法。
土質や目的にに合わせた形状。
こういうのはやっぱり長年やってると創意工夫が入って来るから。

昔の大農場では鍛冶役もいたと聞いたことがある。
最近はコンバインでガーってやっちゃうから、そういうことする人はいないんだろうなぁ。




790 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 10:18:52.15 ID:P8eSjBMeO
日本の魂なり


>>790
伝統であり、文化であり、誇りであり、魂だね。
でも霞で飯が食えないのも現実なんだぜ。




791 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 11:03:03.08 ID:eSnuOyo/0
ていうか>>1の打った守り刀とかドリルとか売ってたってことだよね?
その売上は全部師匠のもんなの?



>>791
作刀免許も無い弟子が、たまに収入生んでも生活費には足りないんだぜ。
守り刀が30万で売れたとして、粗利が大体10万位かなぁ。
人件費の見方によるし、積み沸かす鋼も以前のと混ざるし単純には出しづらい。

一ついえるのは、弟子は最低5年面倒見ると考えても、
食費水道光熱費+雑費で4万/月×12ヶ月×5年=240万。
当然弟子の練習用材料&炭費用。
5年で修行が終わることはまず無いし、何かでポロっと出費もあるだろう。
一人7年として弟子育てる最低資金が500万/人。

とても自分の売り上げとは言え、寄こせ!とは言えねぇ・・・




798 ◆LFp0vwuP22 2010/01/30(土) 12:33:50.56 ID:ZwMM5zVv0
>>1はどうみても優秀な弟子だったようには見えん。
弟子生活中にやった大ポカを語ってみろよ。



もちろんやったよ。やった瞬間真っ青になった・・・
物の説明と、手入れの仕方&失敗編の2本立てだ。

■丸砥

>>760のせん鋤った後、刃付けの際の下地作りや、
錆が酷いものをざっくり削る時に使うのがこの「丸砥」。

i0050799-1264822368.jpg


鍛錬所の壁にくっついていた彼は、
スプリングハンマーと連動しているベルトコンベア―ですごい音を立てて回る。
刃付けなど最初の段階で大きく形を取ったり、整える場合に使うことが多い。
なかなかパワフルに削ってくれるんでちょいと気を抜くと、果てしなく削ってくれる剛の者。
これないと刃付けの研磨が非常大変。
もちろん他のさまざまな作業で活躍してくれる。

■丸砥の手入れ

長く使っていると、凹凸が出来てくる。
そうすると物も綺麗に砥げない・・・と言うことで手入れをする。

i0050804-1264823747.jpg


①の破線が真丸として、こういった感じで所々凹むように減ってくる。
②のように板渡して鑢を固定しておいて、尻側を丸砥にあわせて回す。
③するとガリガリと高いところが削れて溝が出来ていきます。これを目安に削っていく。
まあこんな感じで結構アナログに手作業で削って行くのだが、
聞くと簡単そうだが舐めてかかるとえらい痛い目にヽ(´Д`;)ノアゥ...
水平に叩く。これがむずい。ちょっと斜めに叩くと角がガンガン落ちる。

--------------------------------------------------

そんなこんな少し慣れてきて他事考えながら叩いていたある日、
ふと見ると、中心から一線ヒビが・・・ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

再起不能にて撃沈。これでもう丸砥は使い物にならない。終了フラグ・・・
直径約70cm近く残して単なるオブジェ、大きな石ころと化しました♪
ちなみにこの丸砥は新しく買うと・・・何十万とする(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ




805 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 14:38:41.01 ID:koqV/VDn0
刀の手入れってどんなの?
専用のを買うの?



>>805
専用のお手入れセットを買うのが一般的。

①目釘抜き
②ポンポン(名前知らない)
③拭い紙
④丁子油
⑤油紙


①はミニチュアハンマー。
 これで柄と、ナカゴって言う刀の柄に入ってる部分をつないでいる、
 木製の釘を叩いて抜く=刀身が鞘から外れる。
②ポンポンは砥石の細かい粉を紙と布で包んだもの。
③手入れの前に、ついている古い油を拭う。
 油用とポンポン粉用と2枚ついてるのは良いお手入れセット。
④刀が保管中錆びないように油を塗って「油膜」で守る。
⑤油を塗るときは、これで塗る。
  塗りは少ないと意味が無いが、多すぎると鞘に良くない。




819 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 16:22:17.10 ID:koqV/VDn0
刀って確か1キロくらいあるんだっけ?
体力ない人にとっては重い?刀の重さを何に例えればいいんだろ



>>819
厚みで変わるけど、大体一般的な2尺2寸くらいの刀で800gくらい。
1キロのダンベルある?それもってシャドーして見て。
あっという間に腕が上がらなくなるよ。
しかも刀は長いから遠心力がつくのと、かかる力も梃子の原理。




821 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 16:36:20.97 ID:koqV/VDn0
刀の鍔っていろいろあるの?
何か意味があるのかね



>>821
色々って言うか、ぶっちゃけ好きなの作ればいいから無限。
意味はある。鍔が無いと指を落とす

・受け太刀した時に指を落とされる
・血って基本すべる+刀身を伝って鍔元までたれてくる
 突いたりした時に鍔無しで手がすべると、自分の刃で指を落とす。

ここで出てくる疑問は、守り刀などの短刀はどうしてないの?ってこと。
大きな理由は3つほど。
①鍔がついていると、服の中に隠しもった時ばれやすい。
②短刀や匕首、守り刀は漫画みたいに主力で使うものじゃない
③戦場のような場所で複数人相手にしたり、受け太刀することは考えていない




832 ◆LFp0vwuP22 2010/01/30(土) 18:30:38.20 ID:ZwMM5zVv0
実際に弟子生活をして見ないと分からない、刀匠や鍛冶屋の生活を語って見れ。


生活ネタ事体はもちろんあるんだけど、
刀匠の弟子でなければ経験できないことか・・・

一般向けの即売会の様子でも語って見ようかな。

県主催で地元の工芸展みたいなのがあったんだ。
ガラス物やら陶器やら、いろんなものが出てる。
そこで刀鍛錬所でも出展することとなった。

でも一般向けのイベントだから客寄せパンだとして刀を出しても、
製品の性格上、販売は期待できない。
切実に現金が欲しかったwこともあり、新商品の開発に乗り出した。

以前から販売していた「玉鋼鍛造切り出し小刀」がある。
物としてはみんなが小学校、中学校で使った小刀と一緒だと思ってくれ。
小刀としては高価だけど、刀と同じ鍛えで切れ味は最強。
そして刃以外は全体を漆塗りで仕上げてある贅沢な一品。
しかし、製品として売りは多いのだが価格が3万~5万弱と高くなってしまう。
当然売り上げはイマイチ。

そこで古い資料を片っ端から開いて商品化の糸口を探すこととなった。

■鍛錬所の新製品開発

刀匠、刀鍛冶としてのイメージを崩さず、
一般のお客様にお求め易い価格で、なおかつ売れるものを。
鋼だけでは高くなるから、周りで手に入るあらゆる材料を使おう!

いくつも試作してはだめだし。
そこそこの出来でもありふれた物ではインパクトが弱い。

最終的に3つほど残った中から、
・一般に知名度が無く珍しい
・どれだけ調べても、他の刀匠で販売しているところが見つからない
・日常でも利用できる
・通常の作刀過程から量産できる
・原価が抑えられるため、比較的安価で販売できる
・弟子である俺がメインで作れる。

こういった要素から「刀子」を作ることとなった。
「玉鋼鍛造切り出し刀子」(○○漆本塗り仕上げ)

展示会販売編へ続く

■展示会販売編

色々あって展示会当日を迎える。
見慣れた工芸品展の中にひときわ異彩を放つブースがある。うちだwwwww
守り刀など客寄せ用の刀類に混じって、切り出し小刀や刀子が並ぶ。

意外なほど食いつきが良く、すぐ人が集まる。
みんな刀はやっぱり興味があるし、本物は珍しいらしい。
ここで昔すし屋で働いていた俺の血が騒ぐwww声でけぇwwwwwww
叫び続けるがまったく売れる気配が無いw
手に取りたいと言われればかけつけ、刀のウンチクを言いたい人にはお付き合いwww

その時ふと気づいた。刀子が足りない・・・
まだ一本も売れてないのにwwww2つ足りないwww万引きwwwwwwwwwww
そう、金欠の我が鍛錬所では、ブースにガラスケースなど設置できなかったのだwwwww
刀子はほんと~~~~に苦労の上で作り上げたもの。
何十本と潰して作り上げた地と汗と涙の結晶!!!
ここから万引き監視に力が入る。

そして2時間ほどたったころ、不審な動きをするやつがいる。
普通は一本ずつ手にとって見るが、何故か同時に複数本を見ようとする。
一本置いては、また一本加える。何か不自然だ。
出切るだけ目を離さないように他のお客さんを相手する。
ワザと手一杯ぽく演じて、背中を向けたりする。

ふと見ると物をさっと戻して離れていく。
バランスよく並べてあるけど・・・数えると一本足りない!!!
まさか万引きと戦うとは思わなかったwwwww

■万引き対決編

取ったのは60~70くらいのお爺ちゃん。
俺「おじいちゃん、今一本戻し忘れてません?」
爺「急いでるから・・・」

ブースに引きずり戻して鞄を確認する。入ってない。
物が細いから袖とか懐にも隠せる。ちなみにこんなの。

i0050877-1264846214.jpg


俺「お体確認させて頂いていいですか?

ここから急に態度が変わる。
爺「俺は盗っとらんと言ってんだくぁwせdrftgyふじこlp;@」ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
俺「盗ってねぇなら見せろって言ってんだろぉぉぉ!」(#・∀・)ムカッ!!

当時はストレス溜まってたのか、俺の沸点も低かったwwww
半分もつれ合うように叫びあってたときに、爺の頭突きが俺に決まる。
鼻血出る→俺切れる→近くにあった小太刀を手に取る( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
ここで抜いてたら、確実にムショ行きだったwwww俺www自重wwwwwwwww
座り込んで( ゚д゚)ポカーンとしてる爺に鞘尻突きつけて、
何やら叫ぶ俺。何叫んでたかは正直覚えてないw
飛び込むように現れる師匠→やくざキック→飛んでく俺Σ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノ 

その後爺の袖から刀子が出てきて、二人正座で師匠に説教受ける。
その後二人で警察に行って、俺も突き出す師匠。
結局こちらは盗難被害届け出さず、俺も抜いてないしと言うことで無罪放免。

みんな切れても真剣を振りかざしたりしちゃだめだよ!




842 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 19:54:10.17 ID:noI2iVEH0
>>840
「折り返し鍛錬」って必ずやらなきゃダメなもの?

あと、昔軍用に自動車や鉄道貨車のリーフスプリング使って刀を作ったと
聞いたことがあるんだけど、そんなので刀になるの?
スプリングを溶かして刀の鋼材にしたんじゃなくて、スプリングを刀の
形に削って焼入れして刃をつけた、ものだそうなんだけど・・・。



>>842
やらないと焼き入れで確実に割れる。
ナマクラ以前に刀にさえなれない。




851 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 21:04:26.37 ID:noI2iVEH0
何回くらい折り返すのがベストか・・・というのは秘伝なんだな、やっぱり。

かりに、千とか万とかの単位で折り返ししたらどうなる?



>>851
折り返しの回数は秘伝と言えば秘伝だし。
そうでないと言えばそうでもない。
折り返しはその日の湿度や叩いている鋼の量、
鍛錬具合などを総合した「鋼の様子」を見て多少前後することがあるし、
刀を作る土地の湿度などでも適切な回数が変わる。

作ろうとする刀の寸法でも適切な硬度や「ねばり」がある。
短刀のように短い直刀はわりと硬く作る。
長いものほど粘りが無いと、刀が折れてしまう。

また、折り返しは途中で「足す」と言う発想は基本的に無い。
だから多く折り返す=そのぶん鋼の量も減ってしまうことを考えると、
数千回折り返えそうと思ったら均一に熱せない量の鋼が必要になる。
そのことから現実的でない。

一度の鍛錬段階で折り返す回数は、実際は多くて12~3回程度だと俺は思う。




848 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 20:36:09.15 ID:ysy/v2q5O
ところで、師匠は当時何歳位だったのかな?


>>848
確か50くらい。
刀匠としては体力と経験のバランスから充実してる時期だね。




854 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 21:21:47.27 ID:ylRXlFSG0
>>1
弟子入り中は自炊してたの?
どんなモン食べていた?



>>854
そういえば、おやつ代わりに火床で焼き芋とか焼きカボチャ作ったな。
炭をよわ~く炊いて、小さいカボチャを埋めて蒸し焼くんだ。

これは炭じゃないと出来ない美味しさ(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

>>164は作刀手順を中心に書いたから、
本当の弟子生活のある日を書いて見ようかな。
俺の食生活も垣間見れるよ。
朝から牧場へ生乳をもらいに言って、養鶏場で卵を貰って来るんだw


■ある刀匠の、ありふれた弟子生活の一日

5時 :起床
5時半:火床に火を入れて暖めておく
    向槌練習、左右50×3セット
6時 :徒歩で近所の養鶏場で卵回収し、そのまま牧場で牛乳回収
    戻って炭切り
7時過:庭で水浴び、ノラ猫にご飯を上げる
7時半:朝食
8時半:掃除などの雑務
9時半:午前の作刀作業
12時 :昼食&お昼寝
13時半:午後の作刀作業
16時 :炭切り
17時 :風呂&勉強タイム
18時半:夕飯
19時半:夏祭り準備手伝い、地元の女子中高生と戯れるヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
21時 :帰宅>就寝




867 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 22:49:24.47 ID:q5YzOPS6O
>>1の弟子時代に
遊ぶ……というか
気分転換の為に行く所は
あったの?



>>867
朝の卵回収時の散歩と、夜離れで一人古刀の作品集を読んで妄想するくらいかなwwww
米軍さんが来ると師匠は母屋に消えるから、その間もフリーダムだったなwww

気分転換は・・・久しぶりに来ました・・・言っていいのかな?まずい?・・・
言うけどねwwwwwwwwwwwほっほーwwwwいぃぃwwwwwwwwwwwwwwwwwww

米軍のお偉いさんで刀がどうしても欲しいお馬鹿さんがいて、
遊びに行ってたりしたwww色々したぜwwwwwwww治外法権ww万歳wwwwww




872 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/30(土) 23:25:43.73 ID:ylRXlFSG0
やっぱりアメリカ人てKATANA好きなんだなあ


>>872
軍人さんはナイフとかで、ある意味リアルな需要があるから。
特にレンジャーや特殊部隊の方々のナイフへのこだわりはすさまじい。

俺があった限りでは、はっきり分かれてて。
ジャパニーズソードには神秘の力が宿ってると本気で信じてる派と、
現代科学の粋を集めたアーミーナイフの法が上!と思ってる派

前者は日本刀を神聖視してて、俺みたいな見習いも先生って呼ぶ。
神秘に科学の裏づけを加えてやると、
みんな疑うことも無く目をキラキラさせて「oooooohhhh」と低くうなって首を振るwwww


俺「日本には八百万の神と言って全てに神々が宿っていると伝わっている。
  毎日鋼の神々に、水の神々に、日の神々に感謝と祈り込めて鋼を打つ。
      そうしないと強さと柔らかさを兼ね備えた日本刀はつくれないんだ。」
米「それは何か意味があるのか?」
俺「ある!空気中の湿度一つとっても、毎日違うだろ?
  そうすると鋼の温まり方、冷え方。炭の燃え具合からあらゆる要素が変わる。」
米「湿度の違いなんて湿度計で見ればいいし、誤差の範囲だろ?」
俺「違う!刀の出来一つに使う者の命がかかってるんだ!
  同じ硬度の物を同じ力で曲げて言って、コンマ百分の一まで同じタイミングで折れるか?
  刀匠は薄紙一枚でも高みに近づくべく、鋼の神々、古き時代の刀匠たちと戦ってるんだ!
  どんなに力が強くても、優しさを知らない人間はもろい。
  刀も同じなんだ。鋼は生きてるんだ!」
米「oooooohhhh!!!!!」

これで信者が山のように出来たwwwこの口先三寸で独立もしたwwwうひょひょwwwww


  


897 ◆LFp0vwuP22 2010/01/31(日) 02:23:52.47 ID:FL9BD4Ks0
もうこんな時間か。
ちょうどうしとら全巻読み終わったし寝るかなwww

(つ∀-)オヤスミ



901 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/31(日) 04:49:46.41 ID:yQcz7a4H0
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       ブーン
         ( ヽノ
         ノ>ノ
     三  レレ

なんという長文の応酬、VIPじゃないみたいだお


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1264488583/
コメント
この記事へのコメント
[29889]
刀鍛冶の技術も失われつつあるのな
技法だけが残るのも時間の問題か
2010/01/31(Sun) 23:36:06 | URL  | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
[29890]
折り返し折り返し折り返し折り返し・・・
2010/01/31(Sun) 23:44:16 | URL  |  #-[ 編集]
[29891]
また自称○○か。嘘ばっかり。
2010/01/31(Sun) 23:55:42 | URL  |  #-[ 編集]
[29893]
最後まで読んでしまったが、なんだかうさん臭いな。
2010/02/01(Mon) 00:36:23 | URL  |  #-[ 編集]
[29894]
んー面白いけど
ちょっと好みじゃないな
2010/02/01(Mon) 00:39:07 | URL  |  #-[ 編集]
[29895]
んー、まあ知らない世界が知れてよかったよ
2010/02/01(Mon) 00:57:51 | URL  |     #-[ 編集]
[29896]
また自称○○か。嘘ばっかり。

と書きこむやつは絶対に「どこが嘘か」を書き込まない。
2010/02/01(Mon) 01:02:57 | URL  |  #-[ 編集]
[29897]
家のひいじいさんが刀鍛冶だったらしいけど、今はそこは刃物屋さん。
生計成り立たないんだろうね。

>>米1
日本に2人しか居ない伝統工芸職人とか居ますからねw
まぁ将来性考えたら「俺が継ぐぜ!!」なんて思えないわな。
2010/02/01(Mon) 01:07:19 | URL  |  #-[ 編集]
[29898]
ここまで丁寧に書いている文章を嘘と言えるってすげえな
それとも文盲なのか?
2010/02/01(Mon) 01:12:18 | URL  |  #-[ 編集]
[29899]
面白かったけど長い上に誤字脱字誤変換がががががg
2010/02/01(Mon) 01:14:52 | URL  |    #yjwl.vYI[ 編集]
[29900]
VIPというか専門版みたいな文章だなww
2000年ごろの2chみたい
2010/02/01(Mon) 01:17:12 | URL  |  #-[ 編集]
[29901]
こんだけ知識あって嘘ってこたぁねぇだろ
嘘だとしても勉強になったしな
2010/02/01(Mon) 01:28:43 | URL  |  #-[ 編集]
[29902]
いやぁ、おもしろかった
あと刃鳴散らのアルミ刀はギャグシーンだから
2010/02/01(Mon) 01:32:23 | URL  |  #-[ 編集]
[29903]
斬について専門的に語ってる奴はじめて見た
2010/02/01(Mon) 02:08:26 | URL  |   #-[ 編集]
[29904]
リアルタイムで見てたんだけど、インフルエンザ神とか言ってるとこあるだろ?
こいつインフルエンザで39度オーバーの熱抱えて書いてたみたいだぞ。
加えて性格だろうけど質問にきちんと答えるから、レススピードが追いつかなくて誤字脱字連発。
本人もそこは気にしてたけど、レス優先な雰囲気だった。
2010/02/01(Mon) 02:17:38 | URL  |  #-[ 編集]
[29905]
※欄冷てぇwww
2010/02/01(Mon) 02:45:11 | URL  |  #-[ 編集]
[29906]
いきなりのうしおととらに吹いたww
やっぱ専門家から見たらおかしいのかあの剣の作り方はww
2010/02/01(Mon) 02:49:41 | URL  |  #-[ 編集]
[29907]
こないだ人間国宝の人のドキュメント見たばかりだったから面白かったわ。
しかしこんだけ誠実に情熱のこもった長文レス返してくるとは。好感が持てるな。
2010/02/01(Mon) 03:04:20 | URL  |  #-[ 編集]
[29908]
これ別のまとめサイトで見たな
パクってきたのかい?
2010/02/01(Mon) 03:06:35 | URL  |   #-[ 編集]
[29909]
今読み終わった。
ためになったし、刀に興味があったから実体験込みの話は嬉しい。
管理人さんも乙。
2010/02/01(Mon) 03:47:19 | URL  |  #-[ 編集]
[29911]
すばらしかった
良いスレだ
2010/02/01(Mon) 04:20:01 | URL  |  #-[ 編集]
[29912]
これは良スレ
ありがとうございます
2010/02/01(Mon) 04:21:00 | URL  |  #-[ 編集]
[29916]
なんでこう、ひねくれた人が多いのかな?
まぁ、ひねくれた人に何を言われようと1さんからしたらカスの戯言ようなもんだろうね。
2010/02/01(Mon) 06:05:39 | URL  | 774 #-[ 編集]
[29917]
見てて昔思い出して涙が滲んで来た。
みんなはまだ元気だろうか。
ただ現代的なダマスカスまでウーツ鋼と一緒にしてるのはいただけない。
2010/02/01(Mon) 06:12:17 | URL  |  #-[ 編集]
[29922]
とりあえず廃れて欲しくない文化。
2010/02/01(Mon) 06:56:40 | URL  |  #-[ 編集]
[29932]
これくらい信じてやれよwひねくれ杉だろお前らw
1乙、勉強になったぜ。
2010/02/01(Mon) 08:39:10 | URL  |  #-[ 編集]
[29938]
これは勉強になるな・・・
インフルで辛いのに頑張ってレスしてた1に感謝
2010/02/01(Mon) 12:00:07 | URL  |  #-[ 編集]
[29940]
これを釣りと言える神経はキチガイじみてる

あと他ブログとのネタかぶりをパクリといえる神経もキチガイじみてる

本当にレベルが低いわ
2010/02/01(Mon) 14:11:38 | URL  |   #-[ 編集]
[29946]
面白かった
刀はかっこいいとは思うけど全く知識を持ってなかったからな
2010/02/01(Mon) 19:09:47 | URL  |  #-[ 編集]
[29951]
このスレ初日から張ってたけど最後いれなかったわ
結局1000まで行ったのかな
2010/02/01(Mon) 20:38:29 | URL  |  #-[ 編集]
[29953]
※29951
元スレ見ると>>901でdat落ちしたようだ
2010/02/01(Mon) 22:35:37 | URL  |   #-[ 編集]
[29955]
読んでて興奮した
すごく楽しめた
2010/02/01(Mon) 23:05:59 | URL  |  #-[ 編集]
[29965]
長いけど面白かった
2010/02/02(Tue) 01:01:07 | URL  |  #-[ 編集]
[30012]
かっ…かそログでこんな長文を読む日が来ようとは…
2010/02/02(Tue) 11:31:49 | URL  |  #-[ 編集]
[30013]
良スレ
面白かった
2010/02/02(Tue) 11:41:23 | URL  |  #-[ 編集]
[30066]
折り返しの科学的な意味はためになった。
しかし、熱のせいであろう誤字は確かに沢山あるが、
嗜好を嗜虐と取り違えてるのは誰か突っ込んでやったらよかったのに。
何回も出てきたし、完全に間違って覚えてるだろ。
2010/02/03(Wed) 14:25:26 | URL  |   #cnnzPCnY[ 編集]
[30191]
刀を作るときの工程や刀にまつわる話が読めたことも
とても面白かったけど

就職をする前のダメ学生としては
「働きたい職場で頑張る」って刀匠のような生き方なんかなーと感じた
うまくいえないけどwすごく心に残った
2010/02/07(Sun) 18:43:02 | URL  | NANASI #-[ 編集]
[30761]
聞いてもないこと語りだすあたり痛い人にしか見えん死ね
2010/02/17(Wed) 15:56:13 | URL  |  #YtCxDKA.[ 編集]
[42423] 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/24(Tue) 10:43:35 |   |  #[ 編集]
[42776]
2ちゃんのレッテルの張り合い知識自慢大会を好んでないって言ってるのにそんなんばっかだなw
俺が刀に興味ないから言えることかもしれないが、刀匠っていう一般から隔絶された世界の文化や生活の方が聞くべきことだったんじゃないかなと思う
面白い話だった、できた1だったし
2012/09/20(Thu) 05:58:49 | URL  | ななし #-[ 編集]
[43083]
作刀したものは知らんけどすでに届出済みの刀なら海外持ち出し許可とれば外人にも売れるんじゃなかったか?
2015/01/15(Thu) 07:10:09 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。